FREDERIC / PATTI SMITH GROUP from 『Wave』 -1979-

数あるロックのラヴ・ソングの中で1曲と言われたら、何を選ぶだろうか?

デレク&ザ・ドミノズの「レイラ」やビートルズの「オール・マイ・ラヴィング」。
これらを頭の中に一応浮かべながらも、僕が選ぶであろう曲。
それはパティ・スミスの「フレデリック」だ。
1979年発表の『ウェイヴ』のオープニングに収録されているナンバーである。

このアルバムのプロデュースはトッド・ラングレン。
ニューヨーク・パンクの流れでのパティ・ファンの耳からしたら、
トッドらしい音の4thアルバムはまさにオーバー・プロデュースであり、
そのあまりにもクリアでPOPな内容は賛否両論であったろう。
しかし、1stをヴェルヴェッツのジョン・ケイル。
2ndをエアロを手がけたことで有名なジャック・ダグラス。
3rdをスプリングスティーンとの共作もあってかジミー・アイオヴィンと、
アルバムを発表するごとにプロデューサーを代えてきた彼女である。
旧友でもあるトッドの起用は特別なものでも何でもないと思う。
僕も大好きなアルバムだ。

ピアノのイントロでパティが歌いだした瞬間からフェイドアウトまで、
この曲を聴いている3分間は幸せな時間だ。
後に夫となるフレッド・スミスを歌った曲であることは有名だが、
これほど歌や演奏からその想いが伝わってくる曲を、僕は他に知らない。
これはどんな時に聴いても変わることがないし、聴くたびに胸がいっぱいになる。
理由はわからないのだが、別にわからなくても良い。

94年にフレッドが亡くなってからもライヴでは演奏されているが、
彼女はどんな想いで歌っているのだろう?


パティ・スミス・グループ / BMG JAPAN(1997/11/01)
Amazonランキング:57183位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

THE 仲井戸麗市 BOOK/仲井戸麗市

この初のソロ・アルバムが発表されたのは85年の夏。
RCサクセションで言うと、アルバム『FEEL SO BAD』と『HEART ACE』の間になる。
今となってはRCが独特な雰囲気になっていった時期に重なるが、
当時のファンはそんなことは知る由も無い。
よってチャボもまだまだバリバリのRCのギタリストであったわけだから、
ソロ・アルバムが発表されるというニュースは、僕にとってはそりゃぁ物凄いものであった。
まして、清志郎をさしおいてのソロである。
期待しすぎる程期待した。

このレコードに針を落とした時のことは、今でもはっきりと覚えている。
僕が持っていた、いや、僕と同じ10~20代のRCファンが持っていたチャボのイメージ。
そのほとんどは " OK!ロックン・ロール!" だったろう。
当然、想像していた音は派手でカッコイイロック兄ちゃん的なものであった(はずだ)。
「チャンスは今夜」「ブルドッグ」の世界に「ハイウェイのお月様」的な味付け、といった感じである。

ただ、アルバムの告知記事やDMに書かれていた収録曲のタイトルを見た僕は、
何となく違和感を感じていた。
特に、短い単語が叩きつけられるように並んだA面がそうだ。
しかし、ジャケット写真を見ながら、この時点ではまだイケイケな音が出てくるものと思っていた。
はたして、一発目に出てきた音は…。

ギターの軽いノイズにかぶさってくる、スカスカだが重たいリフ。
そして " 俺の脳ミソ レヴォルーション!" とチャボのあの声が叫ぶ…。

身体が固まった。
マジで固まった。
何なんだ、これは。

3曲目の「BGM」までその状態だった僕は、
次の「ティーンエイジャー」でやっと我に返りかけた。
しかし、「秘密」でまた強引に戻されてしまう。
今では日本ロック史に残ると思っている名曲「打破」も、
この時点ではまったく印象に残っていない。

そしてA面を聴き終わった後、僕はB面を聴かず、もう一度A面を聴いたのだった。
今、耳にしたものが何だったかを確かめるために。

僕は初めてチャボのヘヴィなパーソナリティに触れたのだ。
ここで描かれたチャボの個人的な世界。
僕はどうしたって共有することはできないのだが、感動した。心が動いた。

裏ジャケットには、唯一手書きでこうクレジットされている。

  I am filled with hate for schools and teachers!

凄いアルバムである。

BOOK.jpg
仲井戸麗市(1988-12-21)
Amazonランキング:134942位
Amazonおすすめ度:

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ