季刊山陰 No.29 浜田真理子 ためいきのいろ 最終回

帰宅したらポストに見慣れた封筒を見つけました。
忘れたころに遠く島根県から届くそれは季刊山陰。
2010年から浜田真理子の連載エッセイが始まったための定期購読です。

何て事のない島根日日新聞社の封筒ですが、
疲れた身体も心も気持ちも吹き飛ばすにじゅうぶんで、
早速、封を開けました…が、その目に飛び込んできたのは驚きの文字。
ひとつは " ブルー・スピリットブルース " 。
浅川マキの曲のタイトルであり、かつ僕のツイッター・アカウントです。
ただし、先日、真理子さんはWEB本の雑誌の連載でもこのタイトルで書いていたので、
驚いたとはいえ免疫はありました。
本当に驚いたというのはもうひとつのほうです。

  最終回

えっ?

そっと編集後記を確認してみました。
今回で終了…は本当でした。

そりゃ、いつか終わりは来ると思っていましたが、あまりにも突然。
困ったなぁ…とか、つまんないなぁ…とか、悲しいなぁ…とか、
こんな想いがアタマの中を巡りました。
でも、そんなことを思っていても最終回というのは紛れもない事実。
そのラスト・エッセイを存分に楽しもうと気持ちを切り替えます。

読むためにはサウンドトラックが必要だと思いました。
もちろんそれは浅川マキの『ブルー・スピリット・ブルース』です。
CDプレーヤーにセットし、スタートボタンを押します。

 ゆうべあたしが死んだ いやな夢を見たのさ

真理子さんも書いているように、こんなフレーズで始まるアルバムです。

CIMG7633_convert_20140612224143.jpg

エッセイはまだ続くかのような文章でしめくくられていました。
でも、読み返してみると、最後に相応しい文章のような気もしてきました。

もし…だったら。
もし…していたら。
もし…していなければ。

たくさんの " もし " により、人はその数だけの道を選んで歩いていきます。
でも、道が違えども、道は違っていたとしても、
たどり着くのは同じ場所なのかもしれない…というのは、
今ここにたどり着くために、これまで様々な道を選んで歩いてきたと考えれば、
過去を振り返ることが何となく楽しくなるような気がしています。

真理子さん、素敵なエッセイをありがとう。
いつか、このエッセイが本になることを僕も願っています。
スポンサーサイト

季刊山陰 No.21 浜田真理子 ためいきのいろ その三

僕は " 同世代 " という言葉を良く使うほうだと思う。
実際には徒党を組んだり群れることは大嫌いなので、
使う意味はそういったことでは無い。
例え暮してきた環境が違っても、
同世代ならでは共通した何かがあるのだという感覚。
そんなものが年齢を重ねることによって見えてきたり、わかってくるようになった。
もしかしたら僕だけなのかもしれないが、そうだとしても感じることは事実なので、
間違いなくリアルなことだし、実際に僕にとっては本物である。

これまでそれを感じたことは数知れず…。
大好きな音楽周辺だけでなく、様々なシチュエーションで体験してきた。
よって僕の中で強力な確信になっている…というか、確信にしてくれたのが、
おそらく季刊山陰に連載されている浜田真理子のエッセイ " ためいきのいろ " だ。

彼女との出会いは、ここでは何度も書いてきたので省く。
僕が勝手に思っていることではあるけれど、
とにかく運命としか言いようのない出会いである。
その音楽は今の僕の生活には絶対に欠かせないものになった。
ファン歴は浅いとは言え、
これまで観たライヴはすべて…本当にすべてが素晴らしく、
点数をつけるとしたら100点満点が何度あったことか。

そんな彼女が書くエッセイということで、期待はしていたけれど、
いったいどんなものなのかは読むまでは予想がつかなかった。

難しいことが書かれているわけではない。
音楽を専門に語る内容でもない。
誰もがしていそうな普通のことが普通の言葉で普通に書かれている。
しかし、僕と彼女は同世代なのである。

僕に無いことや無いもの、
僕が知らないことや知らないもの、
僕が忘れていることや思い出せないもの、
僕が見てこなかったことや聞いてこなかったもの…。
そんなことやものであっても、
いや、そんなことやそんなものだからこそ、
共通する何かによって、僕の中に自然に入り込んでくる。
知らないことなのに、知っているのである。
この感覚…わかってもらえるだろうか。

季刊山陰21号が届いた。
今号のためいきのいろは、真理子さんが、まだ幼い娘と発行していた新聞、
ザ・ピアス新聞 のこと だった。
僕には娘もいないし、
家族に向けて、家庭内の小さな事件を新聞にして発行したこともない。
でも、全部わかる。
わかるはずなんかないのだけれど、わかる。

頼んでもいないのに勝手に届く新聞…ということに、
つのだじろうの 『恐怖新聞』 を挙げて説明するくだりなんて、
まさに真理子さんである。
恐怖新聞は読む者の寿命が縮まる怖い話だったが、
こちらは届くとちょっとうれしく、
読めばからだの力が抜けるようなくだらない内容にしよう…笑った。
そして泣けた。

 誰にも必要とされないけれど、
 自分の興味だけで何かを追及する作業は楽しいものだった

一字一句、すべてに共感する。

東京で手に入れるのは通信販売しかなく、
簡単に手に入れられる本ではないのだけれど、
毎号、発行されたことを知ると、島根日日新聞社に電話で注文する。
何日かしてポストに届く。真理子さんが住んでいる、島根県から届くのである。
こういった普通のことが実に嬉しい。
こんな普通の喜びを思い出させてくれたのも、" ためいきのいろ " のおかげである。

季刊山陰 No.20 浜田真理子 ためいきのいろ そのニ

真理子さんが連載エッセイを寄せている季刊山陰vol.20が届いた。
今回の内容について、今年の5/9付けのブログにはこう書かれていた。

  季刊山陰20号が発行になり、
  いつものようにエッセイ「ためいきのいろ」を掲載していただいています。
  このたびは以前ブログにも書いた「けんやのこと」にその後を書き足しての掲載です。
  よかったらごらんくださいね。

僕が真理子さんのファンになったばかりの頃、
彼女のブログを見つけてアタマからすべて読んだ。
確かその時に、この「けんやのこと」を目にした記憶がある。
ということで、あらためてチェックをしてみたら、
当時のブログが今でも公開されていた。
興味がある方は読んでみてください。

・けんやのこと-その1&その2
・けんやのこと-その3&その4
・けんやのこと-その5&その後
・それでは、東京へ行きますよ。← けんやさんからのコメントがついたエントリー

結末の印象が強烈なので、この話を簡単にまとめてしまえば、
きっとこんな風になるのだろう。

  インターネット、またはブログが生んだ感動的なお話

もちろん僕も " 凄いこともあるものだなぁ " と思った。
また、ネットやブログ絡みの事柄に限らず、
" 偶然はきっと必然なのだ " と最近の僕は感じ続けているから、
小説のようなこの話も絶対に理由があるはずで、
決してあり得ないことではないとも思っている。

ただ、こういったことに意味を感じながらも、
僕が感動してしまうのは、やはりどうしても二人が過ごした日々のほうだ。
真理子さんによるその描写は、ただひたすら感動的だった。
それは単に " こんな関係はいいなぁ " ということだけではなく、
二人の傍に、どんなカタチであれ常に音楽があること、
音楽があったことに感動してしまうのだ。
音楽の素晴らしさを感じて、感動してしまうのだ。

音楽って素敵だね。
音楽って素晴らしいね。
音楽って何だろうね。

季刊山陰 No.18 浜田真理子 弾き語る心の歌を

紹介したいと思いつつ、かなり遅くなってしまった。

先月、松江での浜田真理子のライヴを観た時に配られたチラシに、
こんなものがあった。

CIMG8721.jpg CIMG8722.jpg

季刊山陰という本に、浜田真理子の特集が組まれているという。
しかもカラー・グラビアまで載っているという、大きな特集みたいではないか。
これは是非、手にしたい…と思ったのだが、
残念ながら松江では書店によれるような時間が取れなかった。
よって、帰宅してから出版元の島根日日新聞社に連絡を取り、通販で購入した。

CIMG8723.jpg

冒頭からいきなり12ページのカラー・グラビアである。
今年のライヴやツアーでのステージやリハーサル、
そして移動のあいま等の写真が掲載されている。
僕自身、こういった写真は彼女のブログを別にすれば、
これまでほとんど見た事が無いので、嬉しかった。

特集の本編は、彼女のこれまでを振り返るバイオグラフィ的なもの。
初めて聞くような話もあり、加えて彼女の歴史を辿ることにより、
あらためてその音楽的背景やルーツを興味深く読むことができた。

彼女と僕はまったくの同世代。
その意味でも親近感があるし、応援もしていきたいミュージシャンなのだけれど、
この特集を読み、何と家庭環境での共通点があったことも知ることができたのは発見だった。
それにしても、偶然とはいえ色々と繋がることが多いなぁ…。

ここまででも読み応えがあるのだけれど、
特集の最後には、彼女自身によるエッセイが掲載されている。
幼い頃、両親が経営していたスナックの2階に住んでいたときのことが描かれている。

彼女を知らない人や、音楽に興味が無い人が読んだら、何てことの無い話だろう。
それどころか、だからどうしたんだ…という内容かもしれない。
しかし、彼女の音楽に惹かれている人が読めば、おそらくココロに響いてくるはずだ。
更に言えば、お互いに過ごした場所や環境が違うとは言え、
同世代ならではのフィーリングというか、上手く言葉にできないのだけれど、
そういった、間違いなく共通するものをここから感じ取ることができるのだ、僕は。

  笑顔をつくろうとしたけど、かわりに涙が出た

この一節を読んだ僕は、笑顔をつくろうとしたけれど、涙が出そうになった。

『季刊山陰』 では、次号から彼女のエッセイの連載が始まるという。
タイトルは " ためいきのいろ " 。
素敵なエッセイになることだろう。

ベスト・オブ・マイ・ラスト・ソング / 久世光彦

久世光彦については説明不要だろう。
「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」など彼が手掛けたドラマのタイトルを挙げるだけでも、
その素晴らしい仕事がわかってもらえるはずだ。

そんな彼が92年から06年まで連載していたエッセイが 『マイ・ラスト・ソング』 。
簡単に言えば、末期のときに一曲だけ聴くならば何を選ぶか…をテーマにしたエッセイだ。
ただ、6冊出ている単行本のほとんどは絶版状態のようで、読みたくても入手困難。

しかし、素晴らしいことに、それらの本から52編を選んで再構成された文庫が発売された。
それがこの 『ベスト・オブ・マイ・ラスト・ソング』 である。


選者は、妻である久世朋子、そして小林亜星、小泉今日子の三人。
この三人による座談会が、解説の代わりに掲載されている。

知らない曲も知っている曲も、久世光彦の文章により魅力的に響く。
本を読んでいるのに、曲を聴いているかのようだ。
本当に素晴らしいエッセイである。

さて、昨年の11月、浜田真理子と小泉今日子による、このエッセイをテーマにしたライヴがあった。
二日間行われたこのライヴを、僕は両日とも観に行った。

久世光彦×浜田真理子「マイ・ラスト・ソング~あなたは最後に何を聞きたいか~」
 世田谷パブリックシアター 2008.11.15


久世光彦×浜田真理子「マイ・ラスト・ソング~あなたは最後に何を聞きたいか~」
 世田谷パブリックシアター 2008.11.16


素晴らしかった。
普段は聴かないどころか、耳にさえ入ってこない歌を、浜田真理子のピアノと歌で聴く。
懐かしいというよりも新鮮。
知っている曲なのに、まるで新曲のように聴こえた数々の名曲たち。
そして、知らない曲なのに、いつも聴いている曲のようになる魔法。
本当に素晴らしかった。

特に強烈な印象として残っているのは小学唱歌の「朧月夜」。
終戦直後の引揚船の中でのエピソード。
その朗読の後に歌われた「朧月夜」は感動的だった。

そんな素敵だったライヴが今年も行われる。
今回は浜田真理子ひとりによる弾き語りとなるそうだ。

ライヴの前には、この文庫を片手に三軒茶屋あたりでどうだろう…。

幸子の幸はどこにある… 画ニメ『赤色エレジー』

画ニメというのは、アニメ・映画・活字メディアを融合させる新たな映像コンテンツ…らしい。

僕が画ニメを知ったのは、林静一の『赤色エレジー』が画ニメとしてリメイクされて蘇り、
挿入歌として浜田真理子がカヴァーしたあがた森魚の「赤色エレジー」が使われるという流れから。

オリジナルの漫画については今更細かく解説するのも不要だが、
一郎と幸子の同棲生活を描いた70年代を代表する作品だ。

僕自身は遠い昔に読んだ記憶がある程度なのだが、今回このDVDを観てとても新鮮だった。
およそ40年以上前の世界が描かれているのだが、
物語としては時代性を越えたラヴ・ストーリーとなっているのではないか。
事実、作画・脚本・監督を自ら手掛けた林静一は、
当時の色が出てしまう風俗描写をなるべく消し、二人の物語に焦点を絞って脚本化したらしい。
冒頭とラストに今の視点でのナレーションが入るのもポイントになっている。

作品云々よりも、僕自身が興味を持ったのが浜田真理子の「赤色エレジー」なので、
その意味では残念ながら期待外れだった。
挿入歌ということだが、本編ではわずかに出てくるだけであり、とても効果的に使われているとは思えない。
エンド・クレジットにも流れるのだが、これもフルで聴くことができない。
浜田真理子ファンとしては、欲求不満になるだけの作品であった。

現時点では、浜田真理子による「赤色エレジー」が作品化されるというニュースは無いが、
10月に行われる横浜でのライヴでは、是非この曲を歌ってもらいたいと思う。


(2007-06-29)
Amazonランキング:52652位
Amazonおすすめ度:

浜田真理子 AERA 06.7.31

驚いた。
普段の生活の中で「驚く」ということなんて滅多に無いけれど、今回ばかりは本当に驚いた。

今の僕には欠かせない音楽になっている浜田真理子。
彼女の公式サイトのバイオを見て、
TV番組『情熱大陸』への出演や、雑誌AERAで取り上げられて云々ということは知っていた。
『情熱大陸』は観たくても観られないからあきらめていたが、
AERAならばバックナンバーを探すことができれば…と思っていた。
そうは言っても、そのことはずーっと忘れていたのだが…。

昨日、突然「そういえば…」と思い出したのが、去年AERAを一冊だけ買っていたことである。
僕がそのAERAを購入した理由は清志郎の病気後の記事が載っていたからで、
それ以外に目的は無かった。
だいいち、清志郎以外で目を通したのは角田光代の記事だけである。

CIMG5910.jpg

帰宅後、そのAERAを探してペラペラとめくってみて驚いたのである。
何と、その号には浜田真理子が5ページに渡って掲載されていたのだ。
『現代の肖像』というページで、朝山実さんというライターが書いている記事だ。
彼女の発言を交えながら書かれたバイオ的なこの記事は、
とても興味深いエピソードや素敵なフレーズでいっぱいだ。

CIMG5912.jpg CIMG5913.jpg

例の中島みゆきのカヴァー・アルバム用には、5曲のデモ・テープがあったらしい。
その5曲はいったい何の曲なのか。
アルバムに収録された「アザミ嬢のララバイ~世情」は、
もしかしたらデモ段階では別々だったのかもしれない。
また、ライヴで歌った「かもめはかもめ」もデモ・テープにあったと思われる。
でも、あと2曲ある。それは何なのだ!うーん聴きたい!

ちなみに、このカヴァー集で浜田真理子のレコーディングとミックスを担当したのは、
あの『愛していると云ってくれ』と『親愛なる者へ』、
そして『おかえりなさい』の中島みゆき70年代の傑作を手掛けた吉野金次。
彼の発言がAERAに載っていた。
  
   彼女の歌は音が途切れる。
   無音となった瞬間、空いた穴のど真ん中に聴き手は入り込んでしまい、
   ふいに号泣するんだろう。

これは、彼女の音楽をうまく表現しているような気がする。

彼女自身、歌っていると感情が高まり落涙する事もあるようだが、
ステージでは涙は見せたくないと、ライヴ前には感情が空になるまで歌いこむらしい。
それを「涙抜き」と彼女は呼んでいるそうだ。
涙抜き…。凄い話だなぁ。

     **********

さて、こういった自分に起こる音楽に関係する偶然。
『銀河鉄道の夜』をモチーフにした中島みゆきの『夜会』大阪公演を観た翌日、
京都に移動して入ったお店で何気なく手にして開いた朝刊に載っていたコラム。
そこに登場した『銀河鉄道の夜』。

2006年、大阪の新ナニワ・サリバン・ショーである人を友達に紹介された。
2004年の年末、京都は磔磔の最前列で観た麗蘭。
大阪で紹介されたのは、この麗蘭のライヴ後に言葉を少しだけ交わしていた、
最前列隣で一緒に観ていたその人だったという感動的な再会

そして今回のAERA。
これらは単なる偶然なのだろうが、何らかの意味はあるんだろうな。

浜田真理子に僕が出会うのは運命だったのだと思う。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ