ニッポン放送『坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』ゲスト竹内まりや

J-POPの先駆者であり、
ラジオの深夜放送を知り尽くした吉田拓郎が、
気心を許せる仲間・THE ALFEEの坂崎幸之助とともに、音楽のこと、人生のこと、
そして最新のニュースで感じたことなどを語る、ガンコで気ままなオヤジトークプログラム!

…というのが坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD
昨年の山下達郎がゲストで出た回が楽しかったし、
それがきっかけで今回のゲストが竹内まりやになったと知り、楽しみにしていた。

プログラムは曲がかかるというよりも三人のトークがメイン。
もちろんこの番組ならではのネタやクイズ(なのかな(笑))もあった。
でも番組全編、ほぼ三人が昔話に花を咲かせるという内容だったのだが、
これが本当に楽しかった。
そして音楽を語るということの何と素敵なことよ…とあらためて思わせてもらえた。

ラジオの向こうで語っているのは吉田拓郎と坂崎幸之助、そして竹内まりやである。
だからこそ…といった楽しみ方も当然あった。
でも、乱暴に言ってしまえばそのことは僕にはあまり重要ではなかったかもしれない。
きっと、単に音楽ファンとして盛り上がる三人の会話に、僕は感動したのだと思う。

話されていた内容とは別に、三人の音楽への愛や熱意や思いや想いが伝わる。
たとえば僕が友だちと盛り上がって音楽を語るのと、それは同じであった。
僕はその…音楽を語ることの素晴らしさ、楽しさを知っている。
だからこそ、この番組を聴いて素敵だと思ったし感動したのだろう。

竹内まりやの拓郎ファン度の高さにも驚いた。
これはまりやファンには知られていることなのかもしれないが、
僕自身は初めて知ることだったので、彼女が語る拓郎話は意外な楽しさでもあった。
彼女が初めて拓郎を観たのが島根県民会館の2階最前列という話も、
近年この会場に足を運んでいることもあり、時代に関係なく身近に感じてしまう。

番組のハイライトとなった「どうしてこんなに悲しいんだろう」の生演奏。
竹内まりやが、せっかくだから拓郎の生歌を聴きたいということからこの曲を選び、
それぞれが歌うパートも考えてきた(簡単な採譜?までしてきたらしい)という。
しかも自分は歌だけでなくハープで参加するという、何とも貴重なセッションになった。
ちなみにこの曲にまつわるエピソードもいくつか登場したが、
イントロのギターを弾いている加藤和彦についての話が出た際、
三人三様の加藤和彦への想いが伺えて興味深かった。
そうそう、三人三様と言えばGSに対するそれも面白かったし、ザ・バンドの話から、
拓郎が " 愛奴とのツアーはディランとバンドのライヴを参考にした " という話も楽しかった。
浜田省吾は曲が終わるたびに客席に(?)スティックを投げていたそうだが(笑)。

思えば中学の頃、拓郎の曲について夜中に友だちと色々な話をしていた。
メロディやギターについてはもちろん、例えば歌詞についても。

 「外は白い雪の夜」のような別れならばいいんじゃない?

勘違いと粋がっての背伸びとしか思えないこんなことを、
恥ずかしげもなく言ってくるヤツがいたが、それでも真剣に(笑)語り合ったりした。
でも、間違いなく楽しかった。

音楽は語ってもいいのだ。
そして語ることも音楽なんだ。
こんなことを三人が楽しむラジオを楽しみながら聴いて思った。
スポンサーサイト

P H T P

3月は、楽しみにしていたライヴが中止と延期で4本飛んだ。
こんなことは初めての経験だ。
でも、実際にそんな異常なことが起こってしまい、
異常が異常でなくなってしまう状況なのである、今の日本は。

大きな不安感を持ち、厳しい現実を前にして、
自分なりに思うことや感じることはある。
でも、それを声高に叫んだり、密かに呟くのではなく、
自分が好きな者や物と過ごしていたいと思った。

音楽のことを考えている。
毎日、音楽を考える。
自分にとっての音楽について考えている。

こんな時期にも関わらず、来日公演を決行したシンディ・ローパー。
彼女はラスト・ナンバーである「True Colors」の途中に、
ジョン・レノンの「Power To The People」の一節を挟み、観客を励ました。
人々に力を、今すぐに…という力強いメッセージに触れて感動した人は多かっただろう。

金曜日。
今では数少ない、ラジオのスイッチを入れる夜である。
82.5MHz。
10代の頃、この局からたくさんの洋楽を教わった。
当時の番組でDJをやっていた人の声が、今もラジオから聴こえている。

 人々は力を持っている
 人々には力がある
 私たちには力がある

ジョンの「Power To The People」の素晴らしさをわかっているけれど、
僕の世代にはこの曲がある。

" P H T P " 。

CIMG9093.jpg CIMG9092.jpg

パティ・スミス、1988年のナンバーである「People Have The Power」。

たかが音楽。
でも、僕はそれが大好きなんだ。

Patti Smith
Arista
発売日:1996-06-18

歌詞を読むということ

佐野元春 『ザ・ソングライターズ』 が面白い。
7月から毎週土曜日にNHK教育TVで放映されている番組で、
タイトルでわかるように、ゲストのミュージシャンと曲作りについて話すというもの。
ただし、曲と言ってもメロディではなく " 歌詞について " に重きを置いているので、
その意味では、8/8は松本隆がゲストだったので期待していた。

  好きな言葉 風。
  嫌いな言葉 無い。言葉はみな平等だから。

好きな言葉からは、代表曲であるはっぴいえんどの「風をあつめて」を連想する人も多いだろうし、
好きだというだけあって、きっと他にも重要なフレーズで使われているだろう。
探してみると面白いのではないか。
そして、嫌いな言葉は無いという発言も感動的。
来週は松田聖子とのコラボについての話が聞けるというのも今から楽しみだ。

さて、番組中に佐野元春がゲストの曲の歌詞を朗読するコーナーがある。
これを三回にわたり観て、あらためて歌詞を読むということについて思った。

詩ではなく、歌詞。
ということはメロディがあるわけで、どうしてもそれを無視することはできないと思う。
もちろん歌詞だけが取り上げられて傑作だと認められている曲もたくさんある。
でも、やはり歌詞であるということは、メロディの存在は重要だと思う。

だから、歌詞の朗読を聞いて、僕は個人的にいいと感じたことがほとんど無い。
好きな曲でも…どころか、好きで思い入れがある曲ほど、朗読だけなんてもってのほかだ。
例え作者本人による朗読でもダメだ。
僕は仲井戸麗市のポエトリー・リーディングは大好きだけれど、
やはり彼のものでも、歌詞のリーディングだけはダメだ。
歌詞はメロディと一緒に耳から入ってくるのが僕にはいちばんである。

と、ここまで書いてきたけれど、実はメロディ無しで耳から入ってきた歌詞が、
そのときだけは特別に聞こえて、ココロに刺さったことがある。

その歌詞を読んだのは、誰あろう渋谷陽一氏だ。

彼は「サウンドストリート」のDJの時から、歌詞を読むと言うことが定番だったけれど、
感情を込めて伝える云々ではなく、単に歌われている内容の紹介だった。
当然のように朗読と呼べるものでは無い。
僕が聞いたそのときも、やはり同じようにそういった感じであったのだが、
時期と番組の内容と曲と当時の自分の感情すべてが重なり合ったのだろう。
それを聞いたときの、一瞬、固まってしまったような感覚は忘れられない。
でも、もう一度それを聞いても同じようには思わないし、感じることも絶対に無いだろう。
あれはあのときだけのものだと思う。

渋谷さんが読んだその歌詞。
時期は2009年5月8日。
番組はNHK-FMでOAされたミュージック・ライン。
曲はRCサクセションの「ヒッピーに捧ぐ」だった。

ETV50 もう一度見たい教育テレビ

8月2日(日)~8月7日(金)の1週間、
NHK教育テレビが、 「若い広場」と「YOU」の中から特にリクエスト多かった回をアンコール放送した。
個人的に楽しみにしていたのは次の3つ。

●若い広場 オフコースの世界(1982年3月21日放送回)
この番組については以前ブログに書いたことがあるので、興味がある方はそちらをご覧ください。
※若い広場 オフコースの世界

●YOU 誰でもミュージシャン パートII YMOの音楽講座(1983年6月11日放送回)
何が凄いって、出演しているのは細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏ではなく、YMOだということである。
さすがに観客の発言に今では時代を感じたりするけれど、
単に " 懐かしいなぁ " で終わらない、今観ても興味深い番組だった。
参加した人達には、きっと一生忘れられない思い出になっていることだと思う。

●YOU RCふたたび(1983年8月27日放送回)
言うまでも無く、ここを見てくれているみんなが待っていた待望の再放送だろう。
もちろん僕も同じで、清志郎とチャボの2ショットは、是非キレイな映像で残しておきたかった。

そして昨日のYMO同様、当たり前のことだけれど、
ここでの清志郎とチャボはRCサクセションだということに感動する。

放送された曲で凄いのは「New Song」だ。
この曲がRCのライヴ・ヴァージョンで…しかも映像で残されたことは、本当に貴重だと思う。

糸井重里と二人のトーク内容には、残念ながら特筆すべきことは無い。
ただ、今ではそう感じる人はいないかもしれないけれど、
ここでのやけに落ち着いてクールに構える清志郎とチャボは、
当時のロック・スターとしての貫禄と凄み、そしてカッコよさが凝縮されていて、
まだティーンエイジャーだった僕はシビレまくっていた。

それにしても、どんな場面でも、どんな状況でも、
ただ並んでいるだけで、つくづく絵になる二人だなぁとあらためて思うわけである。

佐野元春 『ザ・ソングライターズ』

思えば5月2日以来、ここには清志郎とチャボ、RCのことしか書いてこなかった。
何かきっかけが無いと、このまま他のことを書けないままになってしまいそうなので、
一旦リセットする意味でも、強引に違うネタを書いてみます。

     **********

ちょっと気になるTV番組がある。
『佐野元春のソングライターズ』 というのがそれで、7月からNHK教育でOAされる。

佐野元春は立教大学出身であるが、その文学部百周年事業として企画構成されたらしく、
撮影も立教大学で行われたそうだ。

本放送は下記の通り。

●ゲスト・小田和正 第一回目
・7月4日 23:25~23:54 教育テレビ 
【再放送】
・7月11日 5:00~5:29 衛星第2
・7月11日 12:00~12:29 教育テレビ

●ゲスト・小田和正 第ニ回目
・7月11日 23:25~23:54 教育テレビ
【再放送】
・7月18日 5:00~5:29 衛星第2
・7月18日 12:00~12:29 教育テレビ

本放送に先駆けて、スペシャルプロローグが6月28日に放送された。
第一回目の小田和正がゲストの回のダイジェストだった。

番組内容を簡単に説明すると、
佐野元春が講師(?)となり、毎回一人のゲストを招き、
「歌詞」をテーマにしてなのかな、質問形式で話を聞くというもののようだ。
会場は大学の教室で、学生がその講義を聞くために集まっており、
最後には学生からの質問も受け付けていた。

ダイジェストだったけれど、なかなか見応えのある番組だったので、
これは本放送に期待したいと思います。

第ニ回以降はさだまさし(!)、松本隆と続くみたいで、
特にさだまさしと佐野元春という組み合わせでは、いったいどんな話が飛び出すのか楽しみ!

青春ラジカセのブログパーツ

マイペースで更新が続いているNHK青春ラジカセですが、現在ブログパーツが発行されています。
以下はサイトより。

  「NHK青春ラジカセ」から提供するスクリプトをコピーして貼り付けると、
  あなたのホームページやブログサイトに、パーツを貼り付けることができます。

  ブログパーツのプレイボタンを押すと、カセットテープがまわり、
  当サイトが公開する『サウンドストリート』の音声(冒頭の約1分間)を再生。
  番組は隋時更新され、あなたのブログに貼ったブログパーツに自動配信されます。

便利なので、僕も左側中央に設置してみました。
下のようにカラーもサイズも選べますよ。

  

 

※これは以前に僕が読んだ記事ですが、ご参考まで。
  エアチェックテープ配信サイト「NHK青春ラジカセ」担当者に聞く

佐野が…(笑)

既にファンの間では話題になっていると思うけれど、
『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !!』 に、今週から二週にわたって佐野元春が出演する。
企画は「クイズ佐野元春の500のコト」、前編、後編だ。
観る前はどんなことになるのか想像できなかったけれど、
いざ番組を観たら、実に佐野元春で楽しめました。

とにかく笑えた。
質問者が " 佐野が… " って聞くところだけで爆笑(笑)。
何だか良くわからない " サインはV " も、 " カメを砂の中に埋めた " も笑えた。
この二週、間違いなくファンには永久保存モノでしょう。

ちなみに " 「SOMEDAY」をカヴァーして欲しい人は? " という質問。
この質問の答えは " 無理だと思うけど大瀧詠一 " でした。

来週も楽しみ(笑)。

元春レイディオ・ショー

ご承知の人も多いと思うけれど、
3月31日の火曜日から 『元春レイディオ・ショー』 がNHK-FMでスタートしている。
既に僕は火曜の23時には、
ラジオのスイッチを入れることが日課…じゃなくて週課(笑)になっている。
DJのスタイルは80年代のサウンドストリート時代と同じではないけれど、
かかる曲は結構古いものも多くて、僕はとっても楽しんでいる。

さて、4月14日の火曜日で放送は三回目。
先週…4月の第一週は、ブルース・スプリングスティーンの新曲や、
スティーリー・ダンにデヴィッド・ボウイの名曲などツボにはまる選曲だったし、
何よりもラストがイーグルスの「Take It to the Limit」という大好きな曲で、
まさにダメオシ的なプレイ・リストだった。

ということで第二週の今夜も楽しみにスイッチを入れたら、
いきなりオールマン・ブラザーズ・バンドにトッド・ラングレンという連発でにやけてしまったが、
番組のラスト・ナンバーには驚いた。

昨日と一昨日のMANDALAでのライヴの余韻が覚めやらぬ…という状態でいたところに、
何とキャロル・キングのヴァージョンで「You've Got a Friend」がかかったのだ。
うーん、こんなことってあるのだなぁ…。

とにかくラジオから素敵な曲が流れてくるという素敵なことを素敵に体験できる番組です。
『元春レイディオ・ショー』。お薦めです。

『サウンドストリート・アーカイブス』 3月第4週 渋谷陽一、烏丸せつこ、森永博志

NHK-FMが過去の 『サウンドストリート』 の中から選りすぐりの回をセレクトし、
月曜日から金曜日まで放送する 『サウンドストリート・アーカイブス』 の第四週…最終週を聴いた。

メニューは次の通りだが、
個人的には前半の渋谷陽一の三回は最高のプログラムだ。
特に清志郎とチャボがゲストに出た回が再放送されるというのは、本当にいいのだろうか…。
これはまるで僕のための番組じゃないか…と思っているファンは何人もいるだろうけれど。

3月24日(火)(月曜深夜) 
「ジョン・レノン ダブル・ファンタジー特集」 1980年11月20日(木)放送
【DJ】渋谷陽一
ジョン・レノンが射殺される直前の放送だ。
もちろん放送当時は不吉な予感なんて無いだろうけれど、どうしても特別に聴こえてしまうよねぇ。
新譜として発表される楽曲群なのに、切なく聴こえてしまうのも仕方が無いかな…。

3月25日(水)(火曜深夜)
「RCサクセション特集」 1981年7月10日(金)放送
【DJ】渋谷陽一 【ゲスト】忌野清志郎
これは曲をカットしたものが青春ラジカセで聴けるが、やはり番組の完全版は格別だ。
ラストの「雨あがりの夜空に」から「メッセージ」という編集も最高だと思う。
しかも、それを今、ラジオから聴けるのだ。
この " RCサクセションをラジオで聴ける " ことに感動した。

また、当時の番組とは別に、萩原健太が選んでかけてくれた曲がいい。
「トランジスタ・ラジオ」と「スローバラード」。
それも、両方ともシングル・ヴァージョンだ!
スロバラがさわり程度だったのは残念だったが、
ラジオでかけるRCというのをわかっているなー萩原さんは。

3月26日(木)(水曜深夜)
「ローリング・ストーンズ新譜特集」 1982年6月3日(木)放送
【DJ】渋谷陽一 【ゲスト】仲井戸麗市
当時エアチェックしたテープを死ぬほど聴いたから個人的には知り尽くしているのだけれど、
まず 『STILL LIFE』 自体を久々に聴いたので、それに感動したよ(笑)。

例えば、歌の歌詞や映画のセリフを覚えてしまうというのは普通にあると思うけれど、
当時のRC…しかもチャボのファンは皆、ここでチャボが発した言葉を全て覚えてしまったはずだ。
" カーックイイ! " はもちろん、" そんな思い出もあるんだよ、渋谷 " も、
とにかくチャボがしゃべる言葉すべてが、僕らにはいちいちカッコ良く聞こえたものだ。

3月27日(金)(木曜深夜)
【DJ】 烏丸せつこ 【ゲスト】松田優作
1980年12月17日(水)放送
いやー、これは貴重な再放送でしょう。
ボソボソした二人のトークはどうかと思うけれど(笑)。

3月28日(土)(金曜深夜)
「“家族”の歌 特集」 1980年9月9日(火)放送
【DJ】森永博志
僕にとっての森永さんの番組は、RCのスタジオ・ライヴを代表として、
どうしても日本のロックの貴重なライヴOAなので、こういうプログラムは新鮮。
ただ、ライヴ自体のOAは、今では難しいんだろうなぁ。放送されたら凄いのに。

     **********

さて、3/31(火)23時から、NHK-FMでいよいよ 『元春レイディオ・ショー』 がスタートする。
単に番組が現代に蘇ると言うのではなく、今の時代を佐野元春がどう伝えてくれるのか。
凄く楽しみだ。

『サウンドストリート・アーカイブス』 3月第3週 甲斐よしひろ

NHK-FMが過去の 『サウンドストリート』 の中から選りすぐりの回をセレクトし、
月曜日から金曜日まで放送する 『サウンドストリート・アーカイブス』 の第三週を聴いた。

第一週は佐野元春。第二週は坂本龍一。
そして第三週は待望の…本当に待望の甲斐よしひろWEEKだった。
甲斐よしひろ本人の許諾が取れない云々なのだろうが、
まだ青春ラジカセでも公開されていなかったので、
僕と同じようにこの第三週を楽しみにしていた人も多かったんじゃないかな。

放送されたのは83年から85年の番組からの5日分。
メニューは次の通り。

●3月17日(火)(月曜深夜)
「甲斐バンド新譜“Gold”特集」 1983年7月13日(水)放送
こんばんは、甲斐よしひろです…とラジオからあの声が聴こえてきた瞬間と、
番組の一曲目である「危険な道づれ」がかかったときの何とも言えない身体が浮くような感覚。
これは大袈裟な表現ではなく、本当に感動してしまった。
サウンドストリートという番組が僕の日常であったことと、
特に甲斐よしひろの水曜日がそれに強く当てはまっていたことをあらためて思った。

●3月18日(水)(火曜深夜)
「日本の歌謡曲特集」 1984年1月25日(水)放送
ソロ・アルバム 『翼あるもの』 での優れた邦楽カヴァーは知られたところ。
歌謡曲と言っても、ほぼ演歌(笑)だというのが、実に甲斐よしひろらしいプログラム。
こういうメニューでも僕は納得できてしまっていたところが、
甲斐バンド独特の音楽の魅力にも繋がっていたように思う。

3月19日(木)(水曜深夜)
【ゲスト】坂本龍一 1984年10月31日(水)放送
当時もそうだが、今この二人の対談(?)形式のトークを聴いてファンはどう思うのか。
こんな時代だったんだなぁ…と、とても80年代を感じるけれど、僕は物凄く新鮮でもあった。
2009年の今じゃ実現しなさそうだから貴重だ。

3月20日(金)(木曜深夜)
「口説きのアンソロジー」 1985年2月6日(水)放送
所謂、AMラジオの深夜放送のようなメニューも、甲斐よしひろのサンストの魅力のひとつ。
それをFMでやるから新鮮で独特だったのだ。
この回もそんなメニューの日であり、テーマも秀逸で、とても楽しい番組となっている。
ところで、途中でオフコースがかかるのだが、
そこでのタモリを引き合いに出してのトークは時代を感じるなぁ(笑)。

3月21日(土)(金曜深夜)
「酒とグルメとジャズ・ボーカル」 1985年6月26日(水)放送
ここまで5日連続で聴いてくると、特番というよりも現在の番組として部屋に流れている。
実際にラジオの前で集中して聴いているのではなく " ながら " で流していてもまったく自然。
来週も甲斐よしひろのサンストが放送されるような錯覚に陥る。

いやー、想像していた以上にこのサンストの再放送企画はいいなぁ。
先週の坂本龍一WEEKもすべて聴いたのだが、
当時は思い入れが無かったにしても、今聴きなおしてみたら凄く面白かった。

さて、第四週は山下達郎か…と思っていたら、アンソロジー的な内容になるらしい。
その中には、渋谷陽一のサンストに清志郎が、そしてチャボがゲスト出演した回がある。
清志郎のRCサクセション特集の回は、今も青春ラジカセで一部が聴けるが、
曲もすべて流れる完全版となるだろう。「雨あがり~」の後の「メッセージ」の余韻は聴きものだ。
そして仲井戸麗市によるストーンズ新譜特集。この新譜というのは 『STILL LIFE』 だろうな。
それにしても清志郎とチャボがゲストに出た回が揃って再放送されるというのは感激だ。
昔からのRCファンにはお馴染みで懐かしいだけかもしれないけれど、
初めて聴くファンには、続けて聴くとかなり新鮮で面白いと思う。
そして何よりも、時代は80年代前半。
二人のトークの後ろから、当時のRCサクセションの何がなんだかわからないパワー。
そんなものが見えてくるんじゃないかな…なんてことを思う。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ