ラストデイズ「忌野清志郎×太田光」 NHK G 2014.5.2

ラストデイズ「忌野清志郎×太田光」を観ました。

 キング・オブ・ロック " 忌野清志郎 " 。
 彼の転換点のひとつは、社会問題を歌い突然の発売中止となったアルバム「COVERS」。
 彼は何を歌おうとしたのか?
 社会を笑いで斬ってきた爆笑問題の太田光が探る。
 RCサクセションの仲井戸麗市や泉谷しげるなどのミュージシャン、
 当時のレコード会社の担当者、写真家などに出会いながら思索を深めていく。
 さらに、新たに発見された清志郎の手記をひもとき、秘められた思いに迫る。

『COVERS』と太田光。
僕自身はこの二つの単語と先に挙げたNHKの事前情報だけで、
何だか番組の内容がわかってしまうように思えていたので、
あまり観ることに前向きではなかったというのが本音です。

番組としては清志郎のある一面を伝えることに成功していたと思いますし、
そこに太田光が自身の人生観を重ねて進行させていく構成は、
客観的には見応えがあったのではないかと感じます。
もちろん、最初からそういう番組であったわけです。
ただし、この番組が放送されたのは5月2日です。
僕の中に清志郎の音楽への想いがいつも以上に溢れた日に放送されました。
そんな日に、太田光の視点や想いのフィルター越しに、
しかも『COVERS』を中心として語られた番組内の清志郎は、何だか小さく感じました。
伝えられた清志郎は、放送時間の50分程度の大きさでしかなかったように思います。

チャボへのインタヴューは期待していました。
太田光と仲井戸麗市です。
いったいそこでどんなやり取りがされているのかが全く想像できなかったので、
ここは不安を感じながらも観てみたいと思っていました。
その理由は、2014年のチャボが『COVERS』を、
そしてそのときのRCサクセションと清志郎を語っていると思ったからです。
ほんの少しであっても、清志郎サイドからとは別の『COVERS』像を、
その会話から浮かび上がらせてくれるのではないかと思ったからです。
しかし、そんなことは何ひとつわかりませんでした。
チャボのシーンがなくても番組に支障はなかったと言えるくらい、
あまりにも短すぎるインタヴューのシーンは残念の一言です。
ただ、気になる発言もありました。
清志郎は " たっぷり58歳をきっとやったんだ " と思うべきかと…というチャボ。
これは、僕は初めて聞いたものです。この辺の心境の変化はいったい…。

あらためて番組の宣伝コピーを。

 「ラストデイズ」、それは究極の日々。
 時代を駆け抜けた偉人の足跡を同じ志を持つ者がたどる旅。
 彼らはなぜ自分を貫き通せたのか?その生き様が凝縮された時間を追体験する。
 残された未公開の資料を紐解き、関係者に出会い、思い出の場所に立ちながら、
 現代につながるメッセージを読み解く。

「ラスト・デイズ=究極の日々」というコンセプトが今一つわかりにくいですが、
ここでは『COVERS』以降の日々ということだったのでしょうか。
清志郎云々を語るのに『COVERS』は必要です。
でも、『COVERS』以外こそが必要だろうと思ったりします。


追伸。
今の僕は『COVERS』というアルバムをRCサクセションの作品と認められず、
ある特別な感情を持っているのでほとんど聴くこともありません。
でも、そんな作品だからこそ『COVERS』とは何だったのかを知りたいという気持ちもあります。
いつか叶うならば、発売中止の決定を下した人物を含め、
全関係者の証言を聞いてみたいと思います。
1冊のノンフィクションとしてまとめられたりしないかなぁ。
スポンサーサイト

ぼくはロックで大人になった~忌野清志郎が描いた500枚の絵画~ NHK BShi

番組タイトルから、当然のように清志郎の " 絵 " に焦点を当てたものだと思っていた。
もちろんそういった内容ではあったが、
実際に観終えた今の感想は、すべてでは無いにしても、
清志郎の人生を2時間の駆け足で振り返るドキュメンタリーだったなぁということだ。
紹介されるほとんどのエピソードは知られているものだったとは言え、
ディープなファンも納得できる丁寧で深い作りだったのではないか。
というより、初めからビギナー向けには制作していないようにも思う。

リンコ所有のノート類や、
清志郎自身の日記…これは 『十年ゴム消し』 のもとだろう…など、
TVとは言え資料的な価値が高かったというのも良かった。
特に清志郎自筆のものがこれだけたくさん見られたのは嬉しい。
過去のライヴやTV出演の映像よりも、これらを見られた事のほうが僕には重要だった。
あくまでも僕にとっての忌野清志郎は音楽家だ。
だから彼が描いた絵に魅力を感じながらも、同じく書いたものならば、
「宝くじは買わない」の初稿のほうに惹かれるのである。

さて、やはりこれに触れないわけにはいくまい。
チャボのインタヴューも、短いながら放映されていたが、これがまた…。

RCサクセションの休止や 『COVERS』 についてチャボが実際に発言…しかもTVでというのは、
もちろん僕が知る限り…いや、僕が知る限りではなく、おそらく初めてのことだろう。

  俺は(COVERSは)嫌だったんだ

ここまでハッキリと 『COVERS』 について話すチャボを観ることになるとは…。

" もう、いいよ " って思う。
チャボがこういう場に出てくることは、もういいんじゃないかと思う。
今後はチャボの音楽活動の中だけで清志郎のことを語っていく、
清志郎の音楽を伝えていく、それだけでいいんじゃないか…と思う。

それにしてもRCの終わりを失恋と表現するというのは、
清志郎とチャボの関係を考えると、たまらないものがある。
そして、この話をしているときのチャボの表情はなぁ…。

この番組により、ここにきてまた色々と揺さぶられたファンも少なくないんじゃないだろうか。
何だか、今は凄くチャボに会いたい気分だ。

最初で最後の「雨あがりの夜空に」

何だか、遂この前のような気がするけれど、2007年のライヴだったのか…。

TVで放映された三宅伸治のデビュー20周年ライヴを友人が録画してくれたので、
この連休にそれを観た。
あの場では、「JUMP」以降はまったく冷静でいられなかったので、
こうして、あらためてライヴ全体をしっかりと確認できたことは嬉しい。

三宅伸治のイントロに続き、チャボに呼び込まれて清志郎がステージに登場する。
その後は何も言うことは無い。
興奮する。
部屋で落ち着いて観ていても、ただただ、興奮する。

090907_1616~0001 090907_1620~0001 090907_1654~0001

ところで、この日の「雨あがりの夜空に」だが、実は僕自身、初めての体験をしている。
RCサクセション時代はもちろん、1991年以降の清志郎のライヴでも、
それこそチャボがギターを弾く「雨あがりの夜空に」を僕は何度も観ているけれど、
この日の「雨あがり~」は、演奏中一度もチャボを観なかったのである。
こんなことはこれまで無かったし、僕自身の中であり得なかったことだ。
でも、僕の目は清志郎だけを追っていた。忌野清志郎だけを観ていた。
そんな最初で最後の「雨あがりの夜空に」なのである。

演奏中は、ただ " 清志郎! " とだけ叫び続けていただけで、何も聴いていなかった。
その証拠に、TVを観て清志郎が歌詞を間違えているのを知った。
ライヴ中は夢中で、そんなこと、まったくわからなかったなぁ。

ラストの全員による「たたえる歌」。
これまで僕が観た、こういった出演者全員でのセッションというものは、
あまりにもとっちらかっていることが多くて、素直に感動できたものはほとんど無い。
でも、この「たたえる歌」の感動的なセッションはどうだろう。
TVからでも、あの場のHAPPYな雰囲気が伝わってくるなんて、あまり無いことだ。
これだけHAPPYな音が聴けるということは、実際にHAPPYな音が出ているのだ。
こんなライヴは、僕の経験した中では、他には完全復活祭しか無い。
理由はひとつ。
言うまでも、そして書くまでも無いけれど、それは忌野清志郎だろう、やっぱり。

それにしても、本当にこのようなシーンを、
今後はもう生で観ることが、そして聴くことができないのかよ…。

井上陽水、40年を語る。清志郎を語る。

NHK教育テレビで、8/24から四夜連続で井上陽水の特番が放送されている。
タイトルは 『LIFE 井上陽水 ~40年を語る~』
今夜(8/25)はその第ニ夜だった。

番組はいくつかのキーワードで括られて構成されている。
第二夜のそれは " 麻雀 " " 亡き人々 " " 最後のニュース " 。
二番目の " 亡き人々 " は、陽水に影響を与えた今は亡き人々ということだ。
当然、ここでは忌野清志郎が取り上げられる。

僕は泉谷しげるや井上陽水が清志郎を語るのを観たり聞くたびにいつも思うのは、
友情と呼ぶのとはニュアンスが違う、その関係についてだ。
チャボと清志郎の関係とはまったく違うと思う。
そこにあるのは、清志郎に対しての信頼というか尊敬というか、そういうものを感じてしまう。
この番組を観てもそうで、陽水が清志郎を語るシーンは、とても感動的だった。
だからこそ、清志郎不在の大きさも伝わってきて、悲しくなるけれど。

1999年9月24日。
東京は六本木のSweet Basil 139で行われた井上陽水のライヴに清志郎がゲスト出演した。
番組では、その際に歌われた二人の共作「帰れない二人」の映像が流された。

" あぁ、もうこの声を生で聴くことが二度とできないんだ "

5月以来、日々の生活の中でも感じることがあるけれど、
このシーンを観たときに、何故だか巨大な喪失感に突然襲われた。
清志郎…。

FM802 Pop'n'Nuggets 「忌野清志郎に捧ぐ」 2009.6.6

関東では聴くことができなかったFM802でOAされた清志郎の追悼特番。
関西の友達に録音してもらい、やっと聴くことができました。
番組で「Oh!RADIO」がかかるのは間違いないだろうし、
そして、もしかしたら例の「激しい雨」も…と思ったので、
どうしても聴き逃す事はできないものだった。

はたして、その2曲はバッチリとかかった。

番組は「ヒッピーに捧ぐ」…『the TEARS OF a CLOWN』 のライヴ・ヴァージョンで始まる。
実は、普段僕は積極的に聴くことがないアルバムだけれど、
ラジオからあのイントロが聴こえてくると、いきなり感動する。
野音のRCサクセションだ。
『シングル・マン』 のヴァージョンでなくて、僕は正解だったんじゃないかと思う。

この始まりが象徴しているように、所謂スタンダードな曲はわざと外されていたようだけれど、
そうは言っても、清志郎ファンなら納得する選曲だったのではないか。

流された曲だけでなく、コアなファンならニヤリとするであろう構成も楽しかった。
例えば 『GLAD ALL OVER』 の「君が僕を知ってる」がかかった後、
DJちわきまゆみのトークのバックに「さらば夏の日'64.AUG」が流れるところは唸ってしまう。

さて、番組のラスト。
遂に「激しい雨」をちわきまゆみが紹介する。
もちろん僕はヴォリュームを上げる。

これは…。

まだ聴いていない人は、もう期待して6月17日を待っていてください。

わかっていますよね?
これは忌野清志郎、仲井戸麗市、新井田耕造、そして三宅伸治の4人での演奏なのです。
単なる " 「激しい雨」という曲 " では無いのです。
この4人で録音された、限りなくRCなヴァージョンなのです。

とにかく6月17日を待っていてください。

『This Time 忌野清志郎』 フジテレビ 2009.5.18

昨夜は 『This Time 忌野清志郎』 の追悼再編集特番を観た。

『夢助』 のレコーディングを中心に編集された2006年9月OAの番組に、
今回は9日に行われた青山ロックン・ロール・ショーの模様と、
清志郎に関係する人達のコメント等を再構成しての放送だった。
時間にしてたった一時間だったけれど、今の自分にはなかなか重い番組だったかなぁ。

今でも充実したレコーディングだったということが画面からバシバシ伝わってくるけれど、
この男がこうやってヴォーカルを録ることが、もう二度と無いのだという事実。
こんなに楽しそうで素敵な音楽で満ち溢れている清志郎は、もういないんだという事実。

でも、それがいったいどういうことなのかが、良くわからない。
これからもわからないのかもしれないけれど、いつかわかる日は来るのだろう…とも思う。
そんな日はいらないけれど。

清志郎を語る人達の様々なコメントが、これは追悼特番なんだということを嫌でも知らせてくれる。
でも、そんなコメントよりも、お互いにお互いを嬉しそうに語る、この二人の姿。
清志郎とチャボのそんなシーンが胸に突き刺さる。

これは辛い…。

フジ、観てます…とSさんからメールが入った。
しばらくメールで会話をしながら、『夢助』 を歌う清志郎を観ていた。

僕達はまだまだ引きずっているのだ。
吹っ切ることなんて、そう簡単にできやしないのだ。

今週末、5月9日とは違う目的で、僕は青山に行く。

幸せハッピー/坂本冬美 from『single』 -2005-

NHK「音楽・夢くらぶ」という番組にHISが出演した。
HISは先月の新ナニワ・サリバン・ショーにて15年目にして初の素敵なライヴを行ったのだが、
今回のTV出演も、たった三曲だったが素晴らしい演奏と歌だった。

まずは91年に発表したアルバム「日本の人」から「パープル・ヘイズ音頭」と「500マイル」。
そして坂本冬美名義で発表されたシングル、
「Oh, my love~ラジオから愛のうた~」にカップリングされていた「幸せハッピー」。
三曲ともに新ナニワ・サリバン・ショーでも披露されていたのだが、
TVだと改めてじっくりと観ること聴くことができたので感激してしまった。

「パープル・ヘイズ音頭」の坂本冬美の歌。
彼女の場合は“ヴォーカル”というよりも、“歌”と言ったほうが相応しい。
そして「500マイル」の忌野清志郎のヴォーカル。素晴らしい。
二人ともその歌と声だけで強力な説得力を持っている。本当に素晴らしい。

しかし何といっても「幸せハッピー」だった。
新ナニワ・サリバン・ショーのステージでも最後に演奏された名曲である。
感動してしまった。
そのメロディーと歌詞。演奏。奏でられるフレーズ。歌とヴォーカル。
どれをとっても一級品であった。

いくらHISが出演と言っても、何て事の無い音楽番組である。
しかし「幸せハッピー」を観ていたら、聴いていたら泣けてきた。
何だかわからないけれど、泣けてきた。

こういう瞬間があるから、音楽を聴くのを止められないのだ。

続きを読む

KI・MA・GU・RE/沢田研二 from 『彼は眠れない』 -1989-

サウンドストリート21というNHK-FMの番組。4月のパーソナリティは忌野清志郎。
ゲストに竹中直人と玲葉奈を迎え、清志郎の歴史を振り返るというような内容であった。
今日はその忌野清志郎がパーソナリティである4月の最終回であった。

番組の途中で清志郎のギターをバックに玲葉奈が「500マイル」を歌った。
まず、これが素敵だった。
初めて彼女を聴いたのは、チャボがプロデュースしたデビュー曲「オレンジ」である。
当時も思ったのだが、彼女の歌は加工されていない生の歌声という印象が強く、
そこがとても良かった。
今回の「500マイル」はまさにその生のセッションだ。素敵なのは当たり前である。
後で彼女のアルバムを聴こーっと。

さて、番組の中盤、リスナーの葉書を読むコーナーで2曲のリクエストがあった。
うち1曲はRCサクセションの「ベイビー!逃げるんだ。」。懐かしいが妥当だろう。
そしてもう1曲が物凄かったのだ。
何というか、思い切りマニアックな選曲である。
沢田研二の「KI・MA・GU・RE」。
89年に発表されたアルバム”彼は眠れない”に収録されている曲だ。
このアルバムのプロデュースは吉田健。
参加ミュージシャンには村上ポンタに下山淳など、
当時盛り上がっていた泉谷しげるwith LOSERのメンバーが中心だ。
僕がこのアルバムを入手した理由もそこだったし、
そのうえ清志郎が参加しているとなれば尚更である。

はたしてこの曲は、
数ある清志郎のゲスト参加の中でも個人的ベスト3に入るものであった。

作詞作曲は清志郎と小原礼。
小原礼、ちょこちょこと清志郎とは良い仕事をしています。
そして清志郎はコーラスというよりもジュリーとのツイン・ヴォーカルである。

通常だと、当然主役のほうがさらりとゲストをかわすというような事が多いんだろうが、
ここでは違う。
完全にジュリーが清志郎を意識しており、
他では聴くことができないシャウトを聴かせてくれるのだ。
理屈ぬきでカッコイイ。
この2人が並んで歌っているのを想像しただけで昇天ものである。
実際のレコーディングはどうだったのかな?

サウンドストリート21には、久々にこの曲を思い出させてくれたことでも感謝である。
今ではまったく話題にすら上らないだろうし、
それどころか存在すら危ういアルバムであり曲だろう。
しかし、清志郎のファンであれば、何が何でも必聴の1曲である。

沢田研二
EMIミュージック・ジャパン
発売日:1996-11-20

続きを読む

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ