赤色エレジー / 浜田真理子 -2007-

今日、会社でお客さんと浜田真理子の話になった。
僕が出会ったきっかけや『夜も昼も』についてなど、ささやかに盛り上がったのだが、
例のAERAの話をしたらとても感動されてしまった。
僕自身も人に直接話すのは初めてだったと思う。
自分で話していて、改めて驚いてしまった。
彼女の音楽と出会ったのは、やはり運命的なものを感じるなぁ。

ゴールデンウィークの時期に行われた彼女のクアトロ・ツアーが終了してしばらく経つ。
ドキドキしながら初日を体験したわけだが、
今回のメニューは、ファンの方々の書き込みを見ると賛否だったようだ。
オリジナルよりもカヴァー中心のようだったというのが、その理由みたいだ。
初めてだったこともあるけれど、僕は選曲については何も不満を感じていない。
それどころか、絶対にライヴで聴いてみたかった「爪紅のワルツ」が歌われただけで大満足であった。

彼女のオリジナルの素晴らしさはもちろんだが、実はカヴァーも素敵だと思う。
「ラストダンスは私に」「朝日のあたる家」の様なスタンダードから、加川良の「教訓Ⅰ」、
そして「アカシアの雨が止むとき」や「柔」などの歌謡曲、
更には「黒の舟歌」まで、その取り上げる曲が実に幅広いのも魅力だ。
特に彼女にとってのゴスペル…俺ゴスペル(笑)と紹介される「柔」は白眉。
完全に浜田真理子的なヴァージョンとなっていて感動的だ。

カヴァーと言えば、今回のツアーで聴きもののひとつだったと思うのが早川義夫の「無用ノ介」。
『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』に収録されている曲だが、
そういえばこのアルバムでの早川義夫はピアノの弾き語りである。
浜田真理子と同じスタイルだ。
彼の曲はいつ取り上げられてもおかしくなかったんじゃないかな。
ただ、もし歌われたのが「サルビアの花」だったりしたら、きっと卒倒ものだったろう(笑)。

さて、卒倒モノまではいかないかもしれないが、実に素晴らしい曲を彼女はカヴァーする。
あがた森魚の「赤色エレジー」がそれだ。
この名曲を浜田真理子が歌う。
このことは、僕の中でイメージがもう果てしなく広がっていく。

勉強不足で僕は知らなかったのだが、『画ニメ』という表現メディアがあるらしく、
そこで「赤色エレジー」が作品化され、他のいくつかの作品とともに6月から上映される。
その挿入歌を彼女が担当しているのだ。このカヴァーは今から楽しみで仕方が無い。

その『画ニメ』。「赤色エレジー」の他にも観てみたい作品がたくさんだ。
これは是非、足を運んでみようと思っている。
※この公式サイトで、浜田真理子の「赤色エレジー」の、ほんの一部だけを聴くことができます
スポンサーサイト
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ