4年目の5月9日に

今年の春、桜が所々で満開だった頃、
南青山MANDALAでの仲井戸麗市ライヴを観る前に青山霊園を散歩した。
区道を抜け、中央の交差点から乃木坂トンネル方面へ歩く。

自分がどこを歩いているのか、すぐには気付かなかった。
突然、目の前に、決して見慣れてはいないのに、
絶対に忘れることができない景色が飛び込んで来た。

ほとんど人がいないこの場所に、あの日は数万人が集まった。
2009年5月9日。

もう4年なんだ。

CIMG4829.jpg
スポンサーサイト

忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 感度サイコー!!!

ナニワ的というか、大阪ノリな点については仕方が無い。
そういう映画だし、そういうライヴだったわけだし。
ただ、スマートに清志郎のライヴ部分だけを観たいという、
そんな僕のようなファンも満足できる映画だと思う。

1202Image193.jpg

2001、2004、2006年からのダイジェスト映像を、
架空のラジオ番組やランナー間寛平などと絡め、
それらがすべて1本に繋がる編集となっている。

最初に書いたように、個人的にはライヴのシーンが目当てだった。
前半は楽しく観ていられた。
特に「うしろの奴等のために」と「カニ」は楽しい。
こういう清志郎はとてもいい。

共演シーンについては、これはもう好き嫌いがあるし、
当時と今では、その状況があまりにも違っているので、
見方と聴き方が変わってしまったものがある。
これはしょうがない。

そんな中で、僕がいちばん おおっ! となったのが布袋寅泰。
清志郎と並んだ絵の、この良い意味での違和感。
更に、共演者の中でいちばん危ない雰囲気を出していたのも布袋だろう。
良くも悪くも、枠からはみ出すことが無い共演ばかりの中で、
清志郎と布袋は間違いなくはみ出していたと思うし、
二人のシーンからは、実にロック的なものを感じた。

実際にその場で観て聴いてはいたが、あらためてHISが良かった。
生のほうが強力だったけれど、坂本冬美のヴォーカルはやはり凄いと思う。
そしてバックの演奏も感動的だ。
何より「幸せハッピー」という名曲がどうしたって素晴らしい。

「スローバラード」のシーンでは、気がついたら僕自身も口ずさんでいた。
思えば、RCサクセションのライヴでは、毎回この曲は清志郎と一緒に歌っていたものである。
それを再び映画で体験できて嬉しかった。

いちばん気になっていた人…チャボがどう絡んでくるのかは、
そのシーンは " そうきたか " と " やはりそうだよな " という気持ちとが半々か。
ただ、個人的には観ていて辛く、切なくなるシーンだった。
今にもチャボは泣いてしまうんじゃないか…とさえ感じたほどだ。

それにしても最後にこんなシーンが用意され、
二人の「夜の散歩をしないかね」が流れる。
そしてエンディング・ロールでの「Oh! RADIO」の編集に、
更にダメオシの月明かりの夜空に…。

悲しい気持ちで清志郎に接することはほとんどなくなっていたが、
この映画を観て、再び引き戻されてしまった。
制作サイドにとっては、おそらく僕のような感想は本意ではないだろう。
でも、そう感じてしまったことは事実。
ただし、清志郎の素晴らしさも間違いなく感じることができたことも事実。
きっと、今後もこの二つの事実を僕は感じ続けていくのだろう。

     **********

1202Image194.jpg 1202Image196.jpg

映画の前にはナニサリカフェで待っていた。
もちろんテーブルはチャボの…だ。

清志郎からセイ・コウ・イへのメッセージ

必要があってJAF Mateのバックナンバーを探すために部屋をゴソゴソ…。
こういうときは、いつものことだが、本題から外れていくことになるわけで、
案の定、お目当てのもの以外に目が行ってしまうことになる。

ということで、出てきてしまったのがこの雑誌。
月刊ロッキンf 1980年12月号。表紙は仲井戸麗市だ。
80年の12月号だから、RCサクセションの 『PLEASE』 発売前になる。
この号では清志郎とチャボの対談が掲載されていた。

CIMG9197.jpg CIMG9198.jpg

ところで、以前にここにも書いたような記憶があるけれど、この対談。
例のRC本の決定版である 『愛しあってるかい』 のページ欄外に載っていた、
清志郎語録とチャボ語録で取り上げられていた発言が満載なのだ。
間違いなく、この対談からチョイスされたのだろう。
その意味で、今となってはとても貴重な記事になっていると思う。

さて、今回取り上げたいのはこの対談ではない。
珍しく隅から隅まで読んでみたのだが、ちょっと面白い記事を見つけたので、
自分のための記録を兼ねて、紹介したいと思う。

それは、雑誌の後ろのほうにある " 夢の島 " というミニ・レヴューのページだ。
はやり歌、風俗、プログレッシヴ、JAZZ、CINEMA、BOOKS の6つのテーマで、
それぞれで、おそらく専属(?)のライターが書いているページなのだけれど、
この中の JAZZ では、生活向上委員会の2ndアルバムである、
『ダンス・ダンス・ダンス』 が取り上げられているのだ。
まぁ、これだけならば読んでオシマイなんだけれど、
何とここでは忌野清志郎からのメッセージというカタチで掲載されているのだ。

CIMG9199.jpg

特別に寄稿したものなのか、実際にレコードのライナーに載っていたりするのか、
その掲載の経緯も含めて詳しいことはわからないが、
内容は清志郎らしくなかなか面白いし、とにかく貴重な記録であることも間違いないだろう。

" オレは Jazz なんか昔から大ッキライなんだ " で始まるのだが、
" だけど、だけど、Wooベイビー、セイ・コウ・イはちょっと別だぜ " と続く。
そして " 生向委が、ロックン・ロール・バンドだなんて言わないよ " と書きながらも、
" だけど奴らは、まるでロックン・ロールしてるぜ " とくる。
この辺が、実に忌野清志郎していて最高だ。
更に素晴らしいのは、まるでステージでのMCのような文章になっていることだ。
試しに、挙げた部分だけでもいいから、
RCのライヴで清志郎がしゃべっているのを想像しながら読んでみるといい。

どうですか?
バッチリでしょう?

ということで、全文を記録しておきます。

続きを読む

30年目の4月5日に

30年前の今日、僕は久保講堂にRCサクセションを観に行った。
30年後の同じ日、大阪に忌野清志郎の写真展を観に行った。
他人から見たら単なる偶然なのだろうけれど、僕にとってはそうではない。

しかも同じ時期に、京都は磔磔で8連発ライヴを仲井戸麗市が行っている。
清志郎の写真展とチャボのライヴが終わるのは、両方とも4月11日。
これも僕にとっては偶然で片付けられる話ではない。

Image100405.jpg

有賀さんの写真展は素晴らしかった。
その内容をオフィシャルのメッセージから引用し、大きくわけると次の3つだ。

・80年代半ば以降のRCサクセション円熟期のライヴ
・アルバム 『COVERS』 のレコーディング
・90年代からのソロ・イヤーズのポートレート

有賀さんにとってのRCというバンドが何なのか、
どういうものだったのか…ということを、僕なりに感じることができた。
一緒に観た友達とも話したのだけれど、
それは忌野清志郎と仲井戸麗市なのではないか…ということである。

  よくぞ撮っていてくれてたね…

RCサクセションのファンは、
有賀さんがチャボからもらったというこのコメントを噛み締めて写真を観ると、
いっそう感慨深く、自分の中だけの清志郎やRCを想い、
浸ることができるんじゃないかなぁ…。

P.S.
最初に飾られている1枚。
よくぞ撮っていてくれていた…と、ココロから僕も思う。

続きを読む

2010年4月2日

今日は清志郎を聴く。

毎年12月8日になるとジョン・レノンを想うけれど、
10月9日だって、12月8日とは違った意味でジョンを想い、
そして盛り上がるべきだよなぁ…とある時期から感じるようになった。

このことは、ジョンを清志郎に置き換えてみれば、
僕にとってのその理由がハッキリと見えてくる。
だって、おそらく5月2日に盛り上がる…なんてことはできそうも無いけれど、
4月2日ならば、僕はできるからね。

CIMG7807.jpg

59回目の4月2日。
今夜は清志郎を聴いている。

成熟したのは…?

スペースシャワーのライヴDVDを観るたびに、2・3'sの清志郎の美しさに唸る。
特にハンド・マイクで「プライベート」を歌う姿はカッコイイの一言で、
これぞ僕のイメージする忌野清志郎だ。
もちろん髪型やメイクに対しての僕の好みにもよるのだろうし、
更にこの表現が相応しいのかどうかもわからないけれど、
何だか " シャープさ " みたいなものが感じられるのは93年辺りまでのような気がする。

その清志郎のルックスが、僕のツボにドンピシャなのが90年。
例えば映像作品 『ミラクル』 のオープニング。
野音のステージ袖で戦闘準備を整える清志郎。
このシーンはいつ観ても、何度観てもわくわくする。
大好きだ。

…で、本題は清志郎のルックスでは無い。

以前ここでも2・3'sを話題にしたことはあるけれど、
そのたびに " 私も僕も好きでしたよ " という声をコメントで頂いた。
そんなこともあり、きっと…いや、
実は本当は人気があるんだよ、2・3'sは…と、今は思っている。

過去のロッキング・オン・ジャパン誌のインタヴューも読み返したが、
渋谷陽一の突っ込みはともかく、清志郎もメンバーも迷っているようには感じない。

CIMG7780.jpg CIMG7781.jpg

特に 『GO GO 2・3's』 のインタヴューでは " 一生2・3'sに骨をうずめます " なんて言っているし。
とにかく " バンドをやれることが嬉しい " みたいな雰囲気に溢れていた時期だったのだろう。

さて、シングルにもなったので、2・3'sの代表曲と言ってもいいだろう「お兄さんの歌」。
初めて聴いたときから、その歌詞がとても印象的で、
自分なりの解釈で聴いてきたこともあり、個人的にもなかなか思い入れが強い曲でもある。

CIMG7726.jpg CIMG7727.jpg

ところで、歌詞には " 成熟したワイン " がいくつか出てくる。
これが85年ものだったり、79年ものだったりするのだが、この年度がポイントなのである。
もちろんファンには有名だと思うけれど、あまり話されているのを見たことも無いし、
これまでここに書いたことも、そして僕自身も話したことがほとんど無いので、記しておこうと思う。

曲の中で歌われるワインは全部で5つだ。

・85年の赤い赤いワイン
・79年のまっ赤なワイン
・72年の苦い白ワイン
・69年のまっ黒なワイン
・51年の苦い苦いワイン

どうですか?
何か気付きますか?

続きを読む

HAPPY BIRTHDAY KIYOSHIRO!

清志郎の誕生日である4月2日とRCサクセションの『RHAPSODY』が録音された4月5日は、
個人的にはワン・セットという印象がある。

80年4月5日の久保講堂のライヴでは清志郎の誕生日を祝う声が客席からあがっていたし、
ステージにはプレゼント(と思われる)が投げ込まれたりしていた。
こんなことがあったから、あれから今日まで29年間、そんな思いを持ち続けていたわけだ。

清志郎、今日はどんな一日を過ごしたのかなぁ。
誕生日おめでとう!

清志郎の新曲

" 清志郎が新曲! " というニュースを知って " 遂に発表かー " と盛り上がったけれど、
スポーツ報知が大きく取り上げたことでもわかるように、日テレ絡みの企画モノのようだ。
間寛平のマラソン応援歌ということである。

「走れ何処までも」「RUN寛平RUN」という二曲をレコーディングしたようだ。

清志郎の状況を考えれば嬉しいニュースではあるけれど、正直な僕の気持ちは複雑です。
こういった企画モノではなく、贅沢な思いかもしれませんが、
余計なものを一切排除した、100%忌野清志郎という曲を聴きたかったというのが本音です。
しかもMG'sとレコーディングしたのなら、尚更そう思います。

曲を聴いたわけではありませんから、
これはニュースを知っての、今の率直な感想ということではありますが。

ただ、音楽活動開始…とまでは、まだ言えないのだろうけれど、
その一歩を踏み出したことには違いない…よね?

風呂敷とポストカード

関西エリアで限定配布されているFREEのPOSTCARDを、関西在住の友達から頂きました。
どうもありがとう。

CIMG7064.jpg

ブルーノート東京でのライヴ写真らしく、ということは後方に写るストラトキャスターはチャボだ。

続いては、小学館から出ている『BE-PAL』というアウト・ドアの雑誌。
普段なら絶対に買わない…どころか立ち読みさえしないけれど、
11月号の温泉特集に連動した企画として、清志郎がデザインした風呂敷がついている。

CIMG7065.jpg CIMG7066.jpg

こちらはまるでアナログのシングル盤のような仕様で感動しました。

そして、二つとも偶然にもグリーン。
いい色です。

イエイ ッテ イエ~!

タワー・レコードが制作した清志郎のTシャツを買ってきました。

CIMG6889.jpg CIMG6890.jpg

カラーがホワイトのみというのが残念ですが、これはいいです。
ただ、個人的には NO MUSIC , NO LIFE がデザインされていなければ、
もっと良かったのですが(笑)。
それにしても、イエイ ッテ イエ~! というのは、
文字にしちゃうとずいぶん印象が違うんだなぁ。
ステージで清志郎が叫ぶのを聴くのと、目で見るのとでは全然違いますね。
どう違うか…というのもうまく言葉に出来ませんが、
おそらく僕が聴きなれているのは イエイ じゃなくて イエー なので違和感があるのでしょう。

思えば、RCサクセション時代から、
Tシャツと言えばグッズの王様なのでずいぶんと買いました。
別にコレクターというわけでは無いのですが、
買ったけれど着ない…が続いています(笑)。
まぁ、あまりロックTシャツ自体を着なくなりましたが。

何だかいい機会(?)なので、
RC以降の清志郎Tシャツを何枚かタンスから引っ張り出してみます。

着ないものが多いのですが、もちろん、逆に着倒したものもあります。
そんな一枚が、これです。

続きを読む

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ