忌野清志郎ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂 Love&Peace 2016.5.7

忌野清志郎ロックン・ロール・ショー。
今年の開催は5月2日ではありませんでしたが、既に6年目になりました。

IMG_5303.jpg

僕がこうした清志郎トリビュート的企画に参加したのは、
2010年のARABAKI ROCK FESTが最初でした。
1年目の命日をどう過ごそうかと思っていたときに、
ARABAKIのこの企画にチャボの出演が発表されたのがその理由です。
今となっては出演者ごとの細かい内容の記憶は薄くなりましたが、
演奏される数々の曲の名曲度の高さに感動しながらも、
それらが清志郎のヴォーカルで歌われてはいない違和感と、
何よりもこうしたライヴが開催されていることが理解できない違和感で、
当たり前ですが心から楽しめるものではありませんでした。
しかし、チャボのパートだけは、その登場シーンを見て心がふるえた感覚から、
「雨あがりの夜空に」セッションラストの " キヨシローッ! " の叫びまで、
ハッキリと思い出すことができます。

そして2011年から始まった忌野清志郎ロックン・ロール・ショー。
これには毎年欠かさずに参加しています。
5月2日に清志郎の曲たちとこうして過ごせるならば、
ましてそこに仲井戸麗市がいるのであれば(2013年のみ不参加)、
やはり自分がいるべき場所であろうという想いです。

ARABAKI当初は複雑だった自分の想いは、
毎年の忌野清志郎ロックン・ロール・ショーによって少しずつ、
しかし確実に変わりました。
自分の想いに重なる寂しさや切なさの高い比重が徐々に減り、
反対に楽しさや嬉しさが増えてきて、今は素直に楽しめるようになっています。
2010年5月2日にARABAKIでチャボを観たことが、
その後のロックン・ロール・ショーへの参加に引き継がれたことを考えると、
あの日にあの場を選んだことは、自分にとっては間違いではなかったと思っています。

こうしたライヴに集まる清志郎ファンだけでなく、
演奏する側も、それぞれが清志郎への様々な思いを抱いているはずです。
しかし7年と言う時間の経過により、少しずつであっても、しかし確実に双方が、
忌野清志郎の音楽という中心に向かってひとつにまとまってきているように感じます。

野音でチャボは " 曲を作った奴はそれを聴いてもらえるのが一番嬉しい " と、
" だから清志郎も喜んでいると思う " と言っていました。
これも7年の経過があっての言葉だと思いますが、尽きる一言でもあると思います。

清志郎が残した素晴らしい音楽を後世に伝えていくためには、
演奏し、聴くこと。
演奏し続け、聴き続けることです。
忌野清志郎ロックン・ロール・ショーは、
そのための最良のもののひとつであることは確実に言えると思います。

IMG_5304.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

忌野清志郎ロックン・ロール・ショー渋谷公会堂 Love&Peace 2015.5.2

ARABAKI ROCK FES.や武道館、渋谷公会堂と場所はそれぞれでしたが、
5月2日をこうして過ごすのも6年目になります。
当初は複雑だった自分の想いは時間の経過によって…と言っても、
徐々にというのが正直なところですが、
間違いなく言えるのは、2015年の今は確実に変わったことでしょうか。

毎年感じることですが、この日の自分の想いに重なるモノがどんな形で出るのか。
それは悲しみや寂しさか。
それとも楽しさや嬉しさか。
この日は、ひとことで言えばハッピー、幸せでした。

正直、切なくなる瞬間もありました。でも、楽しさが上をいきました。
本編で細野さんが歌った「幸せハッピー」
どうだ、どうよ、幸せだ、ハッピーだ…と。
やっぱりこれだろう…と。
この清志郎の歌詞が響きました。
そうだ、そうよ、やっぱりこれだよ…と。

清志郎の音楽、そして音楽仲間と一緒に過ごした時間の、何と幸せだったことか。
清志郎の音楽は素晴らしいという表現を心から発せられることの素晴らしさ。
しかも笑顔で。
6年の時間は、僕だけでなく出演者達にも変化を与えているはずです。
悲しく寂しく演奏し、歌った人はいないと感じました。
笑顔で清志郎の音楽を楽しみ、演奏し、歌っていたのではないでしょうか。

CIMG8801_convert_20150506125659.jpg

いきなり「よォーこそ」をフルサイズで、しかもシブコーで聴くこと。
トータスのリード・ヴォーカルも、そしてメンバー紹介も自然で違和感がなかったし、
何より " ギター弾くしかのうのないヤツ " と紹介されるのが仲井戸麗市であること。
盛り上がります。

ハウス・バンドは仲井戸麗市の他、Dr.kyOn、湯川トーベン、古田たかしの強力なメンバー
中でも目立つことなくリズム隊に徹していたトーベンとしーたかには大きな拍手。
※風小僧通信 2015.5.2
やはりいなくちゃ…のBULU DAY HORNS、梅津和時と片山広明の参加も嬉しいことです。

ゲストで印象に残ったのは、まずは曽我部恵一。
今年のARABAKIでのステージを引き継いだかのようで、
特に「山のふもとで犬と暮らしている」は聴きものでした。
僕は清志郎本人の歌唱でも聴くことは少ない曲だったので、
それだけで嬉しいことでもありました。

チャボは「エネルギー oh エネルギー」をロックン・ロールしてくれましたが、
その前に梅津さんと二人で「ベルおいで」を歌いました。
渋谷です。
チャボが清志郎と出会った街です。
毎回あることですが、ここでチャボが演るFor清志郎のライヴらしいシーンでした。

おそらく、今回の出演者の中でいちばんの期待を持たれていたと思われる井上陽水。
「帰れない二人」と「忙しすぎたから」を弾き語ります。
聴き惚れました。
特に後者を紹介するときの、このMCです。

 リンコワッショイが作詞し、肝沢幅一が曲を書き、破廉ケンチが歌っている

あぁ、RCサクセションだ…と感じ、グッときた瞬間でした。

最後に全員で演奏した「雨あがりの夜空に」では、
何と細野さんと陽水までが出て来たのには驚きましたし、
その「雨あがり〜」を〆たのが陽水のジャンプというのが、
おそらく二度と観られないであろう楽しいサプライズでした。

渋谷の街。
RCサクセションの街。
青い森、ジァンジァン~屋根裏、渋谷公会堂を想像できる2時間でもありました。

※RO69 6回目の「5月2日」CHABO、陽水、民生らが歌った忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー!

続きを読む

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~#1 入門編~

既発の映像が多いとか、未発表映像が少ないとかを思った瞬間はあります。
ただ、スクリーンの中で歌う忌野清志郎の姿を見て声を聴けば、
そんなことは関係なくなってしまいました。

IMG_2729_convert_20150222181156.jpg

2008年の完全復活祭、そして83年の箱根での映像で構成された「よォーこそ」。
ライヴのオープニングを飾る世界一のこの曲だけで一気に盛り上がります。
続く84年のRCサクセションによる「ベイビー!逃げるんだ。」。
この1曲の映像だけで、既に満足感でいっぱいになる自分がいました。
数あるRCのシングル中、その知名度の割には好きの度合いが低い曲ですが、
ここでの演奏は何といったらよいか、圧倒的なパフォーマンスでした。
数分間、スクリーンを見つめただけで、何かから解放されたように感じました。

RCサクセションの凄さは実際に生で体験してきましたし、
活動休止後も、機会があるごとに感じてきましたが、
何だかここで初めて知って触れたような印象を持ったのは、
もしかしたら僕自身が清志郎やRCに対して、
無意識におさえていたものがあったのかもしれません。

IMG_2733_convert_20150222181221.jpg

僕には自分にとっての清志郎がハッキリとあります。
ひとことで言えば、ロックン・ロールとラヴ・ソング。
僕にとっての忌野清志郎は、これに尽きます。
これは自分で見つけ、自分で選び、自分で手に入れたものです。
誰かから与えられたものではありません。
でも、それは世間に発信されている像やイメージと違うことも少なくなく、
そのギャップは大きく…いや、それはギャップというよりも、
まったく違う人のことが語られている気さえすることもあります。
こういったことで感じていた違和感や不満などといったものを、
2015年に見る1984年のRCサクセションで歌う清志郎が、
すべて吹き飛ばしてくれたのだと思います。
そう、思い出させてくれたということではなく、吹き飛ばしてくれたのです。
冒頭で僕に確信をくれた清志郎は、そのまま最後まで歌い続けてくれました。

365%、完全に幸福…というフレーズで、この素敵な映画は終わります。
「毎日がブランニューデイ」。
忌野清志郎と仲井戸麗市、二人の共作としては最後になったという曲。
チャボの " 嬉しい結末にしたいね " という依頼に清志郎が用意したフレーズ。
清志郎が書くこうした類の曲の、たとえば歌詞の「僕」を清志郎に、
「君」をチャボに置き換えて聴くということを何度したことか。
言うまでもなく、僕にとっては不滅のロックン・ロールであり、
不滅のラヴ・ソングなのです、365%の。

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 渋谷公会堂 Love&Peace 2014.5.2

先日のARABAKIもそうでしたが、こうしたライヴを素直に楽しめるようになったことは、
自分の中の、決して小さくない気持ちの変化です。
その、楽しめるようになった理由は、まずは5年という時間と仲井戸麗市です。
さらに、おそらく最大の理由として挙げられるは、
今夜のライヴで僕が感じたものになるでしょう。
それは清志郎の、そしてRCサクセションの音楽を、
色々なミュージシャンが言葉や文章ではなく、
音楽として僕に提示してくれているから…ということです。

もう清志郎は何も言いません。
今、清志郎がいたら…を想像することは容易いですが、
そのことに大きな意味を僕は見つけられることができません。

でも、しかし、ただし…。

忌野清志郎の音楽は饒舌です。
RCサクセションを必死で聴いていた1980年代ティーンエイジャーだった頃はもちろん、
そこからずいぶん遠くに来てしまった2014年の今に至るまで、
僕は清志郎の音楽で喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、
僕は清志郎の音楽で笑い、感動し、勇気をもらい、癒しを与えられ、
僕は清志郎の音楽で悩みから立ち直り、あの娘を愛し、育ち成長してきました。
音楽にしかない音楽のマジックがあることを知り、
音楽が人を変える力があることを知りました。

清志郎の、RCサクセションの曲は素晴らしいです。
この想いが今夜のライヴを観てのすべてです。

CIMG7262_20140502230614d75.jpg

会場は前回までの武道館ではなく、渋谷公会堂。
RCや清志郎への思い入れを考えれば、僕にとっては武道館と日比谷野音に並ぶ会場です。
もうCCレモンホールというふざけた名称ではありません。
堂々と渋谷公会堂の文字が輝いていました。

『BLUE』が好きだ…というトータス松本は、
「あの娘のレター」や「よそ者」、そして「Oh!Baby」などを歌います。
以前もやっていた「あの娘~」での " ポリ公 " をノイズで消すネタも披露。
トップバッターとして最適の人選と選曲で、会場は一気にあたたまりました。

二番目に、いきなりチャボが紹介されます。
早いんじゃないの…と思いましたが、本当にチャボが出てきました。
「ボスしけてるぜ」「ぼくとあの娘」「まぼろし」
「けむり(short ver)」「夜の散歩をしないかね」。
以上5曲。

終わってみれば、出演した中ではこのチャボのパートだけは異質でした。
曲のタイトルからの想像では、あの場の雰囲気は伝わらないと思います。
まるでポエトリーのようなMCで発せられるいくつかのフレーズと固有名詞。
宮益坂、屋根裏…といったお馴染みのものから、
清志郎というポエムと出会った街…といったこれまでにないものなど、
チャボのポエトリーに慣れている僕にも、かなり独特な印象でした。

ギターもヴォーカルもラフで、決して丁寧なプレイではありませんでしたが、
演奏と歌の全編に流れ、溢れる切なさが凄かったな。
渋谷で清志郎を、RCを歌うチャボは、明らかにモードが変わります。
中盤で、RCを応援してくれたチャーへの感謝、
そして清志郎を発掘した奥田氏への感謝の気持ちを表した(いきなりで驚いた)こともあり、
自身では感情をおさえていたのですが、
「夜の散歩~」のイントロを聴いた途端、その感情が全開になりました。

5月2日にチャボが清志郎の名のもとに演るライヴです。
この日だけはこんな風になる自分でいいと思います。

真心ブラザーズの「わかってもらえるさ」「よごれた顔でこんにちは」のシングル両面。
奥田民生とCharの「S.F.」も聴きごたえがありました。

最後は全員で「つ・き・あ・い・た・い」のセッション。
よい意味での適当さがあって、Charがミスするなど演奏もヨレた部分がありましたが、
観ていて楽しかったです。最初に書いたように、こうして楽しめることが大きく、
そして嬉しいことでもあります。

アンコール的にダイナミック・ライヴとタイトルされた、
清志郎の過去ライヴからチョイスした映像が流れて終了。
全体では短く感じられましたが、2時間半ほどでしたでしょうか。

20140502.jpg

忌野清志郎の音楽は素晴らしい。
5月2日をここ渋谷で過ごせたことは本当に良かった。
ありがとう。

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace 2013.5.2

ステージには仲井戸麗市も新井田耕造もいない。
そこに個人的な想いをぶつければ、
そして前回、更に前々回と比べれば、正直、とても残念に感じる。
しかし、あれから既に4年が経つ。
この間、かわらない想いとかわった想いとが僕の中にはある。
4年という年月は、決して短くはない。
だから残念に思う一方で、明らかに楽しめていた自分もいる。

CIMG4744.jpg

個人的な思い入れを排除し、客観的にみれば素敵なライヴだろう。
だってこれは、5月2日という日に、
清志郎サイドがオフィシャルに関わり、
日本武道館で行われるロックン・ロール・ショーなのだ。
清志郎の曲をこうして楽しみ、
清志郎の曲にあらためてふれて、
その素晴らしさに圧倒され、堪能できるのである。
5月2日に武道館で出演者とお客さんで共有する時間は、
やはり悪いものではない。

個人的なベスト・アクトは及川光博だった。
あの場で自然体で自分を表現し、清志郎への想いも出し、
お客さんを楽しませるという点ではダントツだったと思う。

奥田民生は選曲が光るなぁ。
変化球を投げているわけではないのだ。
誰もが知っている曲を演るのだが、おおっ!と感じる曲を選ぶのである。
今回は「サラリーマン」と「あきれて物も言えない」だった。

楽しみにしていた佐野元春は、いきなり二番目に出てきて驚いた。
しかも「デトロイト・メドレー」を始めたのでどうなることかとヒヤヒヤしたが、
元春らしく歌われた「トランジスタ・ラジオ」はなかなかの出来だと思った。
アレンジはほぼRCそのままだったが、ヴォーカルが佐野元春していて新鮮。

昨年のスティーヴ・クロッパー、そして今年のサム・ムーアの出演は、
清志郎が知ったら嬉しいと思うに違いないだろう。

ラストの「雨あがりの夜空に」。
この曲の大きさをあらためて感じ、なおかつ切なさも感じた。
この曲に切なさを感じるようになったのは、いつからだったか。
今後もこの想いは変わることがないように思う。

「2時間35分」で1日をスタートさせ、
そのまま昼間はRCサクセションを聴き続け、
夜は武道館でロックン・ロール・ショーを観て過ごす。
毎年、5月2日をこうして過ごすのも悪くない。

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace 2012.5.2

ライヴの構成や時系列での様子はこちらにまとめられていますね。

・忌野清志郎ロックン・ロール・ショー日本武道館Love&Peace(RO69)
・恒例忌野清志郎R&Rショー、今年は33曲4時間半に(ナタリー)

CIMG0211.jpg

こういう類のライヴに対しての僕には、
出演者の清志郎に対する想いよりも、自分のそれが最大限に優先される。
ただ、他のファンの声は興味があるから、
ライヴ後はかなり細かくネットやツイッターで追いかけるけれど、
単にそれだけであり、自分の想いや気持ちが変わることはない。

昨年に続いて開催された5/2武道館ライヴを観て感じたのは、
来ていたファン、来なかったファンひとりひとりに、
そして出演者ひとりひとりに清志郎への想いがあるのだ…という、
そんな当たり前のことだった。

そしてもうひとつ、僕の中でのRCサクセションの曲のとんでもなさだ。
昨年も感じたことだけれど、
ハウス・バンドのメンバー構成からも選ばれる曲がRC色が強くなるし、
しかもアレンジもオリジナルに近いし、
しかもしかもそれを演奏するのがチャボにコーちゃんに梅津さんに片山さんなわけで…。

誰が何を歌っても揺るぐことが無い不滅を感じた次第だ。
特にcharaが歌った「指輪をはめたい」は、
そのヴォーカルだけがRCサクセションとかけ離れていたからこそ、
浮かび上がるものも僕にとっては大きかったのだろう。
あのイントロをチャボが弾いた瞬間から感動してしまった。

     **********

仲井戸麗市は「いい事ばかりはありゃしない」を歌った。
昨年のスペシャルな「激しい雨」に比べればこの曲は、
清志郎が亡くなる前から二人の共演や関連ライヴで歌われる定番だったから、
もしかしたら、もっと他の曲を…と思ったファンもいたかもしれない。
でも、僕にはこの曲でオッケーだった。
いや、この日はこの曲でしかあり得なかった。
この曲をこの日、チャボにはキメて欲しかった。

2008年2月10日の日本武道館での感動的な演出。
2009年6月の南青山MANDALAでの、あまりにも痛々しいワン・マイク。
2009年7月25日の苗場での、魂の歌とギター。

これを実際に観て聴いたし、話に聞いたし、TVで確認して知っているから、
少なくとも僕にとっては「君ぼく」とは別の意味で特別な曲になっている。
特別な…というよりも大切な…が近い。
そんな大切な曲をこの日に聴けて本当に良かったよ。

2011年7月9日

2011年7月9日の土曜日。
本当ならば、この日は日比谷野外大音楽堂に、
忌野清志郎の声が響くはずだった。

     **********

2006年8月20日に野音で行われるはずだった清志郎のライヴが中止になった。
このときは、ファンだけでなく野音も一緒に願っていたことが叶い、
2008年9月6日に、野音のステージに清志郎の歌声が戻ってくるはずだった。
しかし、2008年の7月14日が来てしまう。
そして再び中止…。

" 二度ある事は三度ある " なんてことを昔から聞いているけれど、
僕自身、これまでの人生で実際にそれを体験したことなんて一度も無い。
それが、まさかこのようなことで、清志郎のことで体験するなんて…。

     **********

関東地方でも梅雨が明けたこの日。
東京の真ん中を散歩することにしていた僕は、予定に無かった行動をとることにした。
日比谷公園に足を運んでみることにしたのだ。

CIMG9624.jpg CIMG9628.jpg CIMG9627.jpg

土曜の昼間だけど、この暑さだからか、そんなに人は多くない。
おかげで散歩するには最適だった。

日比谷公園に来たいうことは、もちろん単なる散歩ではない。
向かう場所はひとつだ。

入口周辺には、誰もいなかった。
人の気配も、まったく無かった。

凄くいい天気。
これ以上無いという程の、夏の日差し。
かえってそれが寂しさと切なさと悲しさを呼ぶ。
まだ夏が始まったばかりだというのに。

CIMG9630.jpg

入口は開放されているが、もちろん会場の中には入れない。
でも、閉まった門の前に行けば中を見られるので、様子を伺うことはできる。

入口を通って、まずは右側へ行く。
ここはステージ正面になる。
目に入るのは座席表だ。

CIMG9632.jpg

野音で観るライヴはCブロックが多かったなぁ…なんてことを、
座席表を見ながらぼんやりと思っていた。

そして入口前に戻り、左側へ行く。
こちらからは、門の前の柵に上れば、ステージを見ることができる。

当たり前だが、誰もいなかった。
ステージにも、客席にも。
今日、ここで予定されていたことの気配すらも、
まったく感じられなかった。
だいいち、僕がこの場にいた時間、
周りで人を見ることがなかった。
歩いている人さえ、いなかった。

静かだ。
とても静かだった。
セミの声も聞こえない。
期待で膨らんだ開場前の空気もない。
ヤキソバとビールの屋台もない。
リハーサルの音も漏れてこない。

続きを読む

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace 2011.5.2

客電が消えると、RCサクセションの「ロックン・ロール・ショー」のイントロに乗って、
ステージ正面上部の3面スクリーンに清志郎の映像が映る。
その映像は、清志郎が自転車で武道館へ到着し楽屋へ向かうシーン。
そして準備からバンドのメンバーとステージへ…という編集がされていたのだが、
楽屋以降のシーンが凄かった。
その理由は、映されていたのが80年代のRCサクセションだったからだ。
要するに、RCの武道館ライヴのオープニングという演出だったのである。
もう、この時点で僕は興奮していた。
メンバーがステージへ。
続いて清志郎もステージへ向かう。
このまま本当にRCの武道館が始まればいいのに…と思った。

さて、映像からは清志郎のいつもの定番MCがいくつか流れたのだが、
一際大きく " オッケー、チャボ! " が聞こえた瞬間、
3面スクリーンの中央にチャボが映し出された。
カメラはチャボの手元…ストロークする右手を映す…と同時に右手が振り下ろされ、
「雨あがりの夜空に」が始まった。
何という劇的で痺れるオープニングだ!
あまりのカッコ良さでハッキリと記憶していないけれど、
ヴォーカリストとして斉藤和義、浜崎貴司、宮沢和史、ゆず、奥田民生らがいたと思う。

いきなりの「雨あがり~」も驚いたが、次がまた凄かった。
コーちゃんのドラムに乗って、あのイントロが始まった。
正直、イントロだけでまた終わるんだろうな…と思ったのだが…。

あれだけ聴きたかった歌詞。
今度こそ歌ってくれるのかと期待していた歌詞。
そのたびにはぐらかされてきたのだが、この日チャボはそのまま歌いだした。

  季節はずれの 激しい雨が降ってる♪

「激しい雨」が、遂にチャボによりフルで演奏されたのである。
この日のライヴは、このアタマの2曲で決まってしまった。

  RCサクセションがきこえる、RCサクセションが流れてる

" 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace " は、
まさにこの歌詞どおりのライヴとなった。

CIMG9311.jpg

以下、パンフに掲載されている順番で、出演者について個人的感想を短く記しておきます。

・泉谷しげる
今回はアリーナ席中央にサブ・ステージが作られており、
ハウスバンドとセッションしないゲストはここで歌った。
泉谷はサブ・ステージのトップ・バッターだった。
「雨あがり~」を途中まで演った後、「サマータイム・ブルース」を。
アドリヴでお台場に原発を作れという歌詞を加えて受けていた。
その後、泉谷らしいアカペラ(?)で「ラヴ・ミー・テンダー」を歌った。

・奥田民生
昨年のこの日にもARABAKIで歌った「スローバラード」を熱唱。
去年と違うのは、バックで聴こえるギターが、あの音だということである。
もう1曲は、チャボのトリビュート・ライヴで歌った「チャンスは今夜」。
二曲とも盛り上がっていたが、個人的にはこの日だけの新しい曲を聴いてみたかった。
ちなみに「チャンスは今夜」の間奏前のブレイクで、チャボが " コーちゃん! " と叫ぶ。
僕にとっては重要なシーンであった。

・金子マリ
RCのライヴでも持ち歌だった「ラッキー・ボーイ」。
これは予想の範囲内だったが、もう1曲が凄かった。
まずは、何とチャボが紹介して金子ノブアキとkenkenが登場する。
この二人をリズム隊とし、金子ファミリーで何を演るのかと思ったら…。
チャボがいきなりあのイントロを弾いた。
「よォーこそ」を除けば、ライヴのオープニング・ナンバーとしては、
ベストだと個人的に思っている曲、「MIDNIGHT BLUE」が演奏されたのである。
この日のハイライトのひとつだった。感動で震えたよ。

続きを読む

2年目の5月2日に

晴れた。良かった。

もう2年か…。早いな。
去年のこの日はARABAKIでチャボと過ごした。
今年のこの日は武道館でチャボと過ごす。

そりゃぁ悲しいさ。今でも悲しみの大きさは変わらないよ。
でも、ネガティヴに思ったりマイナス思考に陥ることは、僕は無い。
だって、チャボが " FOR清志郎 " で出演するライヴなのだ。
チャボがいれば、きっとすべてがポジティヴでプラスになるはず。
そのことをこれまでも僕は体験しているから、今日もそれを信じているよ。

LP.jpg

" 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace "

今さらながら、清志郎とロックン・ロール・ショーと武道館が並んでいるのは、
個人的には、大いに盛り上がるタイトルだな。

さて、そろそろ出発の準備をしよう。

忌野清志郎スペシャル・メッセージ・オーケストラ

FUJI ROCK FES.に行かないとはいえ、
やはり " 忌野清志郎スペシャル・メッセージ・オーケストラ " でのチャボは気になる。
観に行く友人達に、一言でもいいから終わったら速報を…とお願いした。
とにかくチャボの様子を教えて欲しい…と。

15時50分頃、Sさんから " 今、苗場に着きました " と電話があった。

  " 浅野忠信とCharaが離婚するらしいけれど、何も同じ日に発表しなくてもいいのにねぇ "
  " しかも清志郎と同じレコード会社だし、自分も出演するわけでしょう "

実にスポーツ紙記者らしい話題だが、確かにその通りだと思う。
まぁ、そんなことは清志郎ファンにはどうでもいいことだし、気になんてしないだろう。

ライヴは、RO69…rockin'onの各ブログで、ほとんどリアル・タイムでメニューを知ることができたし、
誰が何の曲を演奏したのかも、大体ここで掴むことができた。
今では当たり前になっているとはいえ、
このようにほとんど同時にライヴの様子がわかるというのはありがたい。

渋谷陽一のブログを見た限りでは、出演前のチャボは元気そうだった。
ゲストが多いからどうなんだろうと思っていたけれど、バンドはNICE MIDDLEだし、
泉谷しげるや浜崎貴司のように、最近のチャボに近い人が多いことも幸いしただろう。
良かった。

さて、友人からの速報は、20:51に第一報を頂きました。
これ、ほとんど終了直後なんじゃないかな。ありがとうございます!

  チャボは清志郎のギター使用!
  唄やギターやアクションにとても思いがこもってました。
  すごく良かったです!

そうか、このライヴで清志郎のギターをチャボは弾いたのか…。
その話を聞いただけで何だか胸がいっぱいになるなぁ。
使ったのはハミングバードかなぁ…。
この件も含めて、そのうち詳しい情報は入ってくるだろう。

とにかく今は、早く次のチャボのライヴが観たいと思っている。
それだけだ。


※追記
 もちろん他にもチャボの様子を教えていただいた方々がいます。
 この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ