ARABAKI ROCK FEST.18 MICHINOKU PEACE SESSION ON SUNDAY エレファントカシマシ THE FIGHTING MAN -30 years of Fight- 2018.4.29

エレファントカシマシの野外ライヴ。
そしてエレカシがゲストと共演するという特別なライヴ。
この異なるライヴを同じ日に続けて観たのと同じくらい中身が詰まった、
そして何と充実した時間だっただろう。

     **********

ARABAKI ROCK FEST.18 MICHINOKU PEACE SESSION ON SUNDAY
エレファントカシマシ THE FIGHTING MAN -30 years of Fight-
〈エレファントカシマシ〉
 Vo.&Gt. 宮本浩次
 Gt. 石森敏行
 Ba. 高緑成治
 Dr. 冨永義之

〈サポート〉
 Gt. ヒラマミキオ
 Key. 奥野真哉

〈ゲスト〉
 菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)NEW
 田島 貴男(ORIGINAL LOVE)
 TOSHI-LOW(BRAHMAN)
 仲井戸麗市
 村越HARRY弘明
 山田将司(THE BACK HORN)
 yui(FLOWER FLOWER)

     **********

「我々は余興ですから」という宮本発言。
予定されている後半のセッション・パートと比べてのMCではあったが、
余興というにはあまりにもの全力投球な演奏と歌でアタマからぶっ飛ばしていた。
エレカシのパートを「俺たちの明日」で終えた後は、いよいよセッション。
出演したゲストはすべて見ごたえ、聴きごたえのある演奏だったが、
僕としてはやはりHARRYとチャボである。

IMG_0164 (編集済み)

何てったって1988年のPITでRC、スライダーズとエレカシは共演しており、
その場で宮本がファンに暴言を吐いたという話が伝わっている。
当時の記事によれば、うるせえ! このボケが! 帰れ! RCで踊ってろ! と、
こうしたMCを宮本は連発したようだ。
今ならば裏返しの気持ちをへたくそに表現したんだろうなぁと感じるが、ひどい(笑)。
さすがに何かしらのコメントが宮本からあると思ったが、
結果はまったく触れられることはなかった。
まぁ、こうしたことを含めて、かつ経過した30年という時間により、
僕は何を感じることができるのか、複雑な期待と予想できない楽しみがあった。

ふたを開けてみれば、明らかに他のゲストとはまるで違うスタンスの、
HARRYとチャボとの共演が僕にはハイライトだった。

誰がHARRYとエレカシが「のら犬にさえなれない」を演ると、
そしてチャボと宮本が「悲しみの果て」を歌うと思うだろうか。
望まれていないことはイコール望んでいないことでもあるが、
結果として望まれることになる場合もあると思う。
こうした共演を普段は決して望んでいたわけではないとはいえ、
ARABAKIでは、これを僕は期待していたのだろう。

演奏自体は特別なセッションゆえ、その出来不出来を含め、
ファンの数だけの受け止め方があったと思う。
そうは言っても僕にとってのグッときたポイントと名シーンを記しておく。

◆エレファントカシマシ×村越弘明

「のら犬にさえなれない」
HARRYが何を歌うのか…ではなくエレカシがこれをHARRYと演った。
直球ど真ん中の選曲。
宮本は " かっこいい!" を連発していたが、僕もあらためて連発したい。
かっこいい!

実は確信を持って言えないのだけれど、僕にはそう見えたからこれも書く。
白眉はエンディングのギター・ソロ。
何と、宮本とHARRYが分け合っていたのである。
エレカシは最後のコインをここで使ったのかもしれない。

「ファイティングマン」
HARRYが " 日本のロック・アンセムを歌うぜ " と言って始まった。
ワン・マイクでこの曲を歌うHARRYと宮本というシーンは語り草になりそうだ。

◆エレファントカシマシ×仲井戸麗市

「君が僕を知ってる」
このセッションのポイントは次の3つだ。
①RCサクセションのオリジナル・キーで演奏された
②イントロが倍の長さになっていた
③宮本は通して清志郎と同じメロディ・ラインで歌った

単にイントロが倍の長さで演奏されただけで、この曲から伝わる切なさも増していた。
オリジナルのキーということは、チャボの間奏もDでプレイされるわけだから、
あのギターを聴けることとしても重要だ。

そして宮本が歌うメロディ・ライン。
特に後半の♪ わかっていてくれる のリフレイン。
そしてここはチャボとのかけ合いが聴きものにもなっている部分でもある。
そのかけ合いでチャボが歌ったメロディが最大のグッときたポイントだった。
わかっていてくれるの「れる」の部分を、チャボはオリジナル通りに歌ったのだ。
文章で伝えるのは難しいが、「れる↑」ではなく「れる↓」である。
僕にとってはこの曲がまったく違う曲になるほどのポイントなので嬉しかった。
RC末期以降、この語尾部分が上がるパターンで歌うことがほとんどのチャボだが、
ARABAKIではオリジナル通りだった。

感激した。
同時に、何故そうだったのかを考えた。
僕が出せた答えは " 宮本の歌があったから " である。
チャボに聴こえてきた宮本の歌が清志郎と同じメロディ・ラインだったので、
カラダとココロがおぼえていたフレーズが自然と出たのではないか…である。
正解はない。
でも、僕の答えはこれだ。

「君ぼく」を終えた後、そして、そしてそして、何と…と、
宮本が次の曲に繋げようとしたときだった。
チャボがそれをさえぎってこう言った。

  宮本、ひとこと言っていい?

そしてあれが始まった。

  オン・ベース 成ちゃん!
  オン・ドラムス トミ!
  ギター・フレンド 石くん!
  助っ人 ミッキー!
  助っ人 奥野!
  フロム東京、赤羽 エレファントカシマシ! 宮本浩次!


「我々は余興」という宮本発言が前半にあったが、
チャボはゲストである自分がその場では中心にも関わらず、
この夜の主役は誰なのかを、ここしかないタイミングで伝えたのである。
もちろんゲストの二人も忘れないところがチャボらしい。
単なるメンバー紹介だが、あの場ではそれを超えて感動的だった。
ぼくが宮本なら、あの後は胸がいっぱいになって歌うどころではなくなるだろう。
このシーンには双方で何かとても素敵なものの交換と引き継ぎ、
そして感謝があったように思う。

そしてこの後に演奏されたのが「悲しみの果て」。
選曲の妙。
ギター・フレンド石くんとの絡みも良かった。
終演後 " チャボの「悲しみの果て」、かっこいい!" と宮本。
あんたの曲でしょうがと突っ込みたかったが気持ちも理解できる。

     **********

最後に全てのゲストを呼び込んだ宮本の言葉。

  どうしたらいいんでしょう。
  チャボさんとHARRYさんが一緒のステージに立ってて。
  アラバキ! 凄い現場に君たちはいるんだぜ!


笑顔でねぎらい合うチャボとHARRY。
2018年のARABAKIでしか見ることができない感動的なシーンだった。

     **********

最後にARABAKIのオフィシャルInstagramから引用。

 arabaki_officialARABAKI責任者の菅です。
 一夜明けてのリハーサルのご報告です。
 2日目、4月29日みちのくステージでの大トリ
 エレファントカシマシのスペシャルセッションのためのリハーサル。
 ストリート・スライダーズ、ボーカル、村越HARRY弘明さんとリハーサルで
 尊敬する日本のロックボーカリストハリーさんへの宮本さんの最大のリスペクト、
 バックホーン、山田将司くんへの後輩ミュージシャンへの大波のような感謝と尊敬
 そして、偉大な日本のロックギタリスト仲井戸CHABO麗市氏へ
 エレファントカシマシの皆さんからの憧れと音楽家としての感無量な溢れる気持ちを
 同じ空間で感じることが出来て本当に嬉しく思いました。
 リハ中、RCの名曲をエレカシとチャボさんと一緒に演奏したとき
 宮本さんが感動のあまり歌えなくなり
 チャボさんが宮本さんを歌とギターで温かく支えるその場面を観たときに、
 ARABAKIを18年やってきてよかったということと
 何よりRCサクセションとエレファントカシマシの音楽が日本に存在してくれて、
 ほんとうに良かったと思えました。
スポンサーサイト

ARABAKI ROCK FEST.18 村越 HARRY 弘明 with THE STREET SLIDERS 35th ANNIVERSARY BAND 2018.4.29

♪ 踊ろよベイビー

中村達也の口から発せられたこのフレーズを藤井謙二が引き継ぐと、
ステージ袖からHARRYが登場し、テレキャスターを背負う。
そのままセンター・マイクで声を重ねた時点で凄い音が鳴っていた。
そして「Tokyo Junk」。

HARRYが率いるストリート・スライダーズ35周年バンドのARABAKIは、
こうして始まった。

IMG_0159 (編集済み)

◆THE STREET SLIDERS 35th ANNIVERSARY BAND
Gt.&Vo. 村越"HARRY"弘明
Gt. 藤井謙二
Key. 高野勲
Ba. ウエノコウジ
Dr. 中村達也
Sax. 田中邦和
Tp. タブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS )

◆SET LIST
Toa-Lit-Tone(踊ろよベイビー)
Tokyo Junk
So Heavy
のら犬にさえなれない
風が強い日
Special Women
Back To Back
Boys Jump The Midnight

組まれたのはスライダーズのベスト・アルバムのようなリストだ。
これをプレイするのが30周年を冠にしたこのメンバー。
あんなビンビンぶんぶんベースがうなる「Special Women」は初めてだし、
「Back To Back」のイントロは、フジケンに達也が切り込むので、
スライダーズの音ではないスライダーズである。
しかし、そんな音をバックにHARRYが放つのは僕が聴きなれた歌だ。
この新鮮かつ見事なコントラストの効果は抜群で、本当に素晴らしかった。

そうはいっても個人の思い入れを述べさせてもらえるならば、
たとえば達也のタイコが実にいい音で鳴っていたので、
野外という事もあって日比谷野音のZUZUを思い浮かべたりしたし、
さらにフジケンが手にするのはホワイトのSGだったりするからさ。
こうしたことから僕だけに聴こえてくる音も実際にあるわけで…。

まぁ、とにかく最高のロックン・ロールだったことは確かだ。

ただでさえ身体が揺れるスライダーズのロックン・ロールを、
ARABAKIではココロも躍らせてくれるものとしてHARRYは演ってくれた。

すかさず東北の空へぶちこまれた不滅のブギー。
最高の40分だった。

ARABAKI ROCK FEST.18 2018.4.28~4.29

仙台から会場行きのシャトルバスが出発すると、いきなり車内に音楽が流れた。
なるほど、出演者の曲を流すのだなとすぐに理解できた。
この試みは大賛成だ。
気分が盛りあがるからだ。
しかし、例えば誰の何の曲かというアナウンスは欲しい。
それが出演者自身のコメントであれば、なおよい。
次回以降は期待したい。

IMG_0133.jpg

今年は2日間とも好天に恵まれた。
こうなると、その環境を含めてARABAKIは無敵である。
場所によりステージ間の移動に苦労するルートに悩まされていたけれど、
少しは改善されていたように感じた。移動にストレスを感じることはほぼ無かった。

     **********

RESPECT FOR 清志郎であがた森魚というのを意外に思う人もいるかもしれない。
あがたさんは80年代前半に、ヴァージンVSのA児としてRCと同じ事務所に所属。
色々な場所で共演したなぁとMCしていたが、そのうち僕は日比谷野音で観ている。
そのシーンを思い出しながら、RCもVSもカヴァーした「サン・トワ・マミー」を聴いた。

沁みたのは早川義夫の「サルビアの花」。
名曲は歌われる場所を選ばないということを再認識。

IMG_0135 (編集済み)

昼間の野外ステージに響くSIONの声と藤井一彦のギター。
青空と緑の木々にとけていく「俺の声」と「マイナスを脱ぎ捨てる」。
感動的すぎる。

     **********

昨年も強烈に感じさせられたことだが、メジャーなヒット曲のパワーというか、
誰もが共有できる曲のそれをまたしても見せつけられた。
ギターも曲も青空に映える布袋寅泰。
「スリル」「POISON」から続いた「BE MY BABY」には高揚した。
フェスならではの魅力。

IMG_0141 (編集済み)

映画の名曲をロックでカヴァーする好企画。
数々の定番曲の中で「セルナンバー8」をぶちかます陣内孝則。
『爆裂都市』は名画であるという宣言は痛快。

     **********

ロックは、そしてギタリストはかっこよくなければいけない。
古市コータロー、藤井一彦、布袋寅泰、花田裕之の四人がそう教えてくれた。

     **********

何も知らずに観ていたステージに好きな人が現れたら…。
飛び入りの魅力を体験しなくなって久しいが、ここではそれすらも出会う確率が高い。
仲井戸麗市を拉致してくれたTOSHI-LOWに感謝。

IMG_0153 (編集済み)

出演者の中で間違いなく平均年齢は最高な三人は、
いちばんシンプルで聴きやすく、誰にでも伝わる音を放っていた。
その音自体がメッセージだ。
仲井戸麗市+梅津和時+早川岳晴、Soul Mates。

IMG_0154.jpg

ひとたび目の前で鳴らされれば、一瞬のうちに僕の身体とココロまでも躍らせてくれる。
スライダーズ・ロックン・ロールの不滅。

     **********

答えはあの山のあいだに出ている。
まだ青いアラバキの夕空に浮かぶ丸いお月様の下で聴く「満月の夕」。

IMG_0163.jpg

いつだって音楽は巡り、廻っていく。
リスペクトしている側がリスペクトされる側になる。
それを実際に目の当たりにするという感動的な場所。

喜怒哀楽で表される以外にも人には感情はあると思う。
ステージ上でそれを出せた宮本浩次とエレファントカシマシは幸せだろう。

IMG_0162.jpg

ARABAKIに行くようになって感じているのは、
ここでは演奏や選曲以外の音楽体験…それは心の音楽体験と言ってもいい…ができること。
持っていく想いに対して必ず何らかの答えがでる。
自分の何が変わりどこが変わっていないのかもわかる。
何よりも音楽が僕にとっての何なのかを確かめられる。

ARABAKI、ありがとう。
また来年。

     **********

4/28(土)
・神野美伽 with 古市コータロー + クハラカズユキ feat .山本健太(Piano) 青木ケイタ(Sax)
・あがた森魚
・SION & The Cat Scratch Combo
・布袋寅泰
・BIG BEAT CARNIVAL ~Soundtrack Cinema Show~

4/29(日)
・TOSHI-LOW
・iki orchestra
・Soul Mates(仲井戸麗市+梅津和時+早川岳晴)
・村越“HARRY”弘明 with THE STREET SLIDERS 35th ANNIVERSARY BAND
・BRAHMAN
・エレファントカシマシ THE FIGHTING MAN -30 years of Fight-

塚本功 presents 塚本功 & 小島麻由美 LIVE 阿佐ヶ谷ロフトA  2018.4.25

以前に観た下北沢leteでの塚本功と小島麻由美の共演。
これが実に素晴らしい体験だったので、この日も楽しみにしていた。
今回はベースの長山雄治さんが加わっていたが、
さらにゲストとして国吉静治さんがフルートで参加。
結果としてバンド編成になった音は、厚く聴きごたえがあった。

IMG_0120 (編集済み)

しかし、それでも、やはり塚本功のギターである。

  デビュー当初から、
  唯一の所有ギターギブソンES175Tをアンプに直結スタイルを貫き続け今に至る。

公式サイトのプロフィールにあるこの一行がすべてだ。
ただし、これを知ってからライヴを観るよりも、
ライヴでギター・プレイに触れてからこの一行を見るほうが、その美学を実感できると思う。
思わず美学と形容したが、とにかくこのスタイルしかないという必然だ。
僕は小島麻由美を通してでしか触れていないギターだけれど、
それだけでも、いや、それだからこそ魅力的に感じられるのだろう。
僕の拙い言葉で伝えられるのはここまで。興味を持たれたら聴いてみてください。

IMG_0121 (編集済み)

ライヴの選曲は、その塚本さんがすべて決めたとのこと。
下北沢で観たときは、何を演るのかをその場でぶっつけ本番で決めて、
曲を立て続けに演奏していく展開だったが、この日も同じような印象。
実は演出で、あらかじめバッチリと決められているのかもしれないが、
この進行はMCのグダグダ感(笑)と緊張感がちょうどよいバランスになるし、
ステージと客席というよりも同じ部屋で聴かせてもらっているような感覚にもなり効果的。

それにしても、二人の阿吽以上のコンビネーションは凄い。
ギターと歌を使って音楽で会話をしている。
しかも塚本功は小島麻由美の楽曲すべてがデータ保存されているハードディスクのようだ。
譜面が必要ないのは当然。その場で何をリクエストされても対応できそうである。

制作中だというニュー・アルバムも楽しみ!
早く聴きたいのはもちろん、レコ発ライヴも期待したい。

IMG_0119 (編集済み)

佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド 2018 WINTER TOUR " Maniju " TOKYO DOME CITY HALL 2018.4.1

会場の空気を引っかくようなギターのカッティング。
「白夜飛行」が始まった瞬間、たった20分ほど前に体験した一部のステージを、
僕は1年前のことのように遠く感じてしまった。

楽曲のクオリティが桁違いに聴こえる。
ステージ上は同じメンバーなのに音の印象がまったく異なる。
もうバンドは『BLOOD MOON』以前とは違う場所にいると思ってしまう。
このツアーの初日にも感じたことだけれど、『MANIJU』の音はそれほどまでに新しい。

201804012.jpg

この日の二部は『MANIJU』だけで固めたセットリスト。
しかも、ほぼ全曲を、ほぼ収録順に演奏した。
おかげで『BLOOD MOON』以前のコヨーテ・バンド期で展開した一部との違いがクッキリ。
というか、もうそれは鮮やか過ぎるほどだった。

『MANIJU』はイントロだけでステージに色が付く。
「悟りの涙」の幸福感。
「新しい雨」の高揚感。
「禅ビート」のヘヴィな疾走感。
鳴らされるフレーズがキャッチーかつカラフルで、一気に持っていかれる。
ライヴで聴くと実に心地よい、本当に素晴らしい楽曲たちである。

二部だけで大満足だったが、嬉しいことは重なった。
アンコールで僕の希望が叶ったのだ。
コヨーテ・バンドで演奏する元春クラシックの魅力を感じて以来、
いつかは聴いてみたかった「スウィート16」を演ってくれたのがそれだ。
初日は大感激だったが、あまりに突然で曲を楽しむ余裕を持てなかったので、
この日はじっくりと堪能させてもらった。
こういったロックン・ロールはツイン・ギターとキーボードの編成今のバンドにとても似合う。
もっと同タイプの曲を取り上げてほしい。

それにしても楽曲の良さも再認識した。

  世界地図を広げて
  行きたい場所に印をつけたら
  すぐに出かけるぜ

この歌詞はいつ聴いてもグッとくる。
気分は16歳。客席の僕はスウィート16である。

ところで僕は小松シゲルのドラムがお気に入りなのだが、
この曲はぜったいにハマるだろうと思っていたんだよね。
バッチリだったけれど、願わくばもっとテンポを速くしてほしかったなぁ。
ガンガン走っちゃえば良かったのに(笑)。
でも、こんな気持ちはその後に続いた「アンジェリーナ」が帳消しにしてくれたけれどさ。

さて、元春はコヨーテ・バンドとどこまで行くのか。
『MANIJU』の先は何が見えているのか。
今から楽しみであるなぁ。

201804011.jpg

Dr.kyOn 還暦記念スーパージョイント NEW MORNING Vol.1 東京キネマ倶楽部 2018.2.23

こうした企画は、得てして多数のゲストを招いてのお祭りになるのが定番だ。
主役が数多くのセッションを積みあげてきたkyOnのことなら尚更である。

しかし発表された内容は予想していなかったものであり、
かつ、いったいどんなライヴになるのかも、やはり予想できないものであった。

  Dr.kyOn×岡野昭仁(ポルノグラフィティ)
  Dr.kyOn×中村 中
  Dr.kyOn×峯田和伸(銀杏BOYZ)
  Dr.kyOn×ワタナベイビー(ホフディラン)
  DJ:高木完
  (ゲスト50音順)

  数多くのアーティストから信頼を集め活動してきたDr.kyOnが、
  還暦を記念して自ら企画した一夜限りのスペシャルライブです。
  ゲストアーティストはライブ初共演の方々ばかりで、
  「そういえば一緒にライブやったことなかったよね」という旧知のアーティストや、
  レコーディングはしてライブはしてなかったアーティストなどにオファーしました。
  それぞれデュオで演ります。

以上、オフィシャルのインフォから、kyOn自身が今、
共演したいアーティストとして白羽の矢を立てた4人ということがわかる。
バンドではなくデュオというのも面白そうだ。
当日は期待して鶯谷へ向かった。

image1 (3)

会場に入ると高木完のDJでガンガン音楽がかかっている。
聴きすすんでいくと、kyOnが参加したアーティストの曲であることがわかる。
それらを聴いているだけでこれからのライヴが想像できるようで楽しく、
待ち時間がまったく苦にならなかった。
その高木完。
開演前だけでなく、ライヴ中の存在も大きく、
kyOnとゲスト2名のアシストが素晴らしかった。

本編の出演順はワタナベイビー、岡野昭仁、中村中、峯田和伸。
オリジナルとカヴァーで構成された四者四様のプログラム。
発表されていたインフォ以上のテーマは無かったが、
まるで4名のアタマにそれぞれ起・承・転・結をつけたくなるような、
秀逸な人間ドラマを観たような気になった。

出演者たちの音楽的な付き合いに加えて、各々のkyOnへの想いも語られる。
あらかじめ深いそれを持っている人たちにkyOnがオファーをしているわけだから、
そんな想いや思いたちの強さや深さ、大きさに単位をつけられるとしたら、
最強、最深、最大に近いものだったのは間違いないだろう。

言葉で語られるそれは、もちろん客席の僕たちにはわかりやすい。
しかし、何と言っても音楽でのそれが目の前で展開されるのが素敵だった。

音楽は不思議だ。
身もふたもない言い方をすれば単なる空気の振動でしかないのに、
感情を持っているかのように人の心に届く。
誤解を恐れずに言えば、それは見える。
言葉で説明されたものが音楽で裏付けられる。
キネマ倶楽部はそんな音楽を演奏でき、聴ける場であったと思う。

終わってみたら3時間20分。
長さをまったく感じさせない感動的なライヴだった。

image2 (2)

峯田和伸のMC。
過去のkyOnとのレコーディングから現在までを指しての話だっただろうか。

  時間は過ぎていくだけじゃなく、こうしてまわっていく
  それがいいと思う

時間が経過して今に至ったというよりも、
時間がまわって今があるという表現は、この夜を象徴していたように感じた。

そして二人のパートで何の説明もなく歌われたRCサクセションの「スローバラード」。
彼にとって大切な曲であると聞いていたが、こうして音楽もまわり、めぐっていくのだろう。

佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド 2018 WINTER TOUR " Maniju " 日本青年館 2018.2.2

昨年の12月。
恵比寿ガーデンホールで体験したライヴで聴く『MANIJU』。
ヘヴィなリズム隊に歪んだギターとキーボードが乗るバンドの音が最高で、
新曲ということもあるが、コヨーテ・バンドが出す音に新しさを感じた僕は、
『MANIJU』より前にコヨーテ・バンドと作ったアルバム収録曲も、
ライヴでは現バンドの解釈でやってほしいと思った。
もちろん昔の曲は今のバンド・アレンジで演奏されることが多いが、
さすがに『ZOOEY』と『BLOOD MOON』の曲はそうはいかないだろう。
しかし、僕はそれを聴きたいと本気で思った。
それだけ生の『MANIJU』の印象は強く新鮮だった。

こんな僕が迎えた『MANIJU』を引っさげてのツアー初日。
一曲目。
そのイントロで何の曲かを把握した瞬間の落胆。
演奏の出来や楽曲の好き嫌いが理由ではない。
このツアーへの期待からのものだった。
わかってもらえるだろうか。
僕は『MANIJU』を聴きたかったのである。

ライヴは二部構成。
その『MANIJU』の曲は二部で披露された。
残念ながら…本当に残念ながら、アルバム全曲は演奏されなかったが、
結果としては、この構成が『MANIJU』の魅力を引き立たせることになっていた。
過去の作品と比べられたことにより、
明らかに『MANIJU』には他の曲と違う色が着いていることがわかる。
キャッチーなイントロに導かれて出てくる引っかかりのあるPOPなメロディは、
ライヴでのヘヴィなリズム隊に乗ることでCDとはまったく違った表情を見せる。
実にかっこいい。

『MANIJU』をライヴで聴いてしまうと、『BLOOD MOON』と『ZOOEY』が古く感じる。
前述したように今のバンド・アレンジで演奏されることがないのでなおさらだ。
それほど『MANIJU』は新しい。

この日、元春は『MANIJU』に自信を持っていると言った。
あたりまえである。

HOBO KING SESSION Vol.14 - 戌(いぬ)- 晴れたら空に豆まいて 2018.1.7

晴れ豆のインフォから。

セッションのテーマは、来年の干支の「戌(いぬ)」です。
戌にちなんだどんなナンバーが飛び出すか、乞うご期待。
恒例の?楽しいセッションに、新年会ということでご参加ください。

IMG_9303.jpg

「酉(とり)」をテーマにした昨年のセッションを体験していたので、
どんなものになるのかは大枠で想像できていたのだが、
やはりというか、またしてもマニアックな選曲で楽しませてくれた。

佐橋佳幸が選曲したのは「Hound Dog」。
本人は “ みんながマニアックなのでベタで “ と言っていたが、
誰もが知るエルヴィス・プレスリーのヴァージョンではなく、
オリジナル(ビッグ・ママ・ソーントン?)で演るのである。
一筋縄ではいかない。

他のメンバーはというと、
山本拓夫はディズニーの101匹わんちゃんから「Cruella de Vil」。
KyOnはトゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ「Dog War」。
シータカはジェスロ・タル「Dogs In The Midwinter」。
マニアックすぎる(笑)。

しかも、曲と曲のあいだにジングルでいちいち挟まれるのが、
レッド・ツェッペリン「Black Dog」のリフ。
楽しすぎる(笑)。

そんな中、井上富雄の選曲によるハルヲフォンのカヴァーを下敷きにした、
フォーリーブス「ブルドッグ」は楽しかった。
昭和歌謡の魅力に溢れた曲の良さはもちろん、
あのメロディをこのメンツでシンプルなバンド・サウンドで演るのだからかっこいい。
こういった昭和歌謡HOBO KING的解釈セッションをたっぷりと聴いてみたいものだなぁ。

さて、テーマとは離れていたが、途中で小坂忠が飛び入りしたのには驚いた。
昨年の闘病を知っていただけに、こちらも構えてしまったが、
その力強い歌声と声量にはびっくり!
忠さんはエルヴィス・ヴァージョンで「Hound Dog」を決める。
実にかっこよく、感動的なシーンだった。

新年に行われるこのライヴは恒例になるのだろうか?
干支がテーマなら、少なくともあと10回はあるわけだ。
来年は亥。
いのししの曲ってあるかな?

伊藤銀次 『45年目のウキウキミュージック ~The 45th anniversary~』Billboard Live TOKYO 2017.10.20

80年代初頭に佐野元春周辺からその名を知ったけれど、
僕の人生に伊藤銀次の音楽が強くこびりついていることはない。
だからこの夜は、豪華なメンバーとゲスト陣のこともあり、
ニュートラルに音楽を楽しむ気分で六本木に向かった。

IMG_8801.jpg

デビュー45周年。
その45年を凝縮したライヴに…とMCされた通りのライヴだったと思う。
ただ、僕にとっては音楽の不思議さと素晴らしさをあらためて知ることができ、
なおかつ自分の中にある普段は気づくことのない音楽による喜びが呼び起こされ、
ライヴ中は感激しっぱなしという、嬉しくも予想外の夜になった。

ゲストのパート。
高野寛の「虹の都へ」とEPOの「う、ふ、ふ、ふ、」までは、
当初の " ニュートラルな楽しみ " であった。
しかし、曲のイントロが始まる中で銀次に呼び込まれ、
ギターを背負った杉真理が歌いだしたのが「いとしのテラ」とわかった瞬間、
僕の中から何かが一気にアタマとココロに流れ込んだ。
伊藤銀次×杉真理×佐野元春のトライアングルが「A面で恋をして」を歌い、
元春が残って「I'm In Blue」が歌われた頃は、もう泣いていたと思う。

更に銀次バンドで「ウキウキWATCHING」「Baby Blue」「幸せにさよなら」。
しびれる。
単なる日本のお昼のテーマ曲と語るのは「ウキウキWATCHING」に失礼である。
ここに流れる切ないメロディこそが伊藤銀次だと思うし、堂々と名曲だ!と推せるだろう。
「Baby Blue」には35年前の久保講堂に飛ばされる。
楽屋で佐野元春に会った高校生の僕が、
遠くに「Baby Blue」を聴いたことを12月の寒さと同時に思い出す。

80年代。
夢中になっていたRCサクセションと共に常にあった数々の音楽たちは、
それが今の自分にとってどんな存在であれ、どんな状態であれ、
確実に身体と心に染み込んでいるのである。
風船に針を刺せば一瞬で割れてしまうように、
ふとしたきっかけがあれば、そんな音楽はやはり一瞬に僕を包み込んでくれるのだ。

アンコールに応えてのオール・キャストで歌われた「Down Town」の幸福感。
最高だった。

RED WARRIORS 30th Anniversary King's Rock'n Roll FINAL 昼公演 中野サンプラザ 2017.9.2

♪ アイムロックンロォ--------------ッ!
♪ キングスロックンロォ------------ッ!

オープニング・ナンバーの「King's Rock'n Roll」のクライマックス。
ユカイのヴォーカルがどこまでものびていく。
僕が立っているのは2017年の中野サンプラザだが、
一瞬、西武球場のグラウンドに意識が飛んだ。
自分と演者の想いと言うのだろうか、
そういったあらゆるものがベストのタイミングで一致したときに得られる、
音楽でしか…しかも好きな音楽でしか得られない快感。
この瞬間、僕は素晴らしい時間を過ごすことが出来ると確信した。

red1.jpg

レッド・ウォーリアーズは80年代に僕を夢中にさせたバンドのひとつだ。
『LESSON 1』の「Shock Me」でその名のとおりショックを受け、
「バラとワイン」と『Casino Drive』で決定的にのめり込まされた。

red2.jpg

red3.jpg

89年の解散以降は再結成の報せを知ってもこれまで接することはなかった。
この時期は僕の中で必要とされる音楽ではなかったのだろう、きっと。

red4.jpg

red5.jpg

きっかけはたぶん2016年のミュージカル『ミス・サイゴン』。
ユカイがエンジニアを演じるという事で観に行った。
そこで歌い、ロックン・ロール!とシャウトする姿にレッズを重ねたときだろうな、やっぱり。

自分の想いとタイミングが合うときはすべてがうまく動く。
中野サンプラザの2列目という席で、1マイクで歌うユカイとシャケを観ることができた。
そんな僕の目の前で炸裂する数々のレッズ・クラシックス。
イントロから瞬間的に反応する僕のアタマとココロと踊りだすカラダ。
" 古くなっていない " とか " 懐かしくない " といった、
こうしたライヴで言われがちな感覚を吹き飛ばす不滅で瑞々しいロックン・ロール。

特に本編終盤。
「ルシアンヒルの上で」
「Casino Drive」
「Shock Me」
「Royal Straight Flush R&R」の4連発。
これを演るのはレッド・ウォーリアーズのコピー・バンドではない。
レッド・ウォーリアーズがレッド・ウォーリアーズするのである。
この破壊力は、まさに28年振りのShock Me!だった。

さらにアンコールではシャケが青いギターを背負う。
演奏が始まる前からその姿を確認しただけで盛り上がった。
ビル・ローレンスの小暮武彦モデル。
1ピックアップ、1ヴォリューム。
シャケはやっぱりこのギターを弾く姿がキマッてる。

最高のステージになった要因は、
もちろんファンそれぞれの思い入れはあるが、
何てったって彼らのロックの素晴らしさだ。
それらがスパークする場所にいられたことの幸福感。
音楽を好きで良かったと思える瞬間は何度体験してもいいものだ。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ