CHABO BOOK 仲井戸CHABO麗市 リットーミュージックムック

これまで何冊の雑誌でチャボの記事やインタヴューを読んできたでしょうか。
代表的なのは、やはり宝島とロッキンオン・ジャパン。
特にジャパン誌に載ったインタヴューは、今となっては…ではなく、
間違いなく掲載当時から貴重で、かつ重要なものが多かったと思います。
もちろん他にもたくさんの雑誌でのチャボを目にしてきましたが、
忘れられない記事のひとつとして、ギター・マガジン2005年12月号があります。
ギタリスト25人の"忘れえぬ、あの瞬間"と題された特集の中に、
麗蘭の結成時のエピソードがありました。

IMG_3835.jpg

ファンに良く知られているのは、某雑誌の対談がきっかけになった云々でしょう。
チャボが連絡先を公平に渡したことから、二人で居酒屋に飲みに行き、
そこから交際が始まった…というものですが、この話は様々なところで何度も語られていますし、
貴重で重要ですが、あくまでもきっかけに過ぎないエピソードです。
しかし、ギター・マガジンの記事はまったく違う視点からのものでした。
当たり前ですが、二人の初セッションを軸にした麗蘭誕生のシーンを回想するもので、
その臨場感たるや、単なる雑誌の記事を超えて優れた短編小説の域に達したものだと思います。
僕は当時、この記事を立ち読みで済ませる予定でしたが、
あまりにも感動したので、購入したという思い出があります。
いや、本当に本屋さんの店頭で泣きそうになったことを思いだします。

IMG_3832.jpg

事務所の応接室での重苦しいミーティング。
チャボが呟いた麗蘭というユニット名。
どんな音楽をやるかまったく決めていない状態で入った神泉のスタジオ。
文章から音が聴こえてくるようなセッションの様子。
CHABOさん、ふたりで歌って弾きまくってツアーに出られますよ!と叫んだ土屋公平。
バンドとギターが好きな二人の素晴らしい瞬間が見事に伝わってきました。

IMG_3833.jpg

こんな記事を載せるギタマガから、チャボの45周年本が出るわけですから、
そりゃぁ期待しすぎるほどに期待していました。
愛器や機材の紹介も興味がありますが、やはりギターという視点からの仲井戸麗市を、
あらゆる角度から深く掘り下げた内容を期待していました。
さらに、事前にギター・テックの鈴木真巳さんのインタヴューもあると知らされていたので、
なおさらここでしか読めない貴重な話が満載だろうと思っていました。

IMG_3834.jpg

結果としては、とても充実した内容だったということは前提ですが、
やはり " ギタマガとしては " 物足りないなぁというのが正直なところでした。
チャボが語ることを読んで感動させられるのではなく、
ギタマガ視点でチャボを捉え、まとめたものに感動させられたかった…という思いです。
マチャミさんや公平のインタヴューをあと5ページ…いや、3ページでいい。
もっと読みたいなぁ…が本音です。

掲載されている写真は素晴らしい!
すべての写真から音が聴こえてくるようです。
しかし、いつの時代でも、どんなギターを抱えていても仲井戸麗市です。
いちばんカッコよく見える角度で持ち、
いちばんカッコよく見えるアクションが決まり、
そのシルエットは決して揺らぎません。
実にカッコいいギタリストであることを再認識しました。

後半に収められたミュージシャンからチャボへのメッセージ。
それぞれがその人らしいものばかりだと思いますが、
たとえチャボを通して自分自身を語っているメッセージであっても、
結局はチャボの姿がハッキリ見え、人柄が伺えてくることが凄い。
中でも小室等さんによるピックのエピソードは、大好きな話になりました。

  人生初のギター・ヒーローがCHABOさんだったことは、
  間違ってなかったし、幸運でした

とは藤井一彦の弁。
最近のチャボはレジェンドなんて言われ方をされたりすることもあるけれど、
ギター・ヒーローというのがいちばん適しているのかもしれないなぁ。
この本を読み、写真を眺め、メッセージを読むと、そう思ってしまいます。
スポンサーサイト

ミュージシャンと猫 2 / 文・佐々木美夏

例えば " ミュージシャンと犬 " でも " ミュージシャンと車 " でも、
" ミュージシャンと海 " でも " ミュージシャンと旅 " だとしても、
同じように仲井戸麗市がそこで取り上げられていたとしたら、
間違いなくその本を手にする僕には、きっとこの本が本当に伝えたいことは、
わからないままなんだろうと思う。
そういう意味では悔しかったりもするんだけれども…。

佐々木美夏
スペースシャワーネットワーク
発売日:2012-03-16

ただし、猫好きでなくても仲井戸麗市ファンであれば、この本は手にする価値がある。
おおくぼひさこさんによるチャボの写真が素敵だから…ということだけではない。
もちろんチャボの自宅と思われる場所で撮影されたそれは、
今まで見たことのない表情を見られるという意味では貴重であり、
必見なのは間違いないけれど。

僕はチャボが音楽以外のことを語るのが好きだ。
読むのも、聞くのも好きだ。
そして常々、そういった話のほうが、
実はチャボの音楽的な何かが伝わるような気もしている。
『だんだんわかった』をはじめ、著書をひとつひとつ挙げるまでもないが、
そこで書かれた、直接は音楽に関係ないエピソードにこそ、
実際に僕はミュージシャン仲井戸麗市のルーツを感じることが多かった。

この " ミュージシャンと猫 " は素晴らしい。
これだけ愛猫を語るチャボは、おそらく僕が知る限り初めてであり、
聞いたことがある話、知らなかった話も含め、とても読み応えがある。
仲井戸家の愛猫の歴史…というか、
ニャニャ、フー、そしてキーちゃんそれぞれの性格の違いや想いを語るチャボ。
あいまには音楽の話も出てきたりはするけれど、それは単語が混ざる程度だ。
でも、ここからは、やはり音楽家としてのチャボがとても伝わってくるように感じる。

ミュージシャンというのは、例えばインタヴューや自伝を読むよりも、
音楽作品を聴いたほうが、その人の資質や本来の姿がわかると思うけれど、
仲井戸麗市に限っては、それは当てはまらないように思う。
もちろん音楽作品からというのは説明不要だが、
僕はこれまで読んできた数々のインタヴューからも、
ミュージシャン、ギタリスト、アーティストとしてのチャボを知ることができた。

言ってしまえば、僕にとって今のチャボは、
話すことや書くことまで、すべてが音楽になっているのだろう。
存在そのものが音楽になっていると言い切ってもいいかもしれない。

もういちど繰り返すけれど、
猫好きでなくても仲井戸麗市ファンであれば、この本は手にする価値がある。

FILT 49

FILT というフリー・ペーパーに、
チャボのインタヴューが載るということで、早速、それを手に入れた。
フリーなので、全体的な内容は良くあるものだし、
僕にとっては、チャボの記事以外は特筆すべきものは無い。

チャボは " Hey!相棒! " という特集で取り上げられていた。
特集ページのトップはブルース・ブラザーズ。
思わず " おおっ! " と盛り上がったが、
特集自体は大したことは無い(笑)。

CIMG8954.jpg CIMG8955.jpg

このテーマから連想したのは、清志郎との関係だ。
そんな話なのかな…と想像しながらページをめくると、
Billboard Live TOKYOの階段で撮影された、
テレキャスを抱えたチャボの写真が飛び込んできた。

相棒というのは、ギターのことであった。

チャボの熱心なファンならば、
新しい話やエピソードはここには無いだろう。
ただ、最近のメイン・ギターであるテレキャスにも軽く触れていて、
更に、RCサクセションにチャボが加入した当時、
" 清志郎から借りたテレキャスを弾いていた… " ということに結びつけている。
しかも " そのころのイメージもまた出てきたりさ… " という発言があった。

そうか、そうなのか、そういうことか。

年末のCOUNTDOWN JAPANにおいて、
何故「エネルギー oh エネルギー」を演ったのか。
あのときのチャボの中には、間違いなく当時のRCサクセションがあったのだ。
だから「エネルギー~」を取り上げ、
「雨あがりの夜空に」を弾いたのだ、テレキャスターで。

短いながらも、あのライヴは 『RHAPSODY』 だったのだなぁ…。

My R&R 仲井戸麗市全歌詞集 1971-2010

あぁ、そうだったのか…。
その曲だったのか…。
そして、やはり94年なんだな…。

実は 『BOYFRIEND』 の最後に載っていたチャボの詩について、
友達からメールをもらっていた。

  チャボの詩のなかの、「君のあの娘が・・」のくだり、
  5月のMANDALAで歌われたときとても心に残ったのですが、
  それがなんの曲だったのかわかりません。
  覚えていますか。

僕は残念ながら記憶に無かった。
しかし、あのフレーズである。
本当に歌われていたのならば、印象に残らないハズが無いだろうと思ったが、
そのライヴというのは、2009年5月22日23日である。
記憶に残っていない曲があるのは、仕方がないではないか…。

     **********

『My R&R 仲井戸麗市全歌詞集 1971-2010』 を手に入れた。

仲井戸 麗市
ロッキング オン
発売日:2010-07

70年代、80年代、90年代、そして2000年代と、10年単位で歌詞がまとめられている。
僕は2000年代から読み始めた。
お馴染みの歌詞から久しぶりに見る(読む)歌詞、そして初めて文字として触れる歌詞。
途中からは、カヴァー曲にチャボがのせた日本語の歌詞が続けて飛び出してくる。
ここは圧巻、圧倒される。
ライヴでは何度か聴いている曲であっても、
ハッキリと文字となって目から身体に入るそれらは、僕のココロを震わせる。
作品化されていないので尚更である。
期待していた「Twilight」も「Hungry Heart」も収録された。
良かった。
特に前者は、個人的にも弾き語りのレパートリーとなっているので、本当に嬉しい。

     **********

南青山MANDALAで行われていた " Monthly CHABO " で披露されたカヴァー曲は、
おそらくほぼすべてが収録されていると思う。
その歌詞のほとんどから清志郎を感じることができる曲たちであったし、
チャボ自身も先日のライヴでハッキリと " 清志郎へ歌っていたんだ " と発言していた。
それをわかっていても、あらためて読むと切ない。
そして、辛い。
どうしたって、その曲を歌うチャボの姿を思い浮かべてしまう。

…なんて、おいおい、今になって再びネガティヴになってどうするんだよ!
昨年5月以降の、一連のチャボのライヴに勇気付けられ、助けられてきたんじゃないか。
そのおかげで上を向いて、前を見つめて歩いてこれたんじゃないか。
大丈夫!
ブルースでぶっ飛んで行くぜ。

     **********

499ページ。
突然、その曲は現れた。

続きを読む

仲井戸麗市 CHABOは歌い続ける ロックジェット Vol.40

ロックジェット Vol.40は、仲井戸麗市の特集号だ。

シンコーミュージック・エンタテイメント
発売日:2010-06-10

1本の新しいインタヴューと、二人のライターによるチャボ論も掲載されているが、
特集と言っても、ほとんど過去のインタヴューの再録であり、
残念ながら、僕が期待していた内容とはまったく違っていた。

ただ、最近(と言っても10年間にわたる…だが)のチャボの発言がまとまっているということでは、
読み応えはあると思う。

  チャボが好きだ

言葉にして、言ってみる。
文字にして、書いてみる。

何も知らない他人から見たら、きっと、とても軽い。
でも、もちろん僕にとっては軽くなんかない。
そして、どこでも誰にでも自信を持って言いきれること。

  チャボが好きだ

ロックジェットを読み終えて思ったのは、
自分にとって当たりまえである、このことだった。

言葉によるロックン・ロール

最近は嬉しいことに、チャボに関する新しいニュースが続けて発表されている。
そんな中で僕が注目しているのが、" MY R&R " とタイトルされた、
ロッキング・オンから出る詩集…いや、詞集だ。

チャボの歌詞集はこれまでにも出版されている。
まずは92年の 『いつか笑える日』 。
71年の古井戸から91年の麗蘭までの歌詞に、
おおくぼひさこさんによる何枚かの写真が挟まれた本だった。

CIMG7860.jpg CIMG7861.jpg
いつか笑える日―仲井戸麗市歌詞集
いつか笑える日―仲井戸麗市歌詞集

続いては2003年にリリースされた2枚のベスト・アルバム購入者への、
応募抽選特典として作られた 『仲井戸麗市 全歌詞集 1971-2002』 。
これは後にライヴ会場やUp&Down.comでも販売され、僕もそこで手に入れた。

CIMG7858.jpg CIMG7859.jpg

チャボはライヴで、ほぼ欠かさずポエトリー・リーディングを行う。
やり始めた当初は、主に自作のエッセイを朗読していたが、
ある時期から、それに加えて歌詞を取り上げるようにもなった。
ただし困ったことに、僕はこの " 歌詞を朗読する " ということに、未だに馴染めていない。

何てったって、半歩間違えれば、新宿で詩集を売ってる人になってた…という人である。
よって有能な作詞家であるから、曲とギターと同様に、その歌詞にも大きな魅力を持つ人だ。
しかし、あくまでもライヴで僕が聴きたいのは曲とワン・セットで…なのだ。
だってさ、「ポスターカラー」とか「慕情」とか「はぐれた遠い子供達へ」なんて曲は、
歌詞を読むだけでなく演奏してくれたらどんなに嬉しいことか…なんだもん。

CIMG7863.jpg

でも、こんな僕でも本としてチャボの歌詞を読むことは好きだ。
昔から、レコードを買ってそれを聴くのと同じくらい、歌詞カードを読むのも大好きだったからね。
もちろん、それは今も同じだ。

実際、『仲井戸麗市 全歌詞集 1971-2002』 は、ある次期の持ち歩き本となっていて、
いつもカバンに入っていたものだ。

さて、今回出版される詞集は、プレス・リリースによれば、音源未発表の新曲4曲に、
カヴァーや提供曲までが含まれているようだ。
これらすべてが楽しみだが、特にカヴァー曲は何が取り上げられているのか…に期待している。
できればザ・バンド「Twilight」とブルース・スプリングスティーン「Hungry Heart」。
この2曲が収録されていることを願いたい。

プレス・リリースには " 40年間綴り続けてきた「言葉によるロックン・ロール」 " ともある。
とても共感する。
例えば、普段の生活の中、しょっちゅう口から出る " 早く帰りたい " という言葉。
僕にとってこれは、まさにロックン・ロールだし。

かっこいい女とBLUES POWER

2005年だからもう5年も前になるのだけれど、
たまたまネットでおおくぼひさこさんについて書かれたブログに出会った。
そのブログの管理人は、LB中洲通信という雑誌の編集をされている方だった。
エントリーはその方がおおくぼさんを取材したことに触れていたもので、
当時の次号(だったかな?)にインタヴューが載るというもの。
そのニュースはとても嬉しいもので、もちろん僕はブログにコメントをしたのだが、
そのことをきっかけに、頻繁では無いけれど今でもやり取りをさせて頂いている。

肝心のLB中洲通信については、僕なんかが説明するよりも、
サイトがあるのでそちらで詳細をご覧ください。

  ※LB中洲通信

当時、バックナンバーをチェックしたら興味深い特集がたくさん組まれていることを知った。
しかも、ブルースの特集としてチャボが取りあげられている号もあった。
チェックが甘かったなぁ…。

もちろん、まずはおおくぼさんの記事が載った号を購入。

●06年2月号/かっこいい女
そう、おおくぼさんはかっこいい女なのだ。
中身は写真入りの充実したインタヴュー。
おおくぼさんのこういった記事は初めてだったので、期待以上の内容に大満足だった。
贅沢を言えば、表紙もおおくぼさんだったら最高だったのだけれどね(笑)。

CIMG7839.jpg CIMG7840.jpg

次にバックナンバーの中から購入したのは、もちろんこれだ。

●03年4月号/BLUES POWER
音楽専門誌ではないので、チャボのインタヴューは切り口などとても新鮮。
特に変化球で攻めているわけではないのだけれど読み応えがあり、本当に楽しめた。
ここでしか聞けないという話は無いかもしれないが、
ここでしか読めないインタヴューだということには間違いない。
何よりも聞き手のチャボに対しての愛が感じられるところが素晴らしい。
※写真も素敵です。

CIMG7841.jpg CIMG7842.jpg

チャボ・ファンには、この2冊を僕は自信を持ってお薦めできます。
是非、読んでみて欲しいと思います。

さて、バックナンバー一覧を見て頂ければわかると思うのだが、
音楽に関する特集も多く、
しかも一人や一組のアーティストに絞っての特集は、ファンには嬉しいものだと思う。

もちろん音楽以外でも面白そうな特集がたくさんだ。
興味があればチェックしてみて欲しい雑誌なのだけれど、そんな人には絶好の機会。
新宿のジュンク堂で、5月末までバックナンバーフェアが開催されている。
先日僕も立ち寄り、あらためて何冊か購入した。その中で良かったのがこの3冊。

●04年1月号/うた、うたうひと
岡本おさみ、阿久悠のインタヴュー。

●04年8月号/強い女
松村雄策さんが語るオノ・ヨーコ。

●05年10月号/SION
読み応え抜群のSION大特集。

CIMG7843.jpg

ちなみに 『06年2月号/かっこいい女』 と 『03年4月号/BLUES POWER』 の2冊とも、
僕が行ったときにはジュンク堂に並んでいました。
チャボ・ファンはこの2冊だけでもこの機会に入手してみてはどうでしょう?

ジャパニーズ・ロック・インタビュー集 時代を築いた20人の言葉

こういったインタヴュー集というのは、
様々な人のものを読めるという反面、それぞれの分量が物足りないということがある。
この本も残念ながらその印象が強いけれど、
思っていたよりもうまく編集されていて、結構な読み応えがあった。
特に鳴瀬善博や加納秀人など、僕が過去に読んだことが無い人は興味深かったし、
中でもジョニー大倉のインタヴューは、かなり面白かった。

さて、仲井戸麗市である。
" 本書に初めて語った、その人生 " " 伝道師達の証言 " と帯のコピーにあるが、
その内容だと、僕にとっては特に目新しい発言や証言は無いだろうなぁ…と思っていた。
チャボ以外の人から読み始めたのだが、その構成を見てチャボに当てはめてみると、
やはり知っている話ばかりだろうな…と。

実際に知っている話が多かった。
ただ、そんな中に気になる発言がひとつだけあった。

  1991年、RCの武道館ライヴはどうでした(注:これは1990年の間違いである。90年が正しい)
  
質問者のこの問いに、チャボはこのように答えている。

  はっきりと俺はここで止まるんだってステージ立ってた
  今日で俺はRCをストップだよって
  ある種、自分で歌った歌でメッセージもしてるんだけど

気になったというのは最後の発言だ。
これにより20年前の疑問というか、引っ掛かりが取れた。
チャボが言う " 自分で歌った歌で " という意味がわかったからだ。

続きを読む

Cut MAY 2009 こんなバンドが見たい!

こんなバンドが見たい!
Cutでのこの特集を知ってからは発売を楽しみにしていた。

Cut (カット) 2009年 05月号 [雑誌]


チャボ・宮本バンド。
まず、半沢克夫撮影の写真が実にカッコイイ!
ワイルドな表情も、優しげな表情もチャボはいい。惚れる(笑)。

特集はアンケート回答に沿ってのインタヴューで、結構楽しかった。
自分にとってのバンドは何か…とか、まぁ定番な質問ばかりなのだが、
その中で " 海外のバンドで入ってみたいと思うバンドを一つ挙げてください "
という興味深いものもあった。

宮本は " 無い " という回答なのだが、チャボは答えているんだよね。
渋谷陽一に " かなりのサービス回答 " と言われている(笑)んだけれど。

それはビートルズの前身バンドのクォリーメン。
ジョンやポールが出会って、きっと一番楽しい時期だっただろう…という理由で、
レノン&マッカートニー&チャボで曲を作りたい…だそうだ。
とってもいい回答だよ、これ。

例えサービス回答だとしても、
今のチャボは素直にこういうことを話すようになっているのだと思う。
そして、僕はこの回答に作為なんてチャボは無かったと信じるけどね。

宮本浩次だけでなく、先日のハンキー・パンキーなど、
チャボ自身とはかなり年齢が離れている人達との交流や、
Monthly CHABOでの同世代を含めた、これまた様々な共演。
何だかこういったことが、チャボに凄く良い影響となっているように思う。

大人のロックと rockin'on、エリック・クラプトンとローリング・ストーンズ

『大人のロック!』 最新号に、
エリック・クラプトンについてのチャボのインタヴューが掲載されている。


日経エンタテインメント
Amazonランキング:591位
Amazonおすすめ度:


全編エリックへの愛情溢れる、実にチャボらしい発言たちには感動だ。

   僕はあなたの音楽がずっと好きです
   新しいアルバムを楽しみにしています

もし、チャボがエリックに会ったら、こう言いたいそうだ。

そしてロッキング・オン最新号。


映画公開直前のローリング・ストーンズ特集。
渋谷陽一、松村雄策、そして仲井戸麗市の三人による、
その映画 『シャイン・ア・ライト』 をテーマとした徹底放談が掲載されている。
結構マジな(笑)内容で、楽しめます。
とにもかくにも映画 『シャイン・ア・ライト』 がとんでもない作品だということが強力に伝わる。
もちろんメインであるキースとミックのインタヴューも必読だ。

映画の中で「JUMPIN' JACK FLASH」のイントロが炸裂する瞬間を、今から待ちきれない。

   死ぬ。かっこよすぎて息が止まる。

粉川しのは、そのシーンをこう書いていた。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ