四年目の二月十日に

あと何日…と日々ここでもカウントダウンしていた。
あんなに待ち遠しい日はなかった。

" 遂に来た " というのは良く使われる表現だけど、
本気でそう思えることは、実はそんなに多くはなかった。
でも、あの日は " 遂に来た " が本気で当てはまった。

あの日の前後の個人的な興奮状態は、それまでの何よりも特別だった。
その特別な夜がパッケージされた作品は、
史上最強のライヴ映像であり、ライヴ・アルバムである。
今後も変わらないだろう。

あの日のことを、普段は頻繁に思い出すようなことはない。
映像を観たり、アルバムを聴いたりということも多くはない。

それでも思い出せる。
簡単に、思い出せる。
詳しく、思い出せる。
すぐに、思い出せる。
細かく、思い出せる。
ライヴ前もその後も、
すべて、思い出せる。

いい日だった。
忘れられないし、忘れない。
スポンサーサイト

ブルーノートブルース 忌野清志郎 LIVE at Blue Note TOKYO -2008-

今年の2月から行われた、追加公演を含む一連の完全復活祭。
もちろんすべてがワンナイト・スタンドであり、
その場にいた人それぞれの中に強烈な印象として残っているだろう。
ただし、嬉しいことに日本武道館でのライヴはDVDとCDになり、
何度も何回も今でもこれからも何時でも何処でも体験できるのだ。
僕にとっても一生モノの宝物。
しかし、その宝物にさえ追加公演があったのである。


それはBlue Note TOKYOでのライヴが映像作品となるという嬉しい知らせ。
こんなニュースならさぁ、
何度も何回も今でもこれからも何時でも何処でも体験したいよね。

続きを読む

復活だぜ!ご機嫌だぜ!熱いぜ!Chaboだぜ!

昨日の晩、完全復活祭のCDを早速PCに取り込んだ。

ところで、ライナーに書かれているのだが、
制作者の意向という理由で、このCDにはトラックNoは付いていない。
しかし、PCに取り込んで驚いた。
曲のタイトルはもちろんなのだが、合間に挟まれるMCにもタイトルが付いているのだ。
しかも、それはこんな感じで。

  ・復活だぜ!
  ・ご機嫌だぜ!
  ・熱いぜ!
  ・Chaboだぜ!
  ・歌うぜ!Chabo

めちゃくちゃ楽しい(笑)。

そんな中、「コーヒー・サイフォン」と「よォーこそ」の前、
チャボによるMC部分はこんな風になっている。

  ・若き日の思い出
  ・キヨシローを呼んでくれ~!

こういったところを見るだけで、あの日を思い出してじ~んとしてしまう。

今日は通勤と帰宅時間、お昼休み、そして今。
一日中このCDが鳴っている。

CIMG6752.jpg CIMG6751.jpg CIMG6753.jpg

P.S.
あくまでもライヴ・アルバムという作品として制作されているので、
実は曲によってはエディットされているし、MCも編集されている。
ただ、映像が無いCDでは、これは大正解だったと個人的に思う。

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 2枚組ライブアルバム -2008-

あまりにもDVDが素晴らしすぎる作品だったので、
当然、音だけになっているCDは、実は舐めてかかっていたのである。

  感動的なあのライヴを外に持ち出せて、いつでも聴けるのは嬉しいなぁ…

程度のことを思っていたくらいで。

『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』。
これは、僕にとっては史上最強のライヴ・アルバムである。
大袈裟ではない。


RCサクセションを始めとして、僕がその場にいた清志郎やチャボのライヴが、
レコードやCD、映像作品となったものは、嬉しいことに少なくないのだが、
そんな中、いちばんの思い出なのが言わずと知れた『RHAPSODY』である。
だからオリジナルのレコードはもちろん、後年の『RHAPSODY NAKED』も一生の宝物だ。
一生の宝物なんて、そうそう人生の中では出てこないモノだと思うし、
だからこそ『RHAPSODY』や『RHAPSODY NAKED』を超えるものは無いとも思っていた。
それは確信でもあったのだが、残念なことに(笑)、このライヴ・アルバムはそれを超えてしまった。

音だけだからこそ、間違いなく感動できることがある。
ライヴの臨場感から言えば、このCDはDVDをはるかに凌ぐ。
映像があるからこそ聴こえなかった…いや、聴こえなくても大丈夫だった音が、
耳を伝って身体全体にまで響き渡る。

何と言っても、NICE MIDDLEがぶちかますヘヴィな音に乗った清志郎のヴォーカルには、
本当にホレボレする。これがロック・ヴォーカリストである。

ツイン・ドラムの分厚いリズムや、
ここぞのポイントに必ず入るホーン・セクションの味付けなどは、
CDで聴いてあらためてその効果の素晴らしさを認識できた。
NICE MIDDLEの音は、最上級で最高である。

また、武道館を360度に埋め尽くしたお客さんの歓声も楽器のひとつであり、
よって皆も一緒に演奏したんだ…と言ってもいいかもしれない。

大音量で聴いて、あまりにも興奮と感動でぐちゃぐちゃ…なのだが、
全曲についてコメントしていきたい気分…なのだけれど、
そんなことしていたら朝までかかってしまいそう…なので、
RCナンバーの2~3曲で終わらせておきます(笑)。

「いい事ばかりはありゃしない」の2分43秒。
遠くから、しかしハッキリと聴こえてくる、チャボによる最初の ねむ~る~だけぇ♪
武道館の空気が変るのがハッキリとわかる瞬間だ。

「君が僕を知ってる」は、
コーちゃんのドラムからチャボのギターが入るイントロから、
清志郎とチャボがお互いに わかっていてくれる♪ と掛け合うラストまで、
これはまんまRCサクセションである。
この世にこの曲以外、何も無くても大丈夫かもしれないほど僕にとっては素晴らしい演奏だ。

ボーナス・トラックで収められたブルーノート東京での「モーニング・コールをよろしく」。
何と言ったら良いのか…言葉が無いですわ(笑)。

1980年。
『RHAPSODY』のライナーにある久保講堂のステージを後ろから写した写真。
清志郎と小川銀次のあいだ、最前列で腕を振りあげている少年は、
2008年、『完全復活祭』のライナーで、武道館のステージを後ろから写した写真、
清志郎と仲井戸麗市のあいだで、両腕をあげている。
『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』。間違いなく、僕にとっての一生の宝物だ。

こんなすげぇ清志郎の完全復活祭に、よォーこそ!

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 -2008-

どんなに好きなバンドやアーティストのCDを買っても、
それを早く聴きたいとは思うけれど、
今はさすがに家まで走って帰る…なんてことはしない。

でも、今回だけは違う。
本当に走った。
会社から駅まで。
駅の構内からホームまで。
電車に乗っても、気持ちだけは走っていた。

当たり前だよ。
だって『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』のDVDを手に入れたんだもの。


帰宅後、DVDを観ることだけに集中するため、
一緒に手に入れたベスト・アルバム『入門編』を流しながらすべての用事を済ませる。


忌野清志郎,忌野清志郎&Char,忌野清志郎&THE 2・3’S,忌野清志郎 Little Screaming Revue,THE TIMERS,DANGER,忌野清志郎&坂本龍一(2008-05-28)
Amazonランキング:300位
Amazonおすすめ度:


ソファに腰掛け、ディスクをセットし、部屋の灯りを消す。
夜だけど構いやしねぇ。
音はできるだけ大きくする。
大きく一回、深呼吸してから(笑)、PLAYボタンを押した。

続きを読む

忌野清志郎 完全復活SP~復活への道ドキュメント(30分ヴァージョン)

ワンセグのケータイに機種変更しても、あまり活用していなかったのだけれど、
昨夜のフジテレビ深夜、「忌野清志郎 完全復活SP~復活への道ドキュメント」を録画予約してみた。
無事に録画できるのかドキドキだったけれど、今朝になって確認したら見事に録画成功!
うーん、これは便利だなぁ(笑)。今後もうまく活用しよう。

ということで、今日の昼休みはこの30分短縮ヴァージョンを鑑賞しました。

CSフジテレビ721放映版は残念ながら観ることができなかったが、
お昼休みのDOUTORで至福の30分を過ごすこととなった。
ケータイにイヤホンをぶっさし、ニヤケながら画面を見つめている男を、
DOUTORのスタッフはきっと気味悪く思っていたことだろう(笑)。

90分の番組がたった30分に短縮されたので、とても両者を比べて云々することはできない。
それでも、あの日の武道館が蘇る…というよりも、当日以上に感動的だった。

  開演10分前で~す

楽屋風景が映されるこの辺りから、映像からも嬉しい緊張が伝わってくる。
そして客電が落とされる瞬間! 

あぁ…。

もう、お昼休みのDOUTORは武道館のアリーナど真ん中三列目となった(笑)。

CIMG6682.jpg CIMG6685.jpg

言葉にできない程に感動的なオープニングの「JUMP」。
「よォーこそ」で清志郎に紹介されるチャボとコーちゃん。
こんなにもとんでもない映像が家で観られることになるのかよ。

2/10へのカウントダウンの再現だ。
5/28まであと1ヶ月! イェーイ!

5月28日

そりゃそうだ。
あのライヴで削れる曲などひとつも無いもんなぁ。

忌野清志郎完全復活祭のDVDが5/28リリースと発表になった。
二枚組に三時間ライヴを完全収録とのこと。
イェーイ!
素直にこれは喜びたい。

特典映像はドキュメンタリーものらしいが、当然こちらは「復活祭への道」だろうな。
僕が予想した内容の半分でもいいから当って欲しいものだ。
もちろん「復活祭中の道」もあれば、なお嬉しいんだけどね。
頼むぜ、ユニバーサル!

さて、同日にはベスト盤CDも発売されるようだ。
オールタイムということで、ユニバーサルだけでなく東芝EMI音源なども収録されるらしい。
ただし、そのおかげで内容が薄まってしまわないことだけを祈る。

だいいちCD一枚で清志郎のソロのオールタイム・ベスト盤を作ること自体が無理な話だもんね。
それならば、「君にだけわかる言葉」やKJLCヴァージョン「プライベート」など、
オリジナル・アルバム未収録曲を期待したいものだ。

それではここで恒例の予想(笑)。
もし、僕がオールタイム・ベスト盤を選曲するならば…。

続きを読む

HAPPY BIRTHDAY KIYOSHIRO!

HAPPY BIRTHDAY KIYOSHIRO!

さて、今日は清志郎の誕生日ということもあり、
編集作業が進んでいるであろう完全復活祭のDVDがこんな内容だったらいいなぁ…
と期待を込めて記念に大胆予想してみます。

最低でも武道館ライヴを中心とした本編ディスクと、
特典映像を収録したディスクとの二枚組にして欲しいことが大前提ですね。

     **********

【Disc-1(本編ディスク)】

もちろん衝撃的であり、感動的でもあった例のオープニング映像からスタートだ。
流れを切らずにライヴへなだれ込んでほしいため、
完全復活の文字と共に三宅伸治の「JUMP」のイントロをかぶせて前説は編集でカットする。
あれが無いと…というファンもいることは承知だが、
無いほうがスッキリとするし、感動的になるというのが僕個人の感想です。

「JUMP」とメンバー紹介が入る「デイ・ドリーム・ビリーバー」は入るとして、
この二曲に挟まれた『夢助』ナンバーはどれをとっても良いのだけれど、
個人的には「ダンスミュージック☆あいつ」と「NIGHT AND DAY」が欲しい。

そしてDVD最大のハイライトとなるであろう「いい事ばかりはありゃしない」。
あのチャボの登場シーンをどう編集するのか。
僕としては、清志郎がイントロを弾いているあいだ、
同時にステージに向かうチャボの姿をカメラが追いかけ、
ストラトキャスターを手にして出て行くまでを映し出す…というシーンなんかを観てみたいもの。
とにかくこの曲のシーンは、今から最大限に期待している。

中盤のRCナンバーは「君が僕を知ってる」「ぼくの好きな先生」「多摩蘭坂」だと思う。
「チャンスは今夜」と「私立探偵」は外れるんじゃないかなぁ。
また、清志郎が映らないとはいえ、チャボの歌う「コーヒー・サイフォン」は固いと思う。
「チャンスは今夜」が外れると思う理由のひとつは、こちらが入るから…ということです。
ただ、この曲の演奏の出来は、武道館よりも京都会館のほうが良かった。
よって本編ディスクからは外れ、京都会館ヴァージョンが特典ディスクに…というのもアリだ。

もちろん忘れていないよ「毎日がブランニューデイ」。
この曲の収録は確実だろう。

さて、本編終盤の選曲は難しい。
「GOD」以降はすべて収録されてもおかしくないし、それどころか外せる曲が無い。
「スローバラード」「激しい雨」「ドカドカうるさいR&Rバンド」「キモちE」「Baby何もかも」。
無理して外すとしたら「ドカドカうるさいR&Rバンド」か「キモちE」か。
そうそう、「激しい雨」では、RCのレコード・ジャケットの演出もうまくかぶせて欲しい。

アンコールは「よォーこそ」と「雨あがりの夜空に」で決まりだ。
最後の「LIKE A DREAM」をどう収録するのかは、楽しみに待っていたい。

エンド・ロールは実際のライヴと一緒のものだろう。
ラスト・シーンはリハのスタジオで撮影されたと思われる、あの素敵な集合写真でジ・エンドだ。

以上が大まかな本編となる…ような気がする(笑)。
次は特典ディスクに行ってみましょう!

続きを読む

NEWS23 金曜深夜便・筑紫対談 忌野清志郎 2008.3.28

3月28日のNEWS23「金曜深夜便」に忌野清志郎が出演した。

NEWS23と清志郎の繋がりは長い。

1992年 「NEWSを知りたい」番組エンディング・テーマに / 筑紫キャスター真夜中ひとりだけのライヴ
1999年 パンク版「君が代」をめぐり特集
2000年 ライヴ・ハウスの旅 密着
2000年 「目覚まし時計は歌う」選挙のイメージ・ソングに
2004年 「目覚まし時計は歌う」選挙のイメージ・ソングに
2005年 デヴュー35周年 記念特集

このように、番組中でも簡単に清志郎が出演したプログラムを紹介していた。
番組には井上陽水の「最後のニュース」という最高のテーマ曲があったが、
清志郎2・3’s時代の「NEWSを知りたい」も最高のテーマ曲のひとつだったと思う。
当時、NEWS映像のバックに流れるこの曲で一日が終わる…というのは、
個人的にとても好きな時間だった。

さて、今回は筑紫哲也との対談のあいだに、完全復活祭の映像がいくつか挟まるという構成。
現在はDVD化に向けての制作・編集作業が進められているだろうが、
映像を断片的でも観てしまうと、やはり発売が待ちきれなくなるものだ。

武道館でのライヴが中心だったが、京都での追加公演で筑紫さんが前説をやったシーンもあった。
おそらく作品として発表される際には、武道館以外のシーンも挿入されるか、
またはドキュメンタリー的にボーナス映像としてまとめられるか…など、期待が膨らむ。
もちろんライヴのオープニングで流された衝撃的で感動的な映像も収録されるだろう。

特に新しい話題やエピソードを聞くことができたわけではないが、
完全復活祭後の、元気そうな清志郎を観ることができただけでも嬉しい。

番組の冒頭で、完全復活祭をやったときの印象を聞かれた清志郎は、
最初はやっぱり緊張した…と答えていた。
ステージのMCでも、一人の人間としての本音とも思える言葉を聞くことができたが、
そういったことを感じたとしても、やはり僕にとっての忌野清志郎はスーパースターだ。
今までも、そしてこれからも。

the TEARS OF a …

やはり「雨あがりの夜空に」だった。
バンドで演奏する曲として完全復活祭のラスト・ナンバーに持ってきたのは、
どうしたってこの曲だったわけだ。
あの日、京都の夜
この曲でのチャボのパフォーマンスは、今まで僕が観たことが無いようなものだったが、
色々な人のレポを読んだり話を聞いた限り、それは皆も感じていたようだ。
チャボは何か特別な思いでプレイしていたことは間違いないだろう。

これだけでも十分に感動的なのだが、
実は演奏が終了した後に、
チャボが涙していた…と書いている人がいることが気になっている。
僕の席も、メンバーの表情が肉眼で十分にわかる位置だったのだけれど、
こればかりは気付かなかった。

チャボ自身、清志郎が歌うこと、
そして一緒に演奏できることを本当に心待ちにしていたに違いない。
思えば清志郎が色々と飛び入りを始めた頃から、
チャボは自分のライヴなどでも、清志郎についてのコメントをしていた。
回復しているぞ、元気だぞ…って。

思えばチャボは、あれ以来ずーっと清志郎についてのコメントをし続けてきたような気がする。
もちろんそれは派手で大きなものでは無かったけれど、
少なくともチャボのファンの前では、常に経過を知らせてくれていたはずだ。
単に回復しているというだけでなく、一緒にライヴに行ったとか野球を観に行ったとか。
しかもチャボ自身の口で伝えてくれていたのだ。

これは安心するでしょう。
僕は安心した。
安心したはずだよね、みんなも。
そうだろう?

そして、実際に清志郎復活の見通しがたったこともあったのだろう。
2006年の年末、麗蘭のライヴで「雨あがりの夜空に」を歌ったのだ。
“ 来年はあの声でこの曲を聴けるぜ ” との力強い発言と共に。

明けて2007年の2月。遂に札幌で共演を果たす。
「雨あがりの夜空に」が演奏されたことは言うまでも無いだろう。
この後は皆さんご承知の通り、いくつかの共演を経て、2008年の完全復活祭となった。

続きを読む

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ