GO!!60 仲井戸CHABO麗市 with 早川岳晴 Tour 2010 in SHIBUYA-AX 2010.10.9

夢を見ました。

ライヴが始まります。
チャボは1曲目の「Born In 新宿」を弾こうとしますが、
何だかギターのチューニングが気になるようで、なかなか演奏を始めません。
そうこうしているとマチャミさんが出てきて、チャボのギターを調整するために持っていきました。
チャボのMCで会場が何ともほんわかな気分になり、しばらくの間ができました。

気が付くとチャボが目の前に立っていました。
じっと私を見ています。
驚きましたが、話しかけました。

  「チャボさん、遂に60本目ですね」

チャボは答えてくれます。

  「そうだねぇ」

会話は続きます。

  「楽しみにしていましたが、始まるってことは終わっちゃうってことじゃないですか。
   チャボさんがビートルズの来日に感じたことと同じように、何だか今は複雑な気持ちです」

チャボは下を向きながら

  「そうなんだよね。お前、今、いいことを言ってるな」

ここで目が覚めました。

     **********

あいにくの雨天。
でも、これだけハッキリとした雨だと、かえってスッキリするものだ。

CIMG8563.jpg

GO!!60ツアー各地での写真がスクリーンにスライドで映しだされる演出で、ライヴはスタートした。
そのライヴが何本目なのかという数字もカウントダウン的に出るので、気分は盛り上がる。
ただでさえ最終日を意識して来ているわけだから、この演出のおかげで更にそれは倍増する。
一瞬とはいえ自分が観たライヴ会場が映ると、やはり感慨深いものがあるしなぁ。

そうは言っても、ステージ上は照明がいつもよりも派手なこと以外、
特別な雰囲気も感じられず、これまでと同じようなオープニングだった。
よって、僕自身もライヴの前半は、意外と冷静にGO!!60の集大成な気持ちで観ていたが、
途中からは独特な気分になってきた。
それは具体的な映像や場面では無いのだけれど、
GO!!60だけではなく昨年の5月以降、
もっと言えば、僕がRCに出会った以降の様々な想いが、
ステージ上のチャボの一瞬一瞬に重なり合う。
この日は、僕とチャボとの30年をあらためて確かめ合う4時間強でもあった。

     **********

さすがに本数をこなしてきただけあって、演奏は心配なく観て聴くことができる。
大阪での声の調子が今ひとつ…みたいな話も聞いたが、この日は問題なかった。
ライヴの中盤までは、チャボのMCに早川さんもスパイス的に加わり、
柔らかく楽しい雰囲気で進んでいくのだが、「Dancing In The Street」後、それは一変する。
ただし、これはこの日に限らないことだ。
その理由は、ここからチャボは清志郎に触れるからである。

続きを読む

スポンサーサイト

10月:[GO!!60] in 東海 大阪

10月8日の大阪で、遂にGO!!60ツアーは59本のライヴを終えました。
あいだにはいくつかのEvent出演や麗蘭などでのライヴもありましたから、
そんなレギュラー・ライヴ以外を含めれば、本数は60本を超える事になります。
今更ですが、凄いスケジュールをこなしてきたなぁ…と思います。

真冬…しかも1月の北海道という雪の中でのライヴから始まり、
3月は岡山での、中学3年生の女の子のお客さんとの愉快なエピソードもありました。
春には京都は磔磔での、日替わりゲスト8連発のステージ。凄かった。
清志郎の一周忌に当たる5月には、ARABAKI ROCK FES.に出演。
そこでの思いが強烈に込められた「雨あがりの夜空に」が目に焼きついています。
6月の東京、MANDALAでの2DAYSも、個人的には印象深いライヴになりました。
順調に進んでいたツアーでしたが、7月は早川さんの突然の事故によるツアー中断と延期が発表。
正直、もうダメだ…と思っていたところ、早川さんは8月アタマから復帰します。
結果、もうダメだ…どころか、その8月の上信越は、感動的で素晴らしいツアーとなりました。
金沢での花火も忘れられません。
飛び入りゲストが羨ましい9月の東北も、聞くところによれば毎回熱く盛り上がったようです。
そして10月になりました。

残るは10.9、SHIBUYA-AXでの A BIRTHDAY OF 60 YEARS OLD のみ。
これまではその日を楽しみにしていましたが、
" 始まるってことは、終わるってことじゃないか… " ということで、
ここに来て複雑な気持ちも湧き上がっています。
でも、やはりチャボの記念すべきライヴに立ち会いたいし、
立ち会えることは幸せだし、ファンと一緒にお祝いできるのも嬉しい気持ちでいっぱいです。

さぁ、もうあと16時間後…です!

GO60.jpg

続きを読む

9月:[GO!!60] in 東北 新潟

上信越の勢いと感動を持っての、7月の振替を含む東北~新潟のツアー。
ゴール目前の9月ということもあり、各地とも盛り上がったようです。
大学生の石川くんを含め、ゲストの飛び入りも目立ったツアーともなりました。

今回も掲示板への投稿をして頂いた皆さん、ありがとうございました。

GO60.jpg

●9月:[GO!!60] in 東北 新潟 - Blue
2010/09/11 (Sat) 01:13:39

9月11日(土)青森 QUARTER
9月12日(日)弘前 萬燈籠
9月14日(火)秋田 THE CAT WALK
9月15日(水)盛岡 あさ開 十一代目 源三屋
9月17日(金)仙台 darwin
9月18日(土)福島 風と木
9月19日(日)新潟 ジョイアミーア
9月29日(水)振替公演 三重 松阪 M'AXA
9月30日(木)振替公演 愛知 豊橋 ell.KNOT

ツアー・ファイナル・イヴの9月は、東北から新潟。
そして延期になった7月の振替公演が2日と、9本のライヴが組まれました。
8月の上信越はドラマチックなツアーになったので、
その勢いでチャボと早川さんは東北を駆け抜けてくれるでしょう。
GO!!60、いよいよクライマックスが近づいてきました!

続きを読む

GO!!60 仲井戸CHABO麗市 with 早川岳晴 Tour 2010 in 新潟 ジョイアミーア 2010.9.19

タクシーの運転手に聞いたら、今回の新潟ジョイアミーアは、
所謂 " 結婚式の二次会 " 等で利用されることが多い場所とのことで、
演奏スペースがあるレストランといった会場だった。
よって、本格的なライヴ・ハウスでは無いので、
音響がどうなのかな…と思っていたが、
全体的なバランスは、特に変な風に聴こえるということはなかったと思う。
ただ、早川さんのベースだと思うが、
曲によっては会場のどこかに反応してビビり、ノイズになっていた。
これは静かな曲でも発生していたので、僕も気になったし、
同じようなお客さんもいたかもしれない。

CIMG8042.jpg CIMG8049.jpg CIMG8050.jpg

さて、ライヴではたまに観られるのだが、
歌とギターのバランスを掴みかねる…というか、
歌よりもギター側にチャボの気持ちが寄って(?)しまい、
歌が疎か(という程でも無いのだが)気味になることがある。
この日の「Gibson」がそうだった。

歌のあいだにちょっとしたアドリヴを入れながらの演奏なので、
ギター側に寄ってしまうと、歌い出しが遅れたり歌詞を忘れたり…ということになる。
でも、僕自身は、これは実にチャボらしい一面として捉えているので、
変にマイナスに思うことはないのだけれど、
ただ、チャボがこういう点を気にすると思うんだよねぇ。
気にすると言うのはあくまでも僕の想像だけれど、気にしていると思う。
となると、その後のライヴにも影響は出るので、
この日は、本当に細かい点だけれど、僕が気になるミス的なものがあった。

ということは、ライヴの出来は今ひとつだったのかと言えば、そんなことは無い。
観る前に想像していた東北ツアーの雰囲気とは、会場的にもちょっと違っていたが、
それでも満足できる内容だった。

続きを読む

8月:[GO!!60] in 上信越

7月の岐阜でのライヴ後に起きた早川さんの事故。
ひとまずライヴの延期が発表され、
その後、早川さん自身がブログで状況を報告してくれた。

8月のツアー続行…少なくともこれまでの二人による続行は、無理だと思った。
同時に、1月から7月まで二人で築き上げてきた音がゼロになってしまうこと。
それが何とも悔しく残念でとんでもないと思った。
もちろんチャボの悔しさ、そして何と言っても早川さんの無念さも思い、
どうして神様はチャボにこんな試練を…と、怒りさえ覚えたが…。

GO60.jpg

驚いたことに、早川さんは8月の初日から復帰する。
心配するファンの前で、驚異的で感動的なベース・プレイを披露してくれたのはご承知の通り。
とにかく " 観なければ! " と僕も駆けつけた金沢では、夏ならではの感動的な体験も。
そして伝え聞くその他の会場でも、素晴らしい演奏をしてくれたようだ。

結果として上信越ツアーは、始まる前に僕が心配していたことが払拭されたどころか、
10月のクライマックスに向けて、更にアクセルが踏み込まれるコトになったと思う。

今回も掲示板への投稿をして頂き、ありがとうございました。


●8月:[GO!!60] in 上信越 - Blue
2010/08/06 (Fri) 00:15:08

8月6日(金)福井 響のホール
8月7日(土)金沢 Queen’s Court
8月8日(日)富山 SUMMER KNIGHT
8月10日(火)新潟 上越 高田世界館
8月11日(水)長野 ライブハウスJ
8月12日(木)松本 ALECX

7月のツアーは早川さんが事故にあい怪我をするというアクシデントで中断となりましたが、
それにより延期になったライヴのスケジュールも決まり、
更に驚いたことに早川さんの復帰まで決まるという、嬉しいやら心配やら…で、
本日より8月の上信越ツアーが始まります。

特に6日の福井は、ある意味でツアー初日と言ってもいいと思います。
その日を迎える全国のチャボ・ファンはドキドキなのか、わくわくなのか…。
僕は両方です。


●福井 響のホール - Blue
2010/08/06 (Fri) 20:58:24

いよいよ8月の上信越ツアーが福井からスタート!

100806_0739~0001 100806_1047~0001 100806_1034~0001


●福井 響のホール - Blue
2010/08/06 (Fri) 20:59:46

名前からして、音が良さそうなホールですね。

100806_1445~0001 100806_1446~0002 100806_1712~0001


●金沢 Queen’s Court - Blue
2010/08/08 (Sun) 03:19:02

いてもたってもいられなくて、金沢行きを決めました。
急遽チケットを取り、土曜日の始発で真夏の北陸へ。
あらためてブログに書きますが、早川さんに感動しました。
凄いよ。素晴らしかったよ。

Image1008071_20100817233300.jpg Image1008072_20100817233259.jpg


●Gwoh-In - Blue
2010/08/09 (Mon) 08:00:25

・診断報告など 2010.7.20付

・7/26 2010.7.26付

・7/31 2010.7.31付

・復帰初日 2010.8.7付


●Gwoh-In - Blue
2010/08/10 (Tue) 23:31:04

いよいよ本日から上信越ツアー後半戦がスタート。
前半を終えた早川さんが心配でしたが、お元気そうで安心。
後半の3日間も期待できそうです。

・復帰ツアー後半へ

今夜の上越、高田のライヴはどうだったんだろう?

続きを読む

GO!!60 仲井戸CHABO麗市 with 早川岳晴 Tour 2010 in 上信越 金沢Queen's Court 2010.8.7

演奏を含めたライヴ全体に関してだけ言えば、
これまでのツアーと何も変わらなかった。
唯一、変わっていることと言えば、
コントラバス(ウッド・ベース)が無いことだが、
例えば怪我のことを隠し、コントラバスを使わない理由を作ったとしたら、
僕たちは本当に何もわからないと思う。

そうは言っても、さすがに意識をして早川さんを観ることになる。
これまでよりも笑顔が少なく感じた(当然だろう、骨が折れているのだ!)し、
曲が終わるごとにホッとしているような雰囲気もあった。

ただ、曲を演奏するたびに回復が進んでいるんじゃないかとも思えるのだ。
そんなことはあり得ない(だって、骨が折れているのだ!)のだが、
そう思えてしまう…そうなんじゃないかと感じてしまう演奏を、
早川さんは実際にしていたのだ。

掛け値なしで凄いよ。
素晴らしいよ。

もちろん本当の身体のことは早川さん自身にしかわからないことだし、
痛くないなんてあり得ない(繰り返すが、骨が折れているのだ!)だろう。
でも、ベースが弾けるのである。ツアーに出られるのである。
音楽の神様は本当にいるんじゃないか…いや、いるのだろう。

  ここでライヴをキャンセルしたら、仲井戸くんのBirthdayがずれてしまう

早川さんはこんな表現で笑いをとって話していたが、本音だと思う。
僕が感じた、このツアーにかける早川さんの強い思いは、
たぶん間違ってはいないだろう。

こんな人が隣でベースを弾いているのである。
チャボがそれに応えないはずが無い。
きっと福井も富山もそうだったと思うが、
金沢は本当に素晴らしい夜となった。

Image1008071.jpg Image1008072.jpg

続きを読む

オン・ベース、早川岳晴

先月…7月の[GO!!60] in 千葉・滋賀・東海では、
7/16、岐阜でのライヴ後に、思ってもいなかった早川さんの事故が発生。
よって松阪と豊橋でのライヴは急遽9月に延期となった。
その事故発生日から、およそ20日が経過した。
ツアー[GO!!60] in 上信越が、いよいよ今週の金曜日から始まる。

GO60.jpg

事故以来、チャボ・サイドからはライヴ延期以外のインフォメーションは無かった。
早川さんの状況を心配すると同時に " ツアーはどうなっちゃうんだろう " という不安。
そんな日々がしばらく続いたが、遂に今日までインフォは無し。
これは、7月のライヴ延期以外は、スケジュールの変更は無いということだろう。

" チャボは一人でやることになるのだろうか… " と思っていたところ、
7/30に早川さんのブログで驚きのコメントを見る。

  8/6 福井初日のチャボツアーから復帰するつもりです

復帰する?
いや、そもそも復帰できるの?
どう考えても重症だろうと思うのだが…。
普段の生活だって大変だろうに、ライヴで楽器を弾く…しかもツアーに出る?
きっと、驚いたのは僕だけじゃ無いと思う。

思えばツアーがスタートした当初、早川さんはこんな風に書いていた。

  そこに俺が呼ばれるからには
  「早川がいて助かった」と思わせる演奏をしなければならぬ。
  それが最低限のスタート地点、
  そこから更に「こいつがいてホントに良かった」と感じさせる、
  二人の音楽を発展成長させるのが大命題。
  とにかくやり甲斐のある仕事だ。

「復帰するぞ」」という一番の理由は、
「このツアーは特別なんだ」という思いなのではないか。
今回のチャボとのツアーは、早川さんにとってはそう簡単にキャンセルするわけにはいかない、
相当な決意と気合いで臨んでいるものなのだろう。
復帰できるのか…という僕よりも、
復帰する…という早川さんのほうがはるかに上だったと言うことだ。

  勿論万全ではありませんが
  僕にしか出来ないその時点での表現方法があると思っています

早川さんは凄い。
今でもまだ心配ではあるけれど、
だんだんとそれが期待に変わってきているよ。

7月:[GO!!60] in 千葉・滋賀・東海

6月24日のYO-KING presents 『王様のアイディア』 への出演があり、
7月9日は麗蘭でシナロケとの共演を経て、7月の GO!!60 になだれ込むという、
いい助走があっての7月でしたが、思ってもいなかった早川さんの事故による中断…。
早川さんはもちろん、チャボも辛い気持ちでいるだろうことが想像できますが、
今は早川さんの一日でも早い怪我の回復を祈り、
再び素晴らしい演奏を二人で聴かせてくれる日を待ちたいと思います。

今回も掲示板へ投稿して頂いた皆さん、ありがとうございました。

GO60.jpg

●7月:[GO!!60] in 千葉・滋賀・東海 - Blue
2010/07/11 (Sun) 11:41:34

7月11日(日) 千葉 船橋 月
7月15日(木) 滋賀 近江八幡 酒游舘
7月16日(金) 岐阜 club-G
7月18日(日) 三重 松阪 M’AXA
7月19日(祝) 愛知 豊橋 ell.KNOT

本日より7月のTourがスタートです。
昨日はサイン会、一昨日は麗蘭ライヴと、チャボにとってはハードなスケジュールですが、
今月もぶっ飛んでくれることでしょう。
今回のトピックにも、ライヴの様子を投稿して頂けると嬉しいです。


●船橋 月 - Blue
2010/07/11 (Sun) 19:20:16

月には行ったこと無いなぁ。

2010071117260000.jpg


●船橋 月 - Blue
2010/07/11 (Sun) 19:21:21

チャボにとってヘヴィなライヴにならなければいいけれど…。

2010071117160000.jpg 2010071117270000.jpg


●GO!!60 7/11(日)船橋:月 - きよみ
2010/07/12 (Mon) 01:14:19

行ってきました。

今回のツアー、私は今日が初参戦だったのですが、
まず感じたことは、ギターがとてもよく鳴っているな、ということでした。
チャボの声が少し枯れ気味だったのは心配でしたが、全曲通してまったく問題ナシ。
ここ何日かのハードスケジュールにも関わらずの、迫力のボーカル&ギターでした。

チャボのMCは、
お決まりのフレーズ(笑)についてはこれまでの公演とほぼ変わらない内容だろうと思われますが、
この春に「月」の店長さんが亡くなられたこともあって、やはりシリアスな場面もありました。

しかし、観ているこちら側がトーンダウンしてしまうと、
逆にチャボに持ち上げてもらうようなシーンもあったりで、
心配するほどヘヴィな内容にはならなかったと思います。

狭い狭い店内、果たして出るかな~!?と思っていた「客席乱入」も出ましたし(笑)

そうそう、たぶんこのことは、今までの公演では話されなかったはず、なMCがありました。

「今回のツアーでは、楽器をよく貰うんだ」

と嬉しそうに話すチャボ。
ちょっと何年と言ったかを忘れてしまったのですが、何年も前、まだ「月」に楽屋が無く、
チャボが出演する際に、お隣のおうちを控室として使わせていただいたそうで、
その部屋の壁に掛かっていたギターや好きな音楽のことで、持ち主の方と話が盛り上がり、その方に、

「チャボさんが60になっても唄っていたら、そのギターをプレゼントします」

と言っていただいたそうで、

「俺は60になるぞ!!これで(早川さんのベースも含め、プレゼントは)4本目だ!!」

と、とても嬉しそうに話していたのが印象的でした。

個人的には、残業(笑)のラスト、すなわち今日のラストに演奏された曲が本当に本当に良くて、
ギターと唄はもちろんなのですが、早川さんのベースの音色が本当にあたたかく、感動で胸が震えました。

このことは、これから早川さんのブログに書き込もうと思っております(笑)

3時間半の演奏。

ある方は、「マンダラに劣らない内容で、
個人的にはマンダラより良かったかも」とおっしゃっていました。

長い長いツアーも、もう3分の2を経過しましたね。

どのような想いで、ラストを迎えるのでしょうか…。

以上、長くなりましたが報告させていただきます。

続きを読む

GO!!60 仲井戸CHABO麗市 with 早川岳晴 Tour 2010 in 南青山MANDALA 2010.6.18

  演奏は今まで2時間45分だったのに何故か3時間
  曲は変わってないのに
  1月ツアーのアタマのほうでは2時間半以内だったような記憶も

これは3月の「GO!! 60 in 中国・四国・神戸」の際、
早川さんが自身のブログに書いていたことだ。

Image1006181.jpg Image1006182.jpg

サッチモが終り、チャボがステージを後にする。
時計を見たら、時刻は22時45分。
開演は19時(多少、時間はおしたけれど)だった。

1月の北海道ツアー開始当初から、実に1時間も長くなっていることになる。
もちろん演奏以外の時間も含めてになるけれど、
それにしても1時間の延長というのは、おそらく自然なことだとはいえ、凄い。

続きを読む

6月:[GO!! 60] in 広島・近畿・静岡

5月の九州で " tour 2010 GO!!60 " も半分を消化。
よって、6月は後半戦がスタートしたことになります。

今ツアーのレギュラー・ライヴ以外には、
大阪でのShangri-La5周年Eventが加わりました。
また、早川さんのNewベースが登場したことは特筆すべきことですね。
僕も早く音を聴いてみたいものです。

今回も掲示板へ投稿して頂いた皆さん、ありがとうございました。

GO60.jpg

●6月:[GO!! 60] in 広島・近畿・静岡 - Blue
2010/06/05 (Sat) 10:05:45

6月5日(土) 広島 LIVE Cafe’ Jive
6月6日(日) 広島 LIVE Cafe’ Jive
6月7日(月) 姫路 Beta
6月9日(水) 和歌山 OLDTIME
6月10日(木) 奈良 NEVER LAND
6月12日(土) 大阪城野外音楽堂(Extra)
6月13日(日) 浜松 窓枠

いよいよツアーは今日の広島から後半戦に突入です。
12日の大阪Shangri-Laの5周年Event出演も含め、
何だか盛り上がりを見せそうな予感…の6月です。


●広島 LIVE Cafe’ Jive - Blue
2010/06/05 (Sat) 20:27:40

広島2daysのチケットはSOLD OUT!

100605_1701~0001 100605_1655~0001 100605_2102~0001 100605_2104~0002


●Re: 6月:[GO!! 60] in 広島・近畿・静岡 - やき餅咲ちゃん
2010/06/06 (Sun) 23:14:17

6月6日(土)広島 LIVE cafe'Jiveに行ってきました。
北海道の電気屋さんが作ったギターをチャボさんがもらったという話は有名ですが、
今日は早川さんがベースをもらって初演奏だったのかな?でした。
その曲はもう次元を超越した世界でした。
いやもう、どの曲もそんな感じです。

早川さんがしゃべるコーナーがあるのですが、そのときチャボさんが微笑みながら、
ペットボトルのお茶をコップについで、飲んでいたのがキュートだったなぁ。


●Re: やき餅咲ちゃんさん - Blue
2010/06/06 (Sun) 23:40:37

>今日は早川さんがベースをもらって初演奏だったのかな?

おお!
もしかしたら九州ツアーからお目見えしていたかもしれませんが、
新しい展開があったんですねぇ。

>早川さんがしゃべるコーナー

ツアーが進むうちに、演奏だけでなく、
このコーナーもどんどん長くなっているのかな(笑)。
投稿ありがとうございました。


●お好み焼き 麗ちゃん - Blue
2010/06/06 (Sun) 23:49:24

広島と言えばお好み焼き。
そして、チャボのファンに行ってもらいたい有名行列店が、この「麗ちゃん」です。
私も数年前の広島旅行の際、食べに行きました。

ちなみに「麗」の字以外、チャボとは何の関係もありませんが(笑)。

100606_1208~0001 100606_0959~0001 100606_0901~0001

続きを読む

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ