あなたが選ぶRCサクセションのオリジナル・シングル BEST-1 は?

祝・RCサクセション結成記念日!ということで、
昨年に続き、標記エントリーの投票結果を発表いたします。
この1年のあいだ、私のブログを見てくれている、
または見てくれた皆さんにお願いしていたのは、
" あなたが選ぶRCのベスト・オリジナル・シングル " です。
320票もの投票を頂きました。
コメントも含め、たくさんの投票を本当にありがとうございました。

上位10枚をここで発表させて頂きます。
コメントもすべて紹介したいのですが、投票結果からご覧になれますので、
ここでは独断で選ばせて頂きました。

『EPLP』 と 『EPLP-2』 を聴きながら、今回は、いきなりTOPから紹介します。

CIMG8796.jpg CIMG8797.jpg

     **********

■1位(69票/21.6%)
雨あがりの夜空に/君が僕を知ってる -1980-
CIMG8766.jpg

CIMG8767.jpg CIMG8768.jpg CIMG8769.jpg

<頂いたコメントから>
・迷ったけど、これが1位で間違いないでしょうね。だってB面が’君僕’ですからね~。
・問答無用。ストロベリーフィールズとペニーレイン級の最強シングル。
・A面よりB面で。
・今となっては奇跡と言ってもいいくらいのカップリング。このシングルが存在していて良かった。

やはり…というか、1位はダントツでこれでした。
頂いたコメントでもわかるように、A面の素晴らしさはもちろんですが、
カップリング曲が「君ぼく」だということが大きいですね。

個人的にも、RCの全レコード中、いちばんの思い入れがある1枚です。
1980年4月5日の久保講堂でRCを観て感激し、翌日4月6日に買ったシングルで、
当時、本当に毎日毎日聴き続けた1枚でもあります。

続きを読む

スポンサーサイト

続・あなたが選ぶRCサクセションのオリジナル・アルバム BEST-1 は?

さて、投票の結果、上位10枚しかここに挙げませんでしたが、対象はRCサクセションです。
もちろんあの10枚以外のアルバムを無視するわけにはいきませんので、すべて紹介します。

     **********

■11位:BEAT POPS(1982) (7票/1.9%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・最初に買ったLPがこれというファンも多いと思います
・A面1曲目と、B面1曲目が決定打になった。ラストがハイウェイのお月様なのでこれしかないでしょう。

全盛期といえる時期に発表された割に、実は重くヘヴィな作品なので、
そのジャケットから受けるイメージと違う点もあり、微妙な評価のアルバムではないかと思います。


■11位:COVERS(1988) (7票/1.9%)
RCサクセション
USMジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・rcのホワイトアルバム!rc得盛り!!

個人的にはRCサクセションのアルバムとは思っていない作品なのですが、
色々な意味で重要作である…ということには納得できます。


■11位:初期のRC・サクセション(1972) (7票/1.9%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・発売日の2/5に青山タワーホールで初めて清志郎くんに出会い、翌日に買いに行きました。
 初めて買ったLP、中1でした。

ハード・フォークという切り口から言えば、確かに余計な音が多いのでしょうが、
これを好きか嫌いかはその人の嗜好であり、作品としての評価には関係ないと僕は思います。


■14位:HEART ACE(1985) (4票/1.1%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・力みのないロックアルバム。千回は聴きました。
・みんな屋根裏のRCが最高と言い、世間で清志郎は雨上がりの人になってる。俺のRCはそれとは違う。

今こそ再評価されるに、いちばん相応しい作品では無いかと思います。
いい曲、多いし。


■15位:FEEL SO BAD(1984) (3票/0.8%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・それが俺の自由

BAD SIDEとGOOD SIDEのバランスというか、
あまりにも両サイドの色が違い過ぎているのかもしれません。
個人的には、RC最強のロックン・ロールのひとつだと思っている「自由」と、
チャボの「セルフ ポートレート」が収録されていることで、BAD SIDEがお気に入り。


■15位:コブラの悩み(1988)(3票/0.8%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・清志郎の本音(根っこ)メッセージアルバムだよ。

『COVERS』 と同じく、僕としてはコメントしにくい作品です。
RCサクセションではなく清志郎名義ならば、きっと違和感は無いと思うのですが…。

     **********

あらためて、投票して頂いた皆さん、どうもありがとうございました。
こうして並べて簡単に振り返ってみたら、RCの全アルバムを通して聴きたくなりました。
『コブラの悩み』 なんて、もう何年も通して聴いていませんし。
1stから順に聴いてみたら、新たな発見なんかがあるかもしれないなぁ。

あなたが選ぶRCサクセションのオリジナル・アルバム BEST-1 は?

去年の1月から約1年10ヶ月のあいだ、
このブログを見てくれている皆さんにお願いしていた投票です。
何と、362票もの投票を頂いております。
コメントも含め、たくさんの投票を本当にありがとうございました。

     **********

まず、編集盤は含まず、純粋なオリジナル・アルバムのみ…としました。
ベスト・アルバムの類はエントリーしておりません。
シングルAB面の収録というコンセプトのオリジナル・アルバムという捉え方はできますが、
色々と考えた結果、『EPLP』 も外しました。

次に、ライヴ盤を含めるか?
これは、ライヴ盤とうたわれていませんが、やはり 『RHAPSODY』 は絶対に外せません。
よって、それにあわせてライヴ盤もエントリーしました。
ただ、ここで重大なミスを犯してしまいました。
『THE KING OF LIVE』 のエントリーを忘れてしまったことです。
作品に対しても、このアルバムを好きな方に対しても、これは本当に申し訳なく思っています。

よって、上記の理由で不完全ではありますが、
本日は40年目(?)のRCサクセション記念日ということで投票を終了し、
上位10枚をここで発表させて頂きます。
コメントもすべて紹介したいのですが、投票結果からご覧になれますので、
ここでは独断で選ばせて頂きました。

■9位:楽しい夕に(1972) (9票/2.5%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・60年代後半のサイケデリック、アートロックの匂いがたまらない!超名盤!!
・" 選べない " のはお互い承知のうえで…。「もっと落ち着いて」を生で聴きたかった……。

マニアなファンによる評価及び再評価はわかっていても、ベスト10入りは意外でした。
ただ、初期のRCサクセションを知るには、1stよりも相応しいアルバムだと僕は思います。


■9位:OK(1983) (9票/2.5%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・ムダなく名曲ぞろい!
・僕の血液と言えるアルバム

『楽しい夕に』 と同票数でした。
個人的には「Drive My Car」「Oh! Baby」「指輪をはめたい」のように、
このアルバムに収録されたラヴ・ソングに大好きな曲が多いです。
「ドカドカうるさいR&Rバンド」が入っているのも、ポイントが高い点かもしれません。


■8位:MARVY(1988) (13票/3.6%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・最も毒の無い、かわいい小品の多いアルバム。
 名曲も多いのですがアルバムとしてはあまり話題にならないデスね。
・ロック的にはBESTです。楽曲的に時期的にもRC5人時代の頂点では無いでしょうか。
 この後カバーズから反骨色を強め、本来の清志郎色が強まった気がします。

清志郎の初ソロ・アルバム後に発表されたので、そんな話題性もあり、
もしかしたらここからRCサクセションに入ったという人も多いのかもしれません。
僕はと言えば、英語の歌詞の多さに違和感を感じながらも、当時は聴きまくっていました。


■7位:Baby a Go Go(1990) (14票/3.9%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・切なくて好きです

純粋なオリジナル作としては、現時点での最新作(どうしてもラスト・アルバムとは書けません)。
全体的に哀愁が感じられるのは仕方が無いでしょうが、音もいいし、曲も粒ぞろいだと思います。


■6位:the TEARS OF a CLOWN(1986) (18票/5.0%)
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・日比谷野音 夏のシャウトと 蝉の声
・ある意味5人(+α)のRCでの最高傑作かと…入門編としてもよろしいのでは?

後に恒例となる夏の野音、最初のライヴであり、当時のベストな選曲。
そして「ヒッピーに捧ぐ」と、人気があるのは当然といったところでしょうか。


■5位:PLEASE(1980) (28票/7.7%)
RCサクセション
USMジャパン
発売日:2005-11-23

<頂いたコメントから>
・悩みに悩んだ挙句決定。Sweet Soul musicでOtisを知りR&Bにはまって
 いよいよ音楽の世界に身を投じてしまったので、人生が狂った一枚ということで。
・ダーリンミシン~トランジスタラジオのくだりがサイコー

新生RCサクセションの実質的な1stアルバム。全曲がRCクラシックスと言える収録曲。
紹介させて頂いたコメントの " ダーリンミシン~トランジスタラジオのくだり " が、
この傑作のすべてを象徴しているような気もします。


■4位:RHAPSODY NAKED(2005) (30票/8.3%)
RCサクセション
ユニバーサル シグマ
発売日:2005-10-26

<頂いたコメントから>
・鳥肌もんだ!!
・キヨシローが、RC確かに居た!と感じられる1枚です。

このアルバムは衝撃的でした。今聴いても、素直に凄いと思います。
公式に作品として世に出て本当に良かった。

さて、いよいよここからはベスト3になります。

続きを読む

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ